オーブ顛末記

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

わたしが10月16日にブログを始め出してちょうど二か月余り。
その頃仕事で毎週木曜日5時頃、鎌倉高校前を車で通ることになり、だんだん日も短くなってくるし、毎週写真を撮ってその変化を実感しよう、と思いつきました。

10月25日、車の中から撮った写真をブログにアップしました。

                     10月25日初オーブ

由比ヶ浜でもパチリ。

10月25日由比ヶ浜オーブ


ところがこの写真の左上にオーブがあるのを発見。
なんだ、これは。

ま、まさかのオーブ?

この時は、なんか素直に「やっだ、わたし、オーブなんてスピリチュアルなもん、写しちゃったかもしれない。」と、少し気味悪く、ちょっと面白がる感じ。

オーブって多くの場合、空気中を漂うホコリに強い光が当たると微小な光源になり、それを奥にピントがあっているカメラで撮影すると手前のホコリはピンボケになりにじみ、いわゆるオーブ状に写る、と解釈されているらしい。

ま、解釈なんてわたしにとってはどうでもいいんです。
こういうものは、自分にとってなんなのか、という事が大事。

激しく面白がりなわたし。

もちろん翌週も撮りました。
まあ、まさか今週は撮れないだろうね。

                      11月1日鎌高前

撮れてたーっ。それもいっぱい。

でも、この時はまず常識人のわたしは当然カメラの性能を疑いました。
そしてまさかと思いつつ、何枚も写真を撮ってみました。

が、やっぱり海岸沿いで撮ったものはかなりたくさんオーブが写る。
海岸を離れて内陸に入ると全く写らない。
水蒸気のせい?ほこり?でもすっきりした天気だし。

11月2日、FBで知った「小桜姫神社」に一人でお参りに行き、写真をFBにアップ。
FB友達、姫(仮名)から連絡があり彼女が小桜姫物語を著した浅野和三郎さんの直系のお孫さんだという事が判明。

11月8日、ちょっとドキドキしながら撮ってみる。

               11月8日鎌高前

ぐわっ。やっぱりたくさんのオーブが。
じゃ、じゃ由比ガ浜では?

                11月8日由比ヶ浜


何じゃ、これは?
巨大なオーブが!

晴天で湿気もあまりない。車も停めて撮っているのに。

いや、冷静にならねば。こんなことで騒いでいたら、大人として、どうなの?
単なる自己顕示欲の強いスピリチュアルおばさんになってしまうじゃないか。
また子ども達におこられるーっ!

翌11月15日。

           11月15日鎌高前

                   
ふーん、また写ってる。
飽きっぽいわたしはもはや興奮する時期が過ぎ、冷静を通り過ぎ「へー。」ぐらいにしか思わない状態に。
馴れってこわい。
やっぱ「ブスは三日で慣れる。美人は三日で飽きる」ってほんとかも。

11月22日。

                11月22日由比ヶ浜

うん、写ってるね。
しかも由比ガ浜のなんか、真っ白だね。
いいや、もう。
そろそろどうでもよくなってきた。
なんとなく惰性で「ま、撮っとくか。」ぐらいになっている。
あの驚き、ドーパミンはどこ行ったの?

11月29日。

                  11月29日鎌高前

これでは分かりにくいけど左上に巨大なオーブ。
拡大すると勾玉のような模様が。
面白い!!
この頃になるとオーブに対して何やら親しみのような感情が。

実はこの頃姫とほかのFBで知り合った人たちと小桜姫神社に行く約束をしています。
わたしの中では「もしやそのことと関係があるのでは?」という気持ちが湧いてきています。

そして12月6日小桜姫神社に参拝。

もしかしてオーブ、出てないかも。そうだったらいいな。
そしたらあれは小桜姫様の何かのご縁で出たことと考えることもできるし。

そう思いつつ翌日の7日撮ってみました。
おお、ない!オーブ、ないじゃないか。

                   12月7日鎌高前


やっぱ、わたしの考えは合ってたんだね。
うん、うん。浅野和三郎さんと小桜姫があのオーブ達を舞わしていたんだね。
と、思いながら由比ヶ浜で撮ってみると。

                    12月7日由比ヶ浜

・・あるじゃん、オーブ。
やっぱ思い込みだったんだね。
そりゃそうだよね。そんな美しい話の訳、ないよね。

はー、由比ガ浜は昔処刑場だったっていうからきっと武士の霊かなんかが彷徨ってる・・わけないだろっ。
カメラがなんかおかしいんだよ。
もういいや。
やめとこ。

さわらぬ神に祟りなし。

ま、それより飽きた、とかめんどくさくなった、というのが正直なところ。

初めのうちこそちょっとわくわくしましたが、慣れって恐ろしい。
そのうち撮れて当たり前、という感覚が。

そして昨日。
最後に撮っておくか、という軽い気持ちで撮ってみると。
妙にすっきり。

                12月13日鎌高前

では、由比ガ浜は?
                      由比ヶ浜 12月13日
おー、これも今までになくすっきり!

なんか、うれしい。
やっぱり小桜姫様が!もしくは浅野和三郎さんが!

ま、それはともかくとして。
たかがこんなほこりの粒を見て大騒ぎをするなんて、いい歳をして恥ずかしい奴だ、と思われる向きもあろうかと思いますが。
私自身はそんな自分が嫌いではありません。

それにしても、ほんとにオーブ、もう出てこないのかな?
それはそれでちょっぴり淋しいと思うわたしなのでした。

つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR