マキオカネイチャークラブの顔が変わりました。(1)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

無事連休も終わり、やっと日常が戻って参りましたね。
皆様、楽しい時間をお過ごしだったことと思います。
マキオカにいらして下さった皆さんにもご満足いただけていたら嬉しいのですが。

それはそうと。

3月に久し振りにマキオカにメンテナンスに行ったところ。

がーーーーん。
マキオカネイチャークラブの顔ともいえる入口が、ボロボロになっている・・。

IMG_1355_convert_20160508140911.jpg

風雨にさらされ、ついに壊れてしまったのね・・。

これは20年ほど前に主人と二人で間伐材で土止めをして、そこに器用だった主人が手作りのゲートを作ったもの。
それが主人が亡くなってから手を入れられずボロボロになり、見かねた甥の友人が10年くらい前に直してくれた。
可愛いロゴやパーキングの看板も作ってくれ、感激の涙を流したものだった。

うぅ、不器用なわたしにはいかんともしがたい。

連休前にリニューアルをお願いしたのは、以前もティピィ、ベランダを施工してくださり、わたしがそのセンスに絶大な信頼を置いているHさん。
なんとか4月26日に来て下さることになった。

早朝、以前もお手伝いしてくださったお友達のKさんも、一緒に来て下さった。
早速看板を外し、解体を始めるお二人。

                        IMG_1358_convert_20160508140944.jpg

おおー、あっという間に解体が終わり、今度は昔、葡萄棚に使われたまま放置されていたコンクリートの柱を土台に再利用していく。

IMG_1360_convert_20160508141023.jpg

それだけでなく、段の部分を花壇に利用しようっていう素晴らしいアイデア!

                                   IMG_1362_convert_20160508141053.jpg

むう、やりおる。
できるオトコ達は一味違う・・。

次にチェーンソーで後ろにある樅ノ木の枝をバッサバッサと伐る。

この樅ノ木はマキオカネイチャークラブのシンボルツリーとして、昔、家族皆で植えたもの。
子どもが小さかった頃、クリスマスにライティングをして、向かいの峠道に車を走らせ、どんな風に見えるか見に行ったなあ。

わー、すごいぞすごい。
スッキリとして、木も喜んでいるかのよう。

                      IMG_1364_convert_20160508141202.jpg

次に穴を掘って、根元を焼いた丸太を埋めていく。

              IMG_1367_convert_20160508141254.jpg

わたしは変身物が大好き。
「劇的ビフォーアフター」とか「完成!ドリームハウス」とか。
「ビューティー・コロシアム」なんかも興味本位でつい観てしまう。(あれ?違うか)

「うー、いったいどんな風になるの?」と、ワクワクするわたし。
が、残念ながらこの日わたしはここで帰らなければならなかった。

こんなに身近なビフォーアフターを最後まで見られないのは極めて残念だが。
楽しみは後に取っておくことにしよう。

新しくなったマキオカネイチャークラブの顔を想像しつつ、にやけ顔でマキオカを後にしたわたしなのでした。


つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR