『にくきもの』、そいつの存在が許せない・・。(2)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

前回「(蚊をやっつける機会が減り)それはそれでちょっと寂しいかも。」と書き、その晩、何故かヤツラの急襲を受け、激しく後悔したわたし。
何故ブログに書いた内容が分かったんだろう・・。
ヤツラの情報網、侮りがたし!

それはそうと。

山には蚊とは別の血を吸う生き物、ブヨ(ブユともいう)がいる。
これが本当に性質が悪い。
ブヨに比べれば皆が怖がるアブなんて可愛いもの。

アブはハエを巨大化させたようなヤツで、蚊やブヨと同じく血を吸い刺されると痛みがあるのだが、実際は「オラオラ、血を吸っちゃるけんねっ!」と飛びまわり、肌に止まってから血を吸うまでにちょっと時間があるので、その間に払ってしまえば刺されることはない。
ある意味単純なヤツともいえる。

しかも幼虫も成虫も他の虫を積極的に捕食することから、益虫としての面も持つという。
そう、人間に例えると「うるさいバイクを乗り回して悪ぶっているけど意外にお年寄りを大事にしちゃったりなんかする正義感の強い間抜けな10代のヤンキー」ってとこか。

それに比べてあのブヨってヤツは侮りがたい知能犯といえる。
見た目はハエと蚊のあいのこのような感じ。

『ブユの成虫は、イエバエの4分の1ほどの小ささ(約3~5mm)で透明な羽を持ち、体は黒っぽく丸まったような形をしているものが多い。
ブユの幼虫は渓流で生活しているため、成虫は渓流の近くや山中、そうした自然環境に近いキャンプ場などで多く見られる。
また、幼虫は清冽な水質の指標昆虫となるほど水質汚染に弱いため、住宅地などではほとんど見られない。』

逆にいうとブヨがいるってことは、水がキレイな証ってことなんですね。

わたしが初めてブヨの存在を知ったのは、25年ほど前にマキオカの土地を見に来た時。
都会っ子のわたしは、真夏だったので半そでのシャツ、ひざ丈のスカートを着ていた。
ふと足元を見るとストッキングに小さなハエのようなものがいっぱいたかっている。
無知なわたしはそのまま払うこともせず、なすがままにしていた。

その夜はまさに地獄だった。
大量のブヨに刺された足が腫れあがり、痛みと痒みで七転八倒。
刺し傷は熱を持ちしこりができ、刺されたところから化膿してしまい、本当に酷い目に遭った。
その痒みと傷口が消えるのには相当時間がかかったと記憶している。

キャンプをしていて一番被害が多いのが、夕方涼しくなりちょうどグラスを手に「さあ、これから楽しいバーベキューです!乾杯!!」と盛り上ってくる頃。
暮れかかった爽やかな空氣のキャンプ場で、ウキウキと肉をジュージュー焼いたり、談笑しながらトウモロコシにかぶりついたりしている足元で、ヤツラはほくそ笑みながら飛び回っている。
音もさせず痛みも感じさせず、密やかに仕事を遂行させると、しっかりとヤツラの謎のシンボルマーク、中心に赤い出血点を残して静かに去っていく。

人間に例えるなら「昼は真面目そうな30代のひっつめ髪で眼鏡をかけた事務員風。が、夕暮れ近くになると髪を下ろし娼婦のような眼差しで誘惑し、氣がつくと大金を貢がせている凄腕のオンナ」といったところか。

で、虫嫌いな都会の人間はどんな対策をするかというと、足元に蚊取り線香を焚いたり虫よけスプレーを肌にガンガンまいたりします。
小さなお子さんにも何の躊躇もなく肌にシューシューかけまくっている親御さんも多い。

いや、それ、そんなに効果がないばかりか、体に悪いから。
おせっかいなおばさんはつい余計なことを言いたくなってしまう。

ブヨ対策は、ホント、簡単なことです。
長袖、長ズボンで過ごせばいいだけ。
要は肌の露出をできるだけ抑えるってことです。

「夏は肌を出していたい」という氣持ちは分かります。
氣持ちがいいからね。
でもそれは陽射しの強い昼だけにして、夕方になったら着替えましょう。
キャンプ場は昼と夜の寒暖の差が激しいので、夕方近くになれば長袖、長ズボンでもそんなに苦もなくお過ごしいただけると思います。

マキオカネイチャークラブでは今年から「服装についてのご注意」というものを事前にお送りするようにしました。

ホント、油断すると大変だからね。
30代の凄腕の女、もとい、ブヨってヤツは。

つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR