大人になって知ること

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。


子供の頃、大人って何でも知っている、と思いませんでしたか?

わたしは思っていました。

それがいつの間にか、「あれ?意外とそうでもないらしい。」と思うようになり、そのうち「むぅ、かなりものを知らない人も多いかもしれない。」と知ることとなる。

わたしだって、つい最近「果報は寝て待て」と思っていたのが、実は「果報は練って待て」から始まった、とか「酒は百薬の長」と思っていたのが、実はその後に「されど万病の元」という言葉が続く、なんてことを知ったばかり。

いやいや、そんな高尚(?)なことより、劇という字の書き順は縦の線から、という事も、完璧の璧と壁の字が違うこともかなり大人になって気が付いたな。

でも、何でも知ればいいことばっかりじゃないってことも知りました。
知らなくていいことも、世の中には、ある。

例えば血液型が自分のお父さんから生まれることはどう考えても無理、とか。
陰謀論とか。

いやいや、そんなすごいことより、子供のころから口うるさくマナーを言って来た母親が、実は時々肘をついて物を食べてる、とか。
妻が実は美味しいところはいつもわからないように自分の方に来るようにしてる、とか。
いつも行っているレストランのコックさんはトイレに入って手を洗わない、とか。

ね、想像してみてください。
どう考えても、知らない方が幸せですよね。

とにかく人間死ぬまで勉強、っていうのは本当です。

大人はみんな見栄を張って知っているような顔をしているだけなんですよ。
よい子の皆さんは騙されないようにしましょう。


なので、あんまり子供に焦って勉強やらせなくても、大丈夫。
と、もう子育てがほとんど終わっている立場だからこそ言えるのでした。


つづく

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR