キャンプ場の作り方(33)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

さあ、いよいよトレーラーの搬入が終わりました。

            トレーラー搬入後

こののっぺらぼうの状態から、皆さんに喜んで頂ける夢のキャンプ場にしなければなりません。

まず、わたし達がしたことは、木を植えていくことでした。
植樹

初めて植えたのは、樅の木。
クリスマスに、本物の樅の木に飾りつけをしてサンタクロースを迎えたい、と思ったのです。

次に植えたのは白樺に木でした。
集落の方に頼んでおいて、苗木を取っておいてもらいました。

この頃は、住まいも鎌倉に越していたので、鎌倉から植木を運んだりしました。まぁ、資金難で、植木を買うお金もケチらざるを得ない、ということだったんですね。

この頃、まだ枕木は一般的ではなく売ってもいませんでした。箱根登山鉄道でただで譲ってくれる、という話を聞きつけ、箱根までもらいに行きましたが、腐りかけてぼろぼろの上、重くて参りました。
せっかく苦労して運んだ枕木も、結局使い物にならず、土止めに使うのみ、なんていう失敗談も。

休みのたびにマキオカに行き、夫婦で相談しながらだんだん形を作っていくのは、楽しい経験でした。

看板も小枝で字を書き、作りました。

                       マキオカ看板
   
こういった作業をしながら、心配だったこと。

資金も心細い限りでしたが、いいものを作っても、それをどうやって人に伝えるか、ということ。

まだこの頃は、今のようにネットは普及しておらず、どこかに出かけるときは雑誌を見て情報を探す、という方法が一般的でした。

そこでわたしは暇を見つけては、本屋さんで立読みをしつつ(そこまでケチるか)、雑誌社にキャンプ場の情報を発信し続けたのでした。


つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR