誕生日はお着物で。

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

先日の1月25日に、59回目の誕生日を迎えたわたし。
昔から家族のイベントをこよなく愛する我が家では、いかにしてこの日を迎えるかということについて、ふんどし息子と話し合いを重ねてきた。

年を重ねるとともに、一休さんが詠んだという「門松は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」という歌のオソロシサが、肌身に沁みる今日この頃。
「なんか楽しいことをやりたいっ!」ということで、今年から誕生日には着物を着ることにした。

着物好きの母から譲り受けた箪笥一杯の着物。

母から「あなたの嫁入りのとき、着物代だけでもすっごくかかった。」なんて話を聞く度、一人で着物を着ることができなかったわたしは、心の中で「ああ、これが現金だったら・・。」と、罰当たりなことを思ったものだった。

着物ブームなんて一部で言われてても、古着屋さんに売ると二束三文にしかならない着物達。
もったいながりのわたしは「こ、これはなんとかせねばっ」と思い、一念発起して母から着付けを習ったのだった。

しばらくして、ふんどし息子も「着物を着たい」と言い出した。
もちろん新しい着物を買う経済力などあるわけのない息子は、知り合いの古着屋さんに見立ててもらったり、店仕舞いする和服屋さんから買ったりして、なんとか和装一式を揃えた。

でも、実際揃えてみると、着物ってなかなか着る機会がない。
誕生日に「着物を着る」って決めてしまえば、家族の人数分は着ることになるもんね。

「着物を着てどこに行こう?」と言っていたら、これぞ天の配剤。
一月に入って、去年、息子が申し込んでいた抽選に当たったという手紙が来た。
なんと鎌倉の本格精進料理のお店「鉢の木」の「松花堂会席膳」、2名分。
念ずれば通ず。

「うぅ、ありがたや、ありがたや」と天に向かって手を合わせるわたし達。

誕生日当日、うきうきと泥大島に袖を通す。
それにしても、つい同じ着物を着てしまうのはどうしたことだろう。

着物には、かなり面倒なルールがある。
季節によって、着物はもちろん帯、草履、小物に至るまで変えなければならない。

少し季節を先取りして、コーディネイト。
もちろん色、柄も考えて。
季節外れのものを着ると嗤われるという。

無理無理、絶対無理。
なんたってわたしの着物の知識なんて、付け焼刃もいいところなんだから。

だからつい、着やすくて無難な組み合わせのものに偏ってしまうわたし。

ごめん、仕付け糸も取っていない着物達。
もっと自信がついてきたら、着させてもらうからね。
どうかそれまで虫食いになりませんように。

でも、わたしには「道行」(着物の上に羽織るコート)という武器があるの。
これさえ着てしまえば、帯の結び方が下手だろうが、帯揚げや帯締めの組み合わせがトンチンカンだろうが、すっぽりと隠してくれる。

ふっふっふ。
これでどう見ても、良家の奥さま。

ふんどし息子は羽織の上に自慢のトンビコートを着て、帽子をかぶる。

鏡を見ると。
ああ、なんだか親子でコスプレっぽい・・。

                               IMG_2153_convert_20170127130310.jpg


「鉢の木」の「松花堂会席膳」は、とっても美味しかった。
(いや、もちろんタダだからってワケじゃないですよ。ホント。)
                         IMG_2144_convert_20170127130429.jpg

着物を着ているせいか、お店の方の眼差しも温かかったような氣がするし。

その後、着物を着たまま大好きな日本酒Bar「Tae」に繰り出す。
ホヤの塩辛、真鯛とホヤの刺身、白子ポン酢、牡蠣豆腐、イカの沖漬けを酒肴に吞む日本酒の美味しさったら。

             IMG_2157_convert_20170127130518.jpg

                              IMG_2161_convert_20170127130549.jpg

日本に生まれて本当によかった。

たらふく飲み食いし、息子がおごってくれました。
そして娘のお古の穴の開いたパジャマを着ているわたしを不憫に思ったのか、無印のパジャマもプレゼントしてくれた。

なんて太っ腹なんだ。
ありがとう、息子よ!

                           IMG_2164_convert_20170127130613.jpg
    (酔っぱらって自撮りするバカ親子)


娘と孫からのお祝い電話を聞きながら、我が身の幸せを思う。
髪を振り乱しながら子育てをし、マキオカを作っていた時代が終わると、こんな楽しい時間が待っていた。

昔、宇宙空間から地球を見つつ「ああ、自分は何も怖がることはなかった。やりたいことをやればよかったんだ」と思った夢を見た。

わたしはここに幸せになりに来た。
面白いことをやりに来た。

だから、何があっても怖がることはなにもない。


つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR