魂の同志へ

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

わたしがマキオカを作ってよかった、と思えることの一つに、家族で季節を感じることができた、という事が挙げられます。

こどもの日には、皆で丸太の皮むきをして こいのぼりを上げました。
  IMG_0008_convert_20121024114454.jpg


夏には、友達の家族を招いて、バーベキューやスイカ割りを楽しみました。

   121_106_106_75-1350918217.jpg


冬は庭で子供たちにスキーを教えました。ロープを持たせて大人が引っ張り、勢いをつけて滑らせます。


         けいスキー

     れいスキー

        

           誕生日、クリスマス。楽しい時間を皆で過ごしました。

     
けいケーキ



わたし達夫婦は、常々「子供たちに残してあげられるのは、想い出しかない。」と話し合っていました。

自営業のわたし達は、自分たちの不安定な収入や、貯金通帳の残金や、どうなるかわからない将来に、なんとなく不安を感じていました。

今になって考えると、それは本当に正解でした。

子供たちに財産は何も残せていませんが、彼らの中には、あのマキオカの日々が確かにしっかり根を張り、存在しているように思います。


わたしにとって子供は同じ時間、空間を共有する魂の同志です。

少しだけ先に生まれた者の責任として、子供たちの魂に喜びや楽しさを感じる手助けをしたいと思っています。

なによりわたしも楽しいことが大好き。

そして一緒に楽しんだマキオカの日々は、わたし達にとって本当の財産だと思っています。



子供たちへ


今や雀の涙も鼻水に変わりました。

うちに財産争いは、無用です。

よかったね♡

ところで、老後のことだけど、「あなたたちには迷惑はかけない!」なんて口が裂けても言えません。

よろしくね♡




つづく





スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR