「東国三社巡り」に行ってきた(6)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

こうして無事、「鹿島神宮」「香取神宮」「息栖神社」の三社にお礼を申し上げる旅を終えることができた。
「本当に日本をお守りいただき、ありがとうございます」という感謝の氣持ちを込めて。

それにしても、と思う。
あの3月11日に起きた大震災は、わたしにとってそれまでの人生観をひっくり返すものだった。
たぶん多くの日本人にとっても同様だったに違いない。

騒然とした日々の中で、不安に苛まれながらネットから情報を求めている時に出会ったのが日月神示だった。
その中に出てきた「神一厘の仕組み」という言葉は、絶望的で混沌とした世情の中で、わたしの心に一筋の光を差し込んだ。

『「東国三社巡り」に行ってきた(2)』で、震災の一ヶ月ちょうど後に、鹿島の海岸に諏訪大明神と書かれたお札がたどり着いたという話を書いた。
そのお札の大元である諏訪大社で、筒粥神事という儀式が毎年1月14~15日に行われる。

春宮の筒粥殿で米と小豆と葦の筒を大釜に入れて一晩中粥を炊き、十五日未明に筒を割り中の粥の状態で豊凶を占うという神事であり、1年の世相や農作物の豊凶を占う。

2011年の「世相」の結果は五分満点の「三分五厘」という数字。
神事を終えた権宮司が「今年は怖い1年。過去20年間で最も悪い結果が出たのです。春は早めに訪れるが途中で予想外のことが起き、足をすくわれる相」と語り、地元紙などに掲載されたという。

「三分五厘」という言葉は、「三行半(みくだりはん)」を意味し、「神から絶たれる」ことを示すらしい。
この2か月後に東日本大震災が起きた。

2012年、2013年では、「三分六厘」という結果。

そう、一厘増えている。
日常生活ではほとんど使われなくなった一厘という言葉がこんなところに。

この一厘は『日月神示』にいう「神一厘」、つまり、土壇場での大逆転をもたらす一厘という見方ができるという。

ちなみに今年の「世相」の結果は、またしても「三分六厘」。

今日、6月15日午前7時46分に共謀罪も可決されたと聞くし、何かと世情が騒がしい。
(そういえば3・11の起きた時間も14時46分だった)
もしかしたら、日本の歴史の潮目として、3・11と同じくらい大変な出来事が起きているのかもしれない。

「神一厘」というのは日本を救う最後の手段ということだから、とにかく堕ちるところまで堕ちるしかない、とある人は言う。
我々は果たしてこの艱難辛苦を乗り切れるのだろうか。

いや、人知の及ばない神の計画があると信じたい。

それはともかく。

「東国三社巡り」の帰りに、一度も行ったことのなかった「三井アウトレットパーク 木更津」に寄ることにする。
目的はアウトレットパーク にあるという「松戸富田製麺」。

『今や日本一並ばないと食べられないお店、との噂すら流れる松戸の名店、中華蕎麦 とみ田。最近は、行列が問題視されたことや、並ぶお客さんのストレスを軽減させるために、事前に整理券配布を行う予約制が導入されています。ですが、この予約整理券を手にしたとしても、食べられるのは整理券をもらってから数時間後が当たり前。』という「中華蕎麦 とみ田」が運営するお店があるという。

「なかなか来れないところだから是非行ってみよう」と、いそいそと向かうラーメン好きのわたし達親子。

うおー、アウトレットなのに行列ができている!
15分ほど待って、特製つけ麺ができたことを知らせるベルが鳴った。

                                IMG_2812_convert_20170615171609.jpg

むっ、柚子胡椒の効いたパンチのあるお味。

お腹が満たされたわたし達は、近くの大観覧車に乗ることに。
36個のうち4個だけあるという、床も壁も透明なケルトンのゴンドラを選ぶ。

                               IMG_2814_convert_20170615185351.jpg

こ、怖いっ!!
顔が引きつるわたし。

わたしはこれでも若い頃はジェットコースター大好き人間で、怖いもの知らずだった。
なのにこの湧き上がってくる恐怖心・・。
ふんどし息子は全然怖くないという。

年齢とともに死が近づいて来た故のものか。
いやいや、年を取って経験値が上がったせいと思いたい。

わたし達大人は、このまま突き進むととんでもない場所に行ってしまうことを経験値から分かっている。
世界の方向を変えるのは、その恐ろしさを知っている大人達の役目だ。

これから日本はどこに向かうのだろう。
そして未来は。

遠くに光る東京湾アクアラインに、闇のとばりが静かに下りて来る。

つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR