大晦日と大祓

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

今日は大晦日。
大掃除を終え、洗車して、お雑煮の仕込みをして。

毎年、鶴岡八幡宮の午後3時から始まる最後の大祓に行きます。

大祓とは、「私たちが日常生活のなかで、知らず知らずに犯してしまった罪けがれを人形(ひとがた)に託して身体を清め、心新たに生活を営むべく、大きな力を得る大切な行事」なのだそうです。

そう、わたし、たくさんの罪穢がありそう。
だって無神経に草刈りしちゃってるし、ゴキブリやブヨも退治しちゃってるもん。
しっかり祓ってもらわねば。

「罪穢」って考え方、すごいよね。
神道ではアリを踏んだり草花を枯らしちゃったりしたことも「罪穢」。
なんという繊細な考え方。
こういう文化に触れると「日本人って、いい!」と思ってしまいます。

で、大祓。
参列される方は神職と共に「大祓詞」を唱え、麻と紙を小さく切った切麻を身にまいて、半年間の罪穢を祓います。人の形に切り抜いた紙「人形(ひとがた)」に、氏名、年齢を書いて、息を吹きかけたり、体をこすったりして、人形に罪や穢れを移してお祓いをしてもらいます。

この人型見てると、宮崎アニメ『千と千尋の神隠し』で、竜のハクを追い回す式神の紙人形を思い出す。
かなり破壊力あったよね。そしてかなりしつこかった。紙のくせに。

それはともかく。
無事、大祓は終わりました。
直会でお神酒を戴いて、本殿にお参り。でももう人が並んでいるのにはびっくり。
大晦日なのに。なんでこんな並んでるんだ?進んで行ってまたびっくり。
お賽銭箱は大きくてたくさんの人がお参りできるようになってるのに、端の方に行かないで律儀に5人位ずつ立て並び。なんで?
これ、端に行ってお参りすると横入りになっちゃうわけ?

関係ないもんね。もうすぐ駐車場料金、300円追加で払わなきゃならなくなっちゃうじゃないかっ。
わたしは300円惜しさに、白い目で見られるの覚悟で端の方でお参りしました。
きっちり並んでる皆さん。
良くも悪くも日本人ってすごいなぁ、と思ったわたしなのでした。

大晦日 鶴岡八幡宮


(これからの参拝客に備えて、屋台も準備で忙しそう。意外と賑わっている大晦日の八幡宮です。)
            

今年ブログを書き始めて、ホントに良かった。
過去の自分にも出会えたし、楽しかった。

こんな雑文を読んで下さって本当にありがとうございました。

特に家族、友人以外の見ず知らずの皆様。
よくぞ「マキオカのネイチャーな日々」を見つけてお読み下さいました。
心から感謝申し上げます。

あなたは多分、世界の人口(約70億人)の中の30人の内の一人です。(見ず知らずの方で、読んで下さってる方はきっとそれくらい)
なのですっごいご縁、感じます。
考えてみるとすごいことですよね。
これだけたくさんブログのある中で出会えたってことは、ある意味奇跡だっ。(ホントに!!)

きっと同じ星出身だったり(?)前世でお友達だったり(??)したのでしょう。

また来年もよろしくお願いします。


つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR