お雛様のいる生活

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

昨日とうって変わって、今日は春めいてきた感じ。
三寒四温とはよく言ったもの。

我が家は2月に入ると、お雛様を出します。
うちのお雛様は、お内裏さまとお雛様のお二人のタイプ。
娘が生まれた時に流行った形です。
そう、あの「家紋を入れます。」ってやつです。

床の間におられるお内裏さまとお雛様。
辺りに梅の香が感じられる頃まで、いらっしゃいます。
時々雪洞など点けて。

わたしが子供のころは、断然五段飾りとか、七段飾りが人気がありました。
でも、雛人形の業界が、日本の住宅事情を鑑み、年に一回しか出さない割に、押し入れのほとんどを占拠しちゃうとか、飾るのにも場所塞ぎだ、などという問題点を解消するべく努力して、ケース入りやお内裏さまとお雛様のお二人のタイプを登場させたと思われる。

わたしが子供の頃に、うちにあったのはお雛様と三人官女のタイプ。
七段飾りのある家のひな祭りに招待されたときは、羨ましかったなぁ。
小さな箪笥や牛車があって、ヒトのお家のものだから触れないけど、触ってみたい。
「うちのお雛様は、髪がちょっとボサボサで、やだな。」なんて思ってました。
自分がいじってボサボサにしたくせに。
今にして思うと、典雅なお顔をされていました。
「ごめんなさい、大事にしてあげなくて。」と50も半ばになって思うわたし。

わたしの子供時代は、ちょうど「ちびまるこちゃん」や「20世紀少年」と同じくらい。
明るい未来を単純に信じられた時代ですね。
みんな青っ洟を垂らしていて、結構貧乏なうちも多かった。
洋服だって、近所のお古が回ってきたし。
そして貧乏が今より恥ずかしくない時代だったように思う。

今は皆、昔のことだから「うちは時代が時代なら、大地主だった。」とか「地元の名家だった。」とか「武家の出だ。」とか、わからないと思って、勝手なこと言ってるけど、あれ、たいがいは嘘だからね。

江戸時代の人口が2,500~3,000万人といわれていて士(僧侶をふくむ)=7%、農(漁をふくむ)=83~76%、工=4~7%、商=6~10%という数字をみても、どう考えてもお百姓さんだった可能性が高いと思われる。
自分の小学生の時の成績がオール3に2がチラホラだったとしても、子供には「お母さんは小学校の時、優秀だった。」と大法螺を吹くのと同じ心理ですね。

これはいつの時代でも同じらしい。
明治時代に大量の偽家系図も作られ、流通したらしいし。
でも、田舎の爺さんが「うちは天皇様と繋がってるんじゃ。」と鼻の穴を吹くらませて自慢しても、温かい目で見てあげてね。

それはともかく。

日本文化の特異なところは「お雛様」というように、お人形にも敬語を使うところ。
ほかの国にはこんな文化はないのでは?
そして仕舞う時にも、寂しくないように向かい合わせで仕舞う。
なんてきめ細かい心遣い。

「忙しさにまぎれて雛人形を出す暇がない。」とか「もう何年も出していない。」なんていう方。
今年は是非出してみて下さい。
ほら、よく言うでしょ?
「お雛様をいつまでも仕舞わないと、娘が嫁き遅れる。」って。
仕舞うのが遅くなるだけで、嫁き遅れるんなら、出しもしなかったらどうなることか。
下手をすると一緒に老後を過ごす羽目になるかも。
ま、いわゆる老老介護ってやつですな。

それもいいかも、なんて寝ぼけたことを言ってるあなた。
娘が70歳、あなたが95歳になっていたら、あなたは間違いなく娘のお荷物。
たった一人で背負う親の重さよ。
近い存在なだけに、娘も言いたいことを言う。
お互い、大変。

ということで、今年こそはお雛様、出して差し上げましょう。

わたしはお雛様を飾る場所のない娘に、七宝焼きのお雛様の額をプレゼントしました。
季節の飾り物を置くだけで、生活に潤いや、ゆとりが出てくるものです。

なんちゃって。

そんなこといってるのは、わたしが暇なおばさんだから。
子育て真っ最中とか、働き盛りの頃は、わたしも髪振り乱して一心不乱に働いていました。
(「キャンプ場の作り方」参照)
今、あの時お雛様を出していたか、思い出そうとしたけど、思い出せない。
それくらい余裕がなかったんですね。

いや、ボケのせいかも知れないけど。

つづく

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

しばらく?冬眠してたかと思えば。。。。。怒濤の?更新?やっべぇ(苦笑)(((^_^;)

まぁ、赤ちゃんも、上から二人を選んで降りてきてますし

人生、いろいろ、あるけど、すべて必然。。。。。

すべて体験。

そして、また上に旅立つ。。。。。

この、すごく制限のお多い地球という三次元世界に

あえて上から、ディセンションしてまで産まれることを、選択した赤ちゃん、私達。

ほんとに、生きることも、めんどくさい人間関係とか、地球独特なルールとかなんとか(苦笑)

しかし、全ては、必然で意味あること。

。。。。

最近は、想いが具現化するのが早いですし

結局、地球はエイドリアンとバカな民を乗せて回ってますし

まぁ、食糧危機やら地震や

日本も放射能被害がそろそろ表面化していますし

それも、全て受け入れて、ここに存在させられていることに

感謝したいですねぇ♪とかなんとか



また、毎日の更新を楽しみにしときます!とかなんとか(苦笑)やっべぇ

ありがとうございます。

あま様
コメントありがとうございます。
冬眠の間にいろいろありました。
確かに今の時代、サイクルが速い!
今日も地震があったとの報道がありましたが、この時代を選んで来た魂の勇気はすごい、と思います。
モモの顔を見ていると、よくぞ来てくれたと感謝します。
そして、このブログで出会えたあま様はじめ、皆さんとの繋がりも大事にしたいと思います。
これからもよろしくお願いします。




おひな様ださなくてわ〜!

こんにちわ!
おひな様、娘が産まれて初節句のときに祖父母から買っていただいたのがうちにも!
あまりちまたではみかけないスタイルの風情あるおひな様で、お気に入りです。
今年も早くだしてあげなくちゃー!だけど、場所が。。
去年までは主人が子供の時から使ってる大きな学習机の上にだしてたんですが、今年息子が1年生になってそれを使うようになったので、置き場所ないんですー。
狭いアパートで床の間なんてないし。
床に直置きしたら娘達に破壊されそうだし〜
ぅーん、どうしましょぉ〜〜

それはさておき
ももちゃんったら、男の子だったんですね!

モモ、男の子です。

幸さん、こんばんは!
モモは間違いなく男の子です。
「初孫誕生!」の写真の足の間を見て下さい。
立派なタマタマが!(笑)
ところで。
「あまりちまたではみかけないスタイルの風情あるおひな様」って、どんなでしょう。
とっても興味があります。
仲の良いご家族で、楽しいひな祭りを過ごされるんでしょうね。
今度また聞かせて頂けたら嬉しいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 素敵!

幸さん、拝見しました。
すごく素敵なお雛様!
そしてとてもかわいいお嬢ちゃんたち。
後ろに見える絵も微笑ましく、見せていただきました。

こんな方法があったとは!
いろいろ調べていただいてありがとうございました。
おかげで朝から幸せな気持ちになれました。
プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR