「東国三社巡り」に行ってきた(3)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

本殿の前で、心を込めてお礼の文言を言挙げたわたし。
次はいよいよ、地震を起こすナマズの頭を押さえつけているといわれる要石に向かう。

鹿島神宮の要石は凹形、香取神宮の要石は凸形をしているとのこと。
昔、水戸黄門(徳川光圀)が七日七夜掘り続けても底が見える様子がなく、具合の悪くなる者が続出し、さすがの光圀公もあきらめて作業を中止したといわれている。

林をしばらく進むと、ひっそりとした空間の中に要石がおわすところに出た。
太古から信仰の対象とされてきた場所であり、「信仰上からは、伊勢の神宮の本殿床下の心の御柱的存在である」との文章が掲げられている。

確かに頭のところが凹んでいる。

                               IMG_2775_convert_20170607120207.jpg

ここでも心を込めてお礼を申し上げる。

あの震災のとき、何故か鹿島神宮の沖でプレート崩壊が止まったため、東京にそれほど被害が及ばなかったのだという。
下手をするさらにと2か所崩壊し、東京湾にも津波が押し寄せたのだから「要石が地震を抑えてくれたのではないか」という噂が立った。

あの時、デイビッド・ロックフェラーが「何故、東京が火の海になっていないんだ!」と悔しがったという話がまことしやかに流れてきた。 (ホントかウソか知りませんよ)

ふんどし息子は磐笛を奏上し、人のいない時を見計らって、四股を踏んだ。

IMG_2776_convert_20170607120225.jpg

「四股を踏む」という動作は、もともとは土地の邪気を祓う儀式としての神事なのだそう。
この動作を神社で行うといいということを、ふんどし息子は奄美でお世話になったOさんから学んだ。

・・・まあ、傍から見てるとただの「変なヒト」なんですが。

そういえば今日は期せずして横綱稀勢の里の土俵入りがある日。
ふんどし息子にも一翼を担ってもらい、大いに邪気を払って頂きたい。

その後「神代に一夜にして湧水し、干ばつでも決して涸れない、大人でも子供でも入ったら水面が胸の辺りにくる」という不思議な言い伝えがある御手洗池に向かう。

                            IMG_2777_convert_20170607120248.jpg

この御手洗池はご霊水で、鹿島さまの運氣を戴けるという。
早速持ってきたペットボトルに霊水をいれるふんどし息子。

IMG_2778_convert_20170607120302.jpg

明るく清々しい雰囲氣の御手洗池の前で、やにわに法螺貝を取り出し奏上する。

                            IMG_2779_convert_20170607120323.jpg


辺りに響く法螺貝の音。
周りにいた子どもが興味深げに、遠目からこちらを見ている。

鹿島神宮は「人生に総合的な開運力のある関東最強クラスのパワースポット」とか「意を決したものが行くべきパワースポット」と言われている。

「総合的な開運力」や「パワーを授かる」のはとってもありがたいし、是非とも戴きたい。
が、手を合わせた瞬間、とにかく感謝の言葉以外一切思い浮かばないのは何故だろう。
「きっと、そういうものなのだ」と思いながら、鹿島神宮を後にした。

それはそうと。

出雲大社、美保神社、諏訪大社、香取神宮、鹿島神宮はほぼ一直線に並んでいて、それらの祭神は西から順に、大国主神、事代主神、建御名方神、武甕槌神、経津主神と、すべて国譲りに関係した神だ。

「諏訪大社から東は、征服した側の神で、西のほうは征服された側の神。だから、西の端にある出雲大社の社殿は西を向き、東の端にある鹿島神宮の社殿は東を向いている。つまり、互いにそっぽを向いている」という話がある。
大国主神と武甕槌神はそれぞれ敵軍の大将だから、そういう構造にしてある、というのだ。

「鹿島神宮は北方鎮護の役割から、北方に睨みを利かせるために、北向きになっています」というのが表向きの解釈だが。

日本の古代の歴史を知らなければ「地震からちょうど一ヶ月した4月11日、鹿島の海岸に諏訪大明神と書かれたお札がたどり着いた」意味は読み取れない。

鹿島神社発行のリーフレットから、神社には『見立て』という伝統的な技法や学びなどが脈々と息づいている」ことを知り、驚き、かつ安心した。
皆が知らないところで、誠実に祈りを捧げ、神様の意を汲もうと努力している方々がいる。

そうした方々にも感謝の氣持ちが沸き上がるわたしなのでした。

※おまけ
鹿島神宮には日本で最古最大ともいわれる国宝の布都御魂剣または韴霊剣(ふつのみたまのつるぎ)という巨大な直刀が伝わっている。
神武東征の際、危機に陥ったイワレビコ(神武天皇)を助けるために、タケミカヅチが、進呈し、その霊力によって難局を乗り切ったということが言い伝えられている。

この武甕槌大神の神剣は「平国剣(くにむけのけん)」ともいい、一閃すればたちどころに国が平和になるといわれているらしい。
是非ともそのお力で平和な日本にして頂きたいっ。

宝物館の受付のおばさんによると、鹿島神宮の奥深く宝物殿に匿われ、錆びだらけだったものを磨いたら、見事輝きを取り戻したんだそう。
慶雲元年(704)に鹿島の砂鉄で剣を造ったと記されているので、1300年くらい前のものと思われるのに、あり得ない!!

スゴイです。
一見の価値あり!!

拝観料300円です。


つづく





スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR