キャンプ場の作り方(32 )

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

振動ローラーで砂利を固めたわたし達。

お蔭ですっかりおばさん化したわたし。(変わってないけど、との声あり)

いいんです。悲しむ人なんていないし。
おばさんになるといいこともあるよ。
若い子はやたら歳とることを怖がるけど、そんなことないよ。
シワができたって、腰痛があったって、意外と楽しいよ。
細かいことを気にしなくていいし、ちやほやはされないけど、その分やりたいことしても許されるよ。
そもそもシワを恥ずかしがってどうする!そう、シワに誇りを持つべし!

なんて、「おばさんのススメ」をしてる場合じゃなかった。

今度はいよいよトレーラーハウスの搬入です。
業者さんと打ち合わせをして、トレーラーの到着を待ちます。

おー!来たよ、来たよ。トレーラーが。
うー、わくわく。いよいよだよぅ。
わく、わく・・。あれ、

どうした?そこに見えてるのに。なかなか来ない。
心配になって行ってみると。

うちに来る途中のクランクで、立ち往生してました。トレーラーが。
にっちもさっちも行かない感じ。

角に廃屋があり、トレーラーはどうしても曲がれません。

プ、プロだもんね。業者さん。大丈夫だよね。
心配いらないよね。

でも、トレーラーは曲がれない。
行きつ戻りつして4時間経過。


ついに業者の方が言いました。

「この屋根、切らせてもらえませんか?」


え?人のうちの屋根を?
でも確かにそれ以外方法はないかも。

集落の顔役の方に相談し、なんとか了解を戴きました。
チェーンソーを渡し、人の家の屋根を・・切らせて頂きましたよ。はい、確かにね。
でも、そうしなきゃ、どうしようもなかったんだよ。

家の持ち主の方、ごめんなさい。

さらにユニックも借りてきて、トレーラーを動かし、なんとか事なきを得ました。

一時はどうなるかと思ったよ。
ふー・・・。

すったもんだありましたが、やっとトレーラーハウスがサイトに入りました。

よかった、よかった。

トレーラー搬入とれい


つづく




スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR