ヱビスビール記念館に行ってきた(3)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

ヱビスツアー、テイスティングサロン、ビヤステーション、川沿いのテラスのお店、焼鶏あきら の5か所で「これでもか」というほどビールを飲みまくりながらも、なんとか無事帰宅し、氣持ちよく眠りについたわたし。

翌朝、体の節々の痛みで目が覚める。
あれ?筋肉痛?

布団の中で昨日のことを思い出してみる。

昨日は楽しかったなあ。
昼過ぎから飲み始めて、たぶんビールを中ジョッキで12杯近く飲んじゃったかも。
我ながらよく飲んだものよのう。

いつもよりゆっくり起きると、二日酔いにはなっていないが、何故か体の節々が痛く、膝にはいくつか青あざが。

しばらくしてふんどし息子も起きてきて、昨日の出来事を思い出しつつ話すが、ふんどし息子もかなり酔っていたようで、お互いの記憶を擦り合わせようとしてもかみ合わない。

「そういえば、最初の予定だと美味しい野菜を食べさせてくれるお店にも行くことになっていたけど、あのお店、キャンセルできたのかな。」
「Gさんが電話したんじゃないの。いやー、それにしても楽しかったねえ。」
などと会話していた。

FBやメールでお礼のメッセージのやり取りをしていると、しばらくしてIさんから昨日の写真が送られてきた。

うわー、いっぱい撮ったなぁ。
楽しそうな写真がたくさんある。
あ、これ、焼鶏あきらで撮った写真だね。

ん?
・・・ここはどこ?

あれ?
これは…もしや、わたし達?

そこには、記憶にないお店で見事なビール腹を突き出し、嬉しそうにビールをがぶ飲みしているおばさんの姿や、目黒川沿いの道でIさんとお姫様抱っこをし合い、失敗して団子状になっているふんどし息子の姿がはっきりと写っていた。

急いでふんどし息子を呼び、その写真を見せる。
「な、なんじゃこりゃーーー!!記憶にないぞーー!!!」

朝っぱらから騒然となる我が家。

これはドッペルゲンガーなんじゃないの?
はたまた幽体離脱して、知らない間に2か所に体が存在したとか?

「こ、これ、オレじゃないよ。だって全く覚えてないもん。たぶん、・・オレじゃないよ。」と、怯えながら呟くふんどし息子。

なワケないじゃろー!!
酔っぱらって記憶がすっ飛んでるだけじゃろー!!!

あな恐ろしや。
最近これほどゾッとしたことはない。

今まで酒の失敗は多々あるが、ここまでキレイに記憶がなくなっていることは未だかつて、ない。

写真を見ているうちに、だんだん記憶が少しずつ蘇ってくる。

言われてみれば、このお店に入ったような氣が。
そういえば、川沿いを歩きながら団子になっているふんどし息子とIさんを見てゲラゲラ笑っていたかも。

あれ?
そういえば、駅ですっ転んだような?
そんでもってバス停まで走った時も、転んだような?

・・・そういえば、うちのバス停に着いた時、いない息子に向かって(息子は駅から自転車で帰宅)「早くバスから降りなっ!」と寝ぼけて叫んだら、お上品な感じのおばさまがビックリした顔をしていたような?

うわーーーーーっ!!
消えた記憶を追っかけていたら、消したい記憶が次々と出てきてしまったぁ!!!

だから体のあっちこっちに青あざができて、筋肉痛だったのね。
お店はキャンセルなんかしていなくて、しっかり行って、飲み食いしていたのね。

ということは6軒をハシゴし、少なく見積もって15杯くらいはビールを飲んだと思われる。

そりゃ妊娠8か月くらいの腹になるわ。
確かにあの日のわたしの体はエビスビールでできていたかも。

お酒って、飲みすぎると大変。
体は青あざができるわ、腹は膨れるわ、ご近所の奥様に白眼視されるわ。

でも、いいの。

写真に写っているわたし達は皆、すっごく楽しそう。
満面の笑顔に溢れている。

心許せる仲間と酌みかわす美味しいお酒は、人生の喜びだ。
短い人生において、これ以上の楽しみがあろうか。

反省はするけど、後悔はしない。
だからこれからも、美味しいお酒を飲むぞ!!

                                OM291699_convert_20170404121751.jpg

※お姫様抱っこをし合い、崩れ落ち路上で団子状になったふんどし息子とIさん。
 アホですな。


つづく

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR