米寿の母と「第二回冥途の土産旅行」に行ってきた(7)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

修羅場な夜を過ごしたわたし達。
まさかこんなところで、米寿の母の振り切れた酔っ払いっぷりを見ることになろうとは。

それにしても、自分の親の思いもかけない姿を見ると、人間、ちょっと動揺する。

子どもの頃は「親の言うことは絶対!間違いなんて言うはずがない。」と思っていたのが、思春期になり「あれ?親の言っていることとやっていることが違うぞ?」と氣付く時が来る。
さらに年を重ねることによって「我が親にこんな一面があったとは。・・まあ、親だって人間なんだし。」と、悄然とする場面にぶち当たることになる。
もちろんわたしも経験してきたし、我が子達にも経験させてきた。

人間、こうして大人の階段を上っていくのね。
もう、老婆だけど。

それはともかく。

ご自宅にお帰りになる途中、鶴先生からホテルの部屋にお電話があった。
「月を見てごらんなさい。凄いわよ。」

ホテルのカーテンを引くと、そこには見事なオレンジ色の月が。
月の上の方が欠けていて、まるで龍の目のよう。
驚いて眺めていると、見る間に上から雲がかかり、龍は目を閉じた。

と思う間もなく、下から雲が切れ、今度は輝くような白い月が現れた。

おお、龍の目が明いた。

それは一瞬の出来事で、その後、月は厚い雲に覆われてしまったが。

ここは龍の里といわれる奄美の龍郷町。
もしかしたら母はここの龍に感応したのかも知れぬ。

そういえば奄美に来てから母の顔は龍顔になったような氣がする。
(そんなものがあればだが)

母が荒々しい金剛龍とするならば、たおやかで優雅な鶴先生は白龍か。

                    IMG_2463_convert_20170308121729.jpg

そう思えば今夜の母のかっ跳び振りは、龍の喜びの姿と思えなくもない。
「あー、楽しい。こんなに楽しいのは生まれて初めて。わたしって、こんなに明るい性格だったのね。明日から生まれ変わるわ。」と叫んだ母の姿を思い出し、妄想がどんどん膨らむわたし。

こうして冥途の土産旅行の最後の夜は更けていったのだった。

翌日も晴れ。
いよいよ奄美を去る日だ。

ホテルをチェックアウトし、お迎えに来てくれたOさんと、ご夫妻のご自宅に向かう。

途中、タンカン採りをさせて頂いたり、芭蕉の繊維を取る作業を体験させて頂いたりして、母は生まれて初めての体験に目を輝かせた。

IMG_2442_convert_20170308121436.jpg

                                 IMG_2458_convert_20170308121519.jpg


さらにご自宅では、母の大好きな長命草やタラの芽、マコモの天婦羅、蕎麦を作ってくださり、母は大喜びで舌鼓を打った。

                                  IMG_2464_convert_20170308121606.jpg


結局、鶴先生ご夫妻は丸々4日間、わたし達にお付き合いくださった。
ほんの僅かな縁でつながったわたし達のために。

実の娘さえできない細かな心遣いで歓待してくださり、ふんどし息子のことも甥に接するかのように可愛がってくださった。

付きっきりで今井権現に登ってくださり、その上、車も出したり、地元の方しか知らないお店に案内してくださったり、ご自宅にまでご招待して心づくしのおもてなしをしてくださったりと、お二人を見ていると「世の中って、損得抜きにこんなご親切にしてくださる方がいらっしゃるのか」と、感動する。

また、そういう方とご縁を持てた我が身の幸せを思う。

このご恩返しは、簡単にできそうもない。
いや、お二人はそんなことは望まれないだろう。
本当のご恩返しは、わたしも人のために損得抜きで動けるような人間になることかもしれない。

ひょんなことから始まった米寿の母との二回目の冥途の土産旅行。
大勢のご協力を戴き、無事終えることができた。
本当にありがたく、感謝に堪えない。

そして最後まで拙い文にお付き合いくださった皆様、ありがとうございました。


つづく



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR