「マキオカ贅沢セレクション」始めました。

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

マキオカネイチャークラブでは、10月から「マキオカ贅沢セレクション」という企画を立ち上げます。
この企画は、山梨で作られている、あまり知られていないけれど優れた素晴らしい製品をお客様にご紹介するとともに、頑張っておられる生産者さんを応援したい、という思いから生まれました。

牧丘の素晴らしい自然で過ごす特別な時間を、日本でも有数の上質な品々によって贅沢に演出して頂けたら、と思います。

                         「マキオカ贅沢セレクション」
 夢のような時間を惜しむかのように、線香花火が名残惜しげに、優しく繊細な火花を散らす。
ランプの灯の揺らめく中、上質なワインを嗜みながら星を眺めてみる。

流れ星も線香花火の火花も、美しい放物線を描きながら儚く消えていくのだけれど、その瞬間の美しい輝きに心を奪われる極上の夜。
牧丘の静謐な森の中、贅沢で豊かな時間が静かに過ぎてゆく・・。

そんな特別な時間を過ごしていただくために、マキオカネイチャークラブが厳選した、非日常を彩る素晴らしい品々をご紹介します。

赤ワイン 「窪平」
〇ぶどう品種:マスカットベーリーA、メルロ、甲斐ノワール、甲斐ブラン
〇味わい  :ミディアムボディ
〇産地   : 山梨市牧丘町窪平産の葡萄100%使用

少し茶色がかった赤紫色、透明感のあるワイン。
口に含むとベリーの香りと深みを感じる黒糖系の香りが拡がります。ベリーの甘さと渋み、苦味がバランスが絶妙で、馥郁とナッツのニュアンスが残ります。
贅沢な夜にぴったりの地元マキオカのワインです。

昭和初期の創業以来、ずっと日本の葡萄だけを使い本当の日本ワインを作り続けてきた「純国産ワイナリー」三養醸造株式会社のワインは、山梨県牧丘町窪平の自社農園にて栽培した葡萄を使用しています。

また1980年シーズン以降は除草剤等の使用を完全に停止しているというのも魅力のひとつ。
ぶどうの王様と呼ばれる巨峰の生産が盛んなことで有名な牧丘町の南東南に傾斜した自社ぶどう園の畑は、太陽が良く当たり土壌は健康そのもの。
そんな土壌の充実が、美味しいブドウを育み、素晴らしいワインを作っているのです。

赤ワイン「窪平」ワイングラス付き(貸出)
〇価格   :3900円
〇内容量  :720ml


線香花火 「火牡丹」
日本でも数人しかいない線香花火職人、和火師・佐々木巌さん製作の線香花火「火牡丹」。
和火とは、江戸時代から伝わる日本の伝統的な花火のこと。

当時は、硝石・硫黄・木炭で作られており、日の色は赤橙色のみ。
浮世絵でも夜空を照らすのは、赤橙色の花火です。

そんな日本独自の線香花火も、現在では安価な外国産に押されて日本に流通している国産の線香花火はわずか1パーセントというのが現状です。

ここにご紹介する線香花火「火牡丹」は、全ての原料を佐々木さん自らが選び抜いたものだけを使用し、一本一本心を込めて撚り上げられたものです。

原材料も徹底的に日本製にこだわり、天然の硫黄を求め、危険と隣り合わせの採取場を歩き、マスクを装着して採取するのだそうです。
これを絶妙な配合で合わせ、天然の手漉き藍と茜で染め上げた和紙に包んでいくのですが、0.01グラムの誤差も許されないという、火薬を包む作業にも高い技術が必要です。

こうして作られる和火師 佐々木 厳さんの渾身の「火牡丹」は見事な輝きを放ちます。
「自然の恵み、火の働きをお借りして作った花火」という佐々木さんの言葉がしっくりと心になじみます。

火には本来不浄なものを祓い、心を暖かく穏やかにする力があり、古来より人は火と共に生きてきました。
日本人にとって「火」は、ただ文明を享受するだけのものでなく、その場の空間・人の罪穢れを祓い清める力、神霊がお降りになる際の目印としての役割を担っていたのです。

花火はけっして夏だけのものではありません。
冷たく張り詰めた澄んだ夜氣の中で彩られる火花もまた格別のものがあります。

マキオカの美しい星空のもと、澄んだ輝きを放つ線香花火の火花を前に、ご家族や仲間と邂逅した不思議、幸せを実感する豊かな時間を過ごしてみませんか。

線香花火 「火牡丹」 
〇価格   1200円(8本入り) 数量限定
〇製造元  市川三郷町 丸屋
荒々しく力強い火花(青)、優しく繊細な火花(赤)をお楽しみいただけます。

※赤ワイン 「窪平」、線香花火 「火牡丹」 共に、ご希望の方は事前にお申込み下さい。


つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR