熊正、結婚おめでとう!

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。


先週マキオカに行ってきました。

山もすっかり色づいて、きれい。

        マキオカ秋景色

実は熊男の息子、熊正(仮名)の結婚式に列席するために行って来たのでした。

いやー、おめでたっていいですね。

にぎにぎしい、というか、晴れやか、というか。

今、結婚式をお金がかかるからしない、なんていう方もいるようですが、おばさんに言わせるとそんな発想は、だめ。人生の美味しい所をぶちゃってる(捨ててしまっている)ようなもの。

いつも言っているように、小金をけちっていいことなし!

それなりの人生になってしまうような気がする。(そのわりに学習せずいつも痛い目を見ているが)
いや、痛い目にあってきたわたし達おばさんだから言えるんですっ。

一度だけの人生、そういう時にお金を使わなくていつ使うんですか?
歳をとって、臨終の間際に「あぁぁ、やっておけばよかった・・(ガクッ)」ってなっても遅いんですよっ。
お金なんてそんなにかけなくていいから、人生を彩るイベント、けじめとしてやっておくべきだ、と思います。

ま、それはそうと。

親族が集まる場って、祝儀か不祝儀。
もちろん祝儀で集まる場の方が、場が華やいで楽しい。
ああいう場って、いろいろな人間関係が出て面白いし、わたしは好き。
是非、観察をお勧めします。人生が出るよ。
スタートがほぼ同じなのに、顔も環境も人によって、本当に違ってしまう。
人生の悲喜こもごもが出る場所、それが結婚式場の控室だったりするんですね。

ちがーう!そんなことを書こうと思ったんじゃない。

そうそう、結婚式、です。

今回の結婚式はレストランウエディングでした。甲府市内で行われたので、熊男は温泉をやっている友達からバスをチャーターして皆で乗り合わせて会場入りしました。

新郎の熊正は以前より15キロくらい痩せたんじゃないか、と思われる。
すっかり男っぷりを上げて、まるで少しぽっちゃりした郷ひろみのよう。
そして新婦は、若い時の相原勇のように(え?知りませんか?)チャーミングで可愛らしい。

とっても幸せそうな二人を見ていると、こちらまで幸せな気持ちになってくるのでした。

留袖を着たおばあさんが転んでしまったり、わたしが突然のご指名でスピーチを頼まれ、あわあわしてしまったり(あの時笑ったヒト、覚えてるからねっ)、といろいろありましたが、それもご愛嬌。

お食事も美味しかったし、皆で楽しんで、よかった、よかった。

和正結婚式 グラス

お式が終わって、またバスで熊男の家に帰ってからまた宴会。

新郎、新婦の父親同士ががっちり握手し合って、また酒盛り。


こうしてマキオカの幸せな夜は更けていくのでした。



つづく



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR