虎男レクイエム

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

今日は「キャンプ場の作り方」でよくご登場願っている虎男(仮名)の命日。

以前にも書きましたが、虎男は裸一貫から一代で事業を起こしたオトコ。
山梨だけでなく他県にも大きな工場を持ち、相続税だけでもかなりのものだったらしい。

そんなヒトだからもちろん武勇伝も山ほど。

中学2年生の頃、学校の備品の机や椅子を燃しちゃったりだとか。
(寒くて木材がなかったから壊れた備品をストーブで燃しちゃったらしい)

中国マフィアに監禁されて命からがら逃げてきたとか。

ロシアや北朝鮮にも行って貿易をして、かなり怖い目にも遭ってきたりとか。

世界情勢にもやたら詳しく、歴史、経済にも精通していて、彼女もあっちこっちにいたらしい。

せっかちで頭の回転が速く、人の倍のスピードで仕事をする人だから、周りはずいぶん苦労していたように見受けられる。
人の思いつかない発想をし、お金儲けも上手。最初ホラ話だと思っていた事業を軌道に乗せてしまう。

ブルドーザーのようにパワフルな虎男。
大雑把かと思うと驚くほど繊細な所がある虎男。
お金をたくさん稼いで敵もいっぱいいたらしい虎男。
まだ外車が珍しかった頃、黄色いスポーツカーを得意げに乗っていた虎男。

そんな虎男が病に倒れた。
すい臓癌だった。

でもわたしが虎男が只者ではないと思うのはここから。

虎男は余命を宣告されても、動じなかった。
事業の撤退も一切考えなかった。
土地の売買、外国への買い付けもどんどんやりまくった。

入院中は医者の言うことは無視。
夜、病院を抜け出し焼肉やラーメンをたらふく食べた。
でもお医者様に宣告された余命よりずっと長く生きた。

そしていよいよ駄目だ、と観念した時、虎男は言ったらしい。
「葬儀に参列した人全員に美味しい物を振舞ってくれ。」

普通、山梨では通夜振舞いを立食で出すことが多く、初七日の御精進上げ膳は親族やごく親しい人に用意する。
それをお焼香に来ただけの人にもきちんとした食事を用意しろ、と。

そして通夜、お葬式には驚くほどたくさんの人が弔問に来てくれ、泣いてくださった。
葬儀の後もたくさんの方が、お線香をあげに来て下さったらしい。

虎男は仕事の鬼で、周りはみんな敵だらけだと思っていたのに。

虎男はお金に関してかなりシビアな人だったと聞いている。
でも、とんでもなく大変なマキオカの造成をただでやってくれたように、ここぞという時は人の為に損得勘定関係なく尽くしてくれる人だった。

とにかく魅力的な人だった、と思う。

あなたに逢えてよかったよ。

ありがとう、虎男。


あなたの生きざまを見て、絶対に真似したいと思ったこと。

もしわたしが不治の病になって食事制限を受けても、絶対に好きなものをたらふく食べるっ!


つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR