豊臣秀吉ってスゴイ!

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

ご無沙汰しております。
夏も終わりに近づき、やっとブログに取り組む余裕ができました。

狂ったように暑かった夏も、氣が付けばあっという間に過ぎ去り、肌寒くなった街を歩く人々の表情も安堵の様子がうかがえます。
が、「こんな夏、早く過ぎ去って欲しい」と思っていたにもかかわらず、あまりの変わり身の早さに何か物足りない氣持ちもなくはない。

そう、あたかもやっとDVオトコと別れることができたにもかかわらず、平穏な日々を送り始めた途端「いいんだろうか。こんなに楽な日々を送ってしまって。」と、一抹の寂しさと物足りなさを感じてしまうM氣質のオンナのよう・・・。

それはともかく。

今年の夏、マキオカにいらして下さった方から時々「ブログ、読んでいます。」とお声をかけて頂いた。
中には「お母さん、大変でしたね。大丈夫ですか?」などと心配して下さる方も。

以前も書いたが、そう仰って頂くと嬉しい反面とっても恥ずかしい。

「もしや『あんな下らないコト書いているおばさん、どんな顔してるかと思ったら、こんな顔だったのか』とか『ぷぷぷ。いい年してあんなこと書いちゃって。そういえばよく見るとふざけた顔してるもんね。』とか思われてやしないだろうか」などとつい俯き氣味になってしまうわたし。
(そんなに恥ずかしがるなら恥ずかしいことを書かなきゃいいんだが)

いやいや、これはお世辞でも何でもないんだけれど、マキオカに来て下さる方はホントにいい方が多い。
だからそんな意地の悪い嘲りのココロは持っていないに違いない。

ゴミの分別、片づけも驚くほどきちんとして下さるし、素晴らしい氣遣いをして下さるお客様方。
それをいいことに片づけまで手伝ってもらう図々しいわたし・・。

うっうっうっ。
ありがたいよう。
そして申し訳ないよう。

でもね。
草むしりでへとへとになった体に鞭打ち、独りで黙々と片づけて帰り支度をするって、結構大変なの。
しかもトレーラーハウスに冷蔵庫を持ち上げて入れるって、老いて非力なわたしには難しいの。

だからどうかお許しくださいね。
皆さんに助けて頂きながら、老体に鞭打ち、あと10年は頑張りたい所存。

それはそうと。

先日FBの記事に目からウロコの記事があった。

わたしは歴史が好き。
とは言っても『歴女』というほどではなく、いわゆる通り一遍の歴史小説を読みつつ「ふむふむ、かつてこの日本にこんな人がいたのね。」とか「あの場所でこんなことがあったのか。」と感慨深げに妄想するのを楽しむ程度。

で、わたしの浅い知識の中では、豊臣秀吉はあまり評価が高くなかった。
「庶民の出でありながら草履取りから身を興し、天下統一を成し遂げたものの、耄碌して朝鮮出兵をしてしまい、家康に子の秀頼の後見を託したにもかかわらず、死後裏切られ、大阪城で一族を滅ぼされてしまったサルに似た立志伝中のヒト」という感じ。

今まで読んだ歴史小説も大河ドラマも、大体似たり寄ったりの描写だったように記憶している。

が、実際はそんなチョロイ人ではなかったんですね。

豊臣秀吉の朝鮮出兵の真実を、日本人として知って置くべき!

だからこの記事を読んで、己の浅はかさ、見識のなさに恥じ入り、申し訳なさにうな垂れた。

なぜ、秀吉の時代に日本が一国にまとまったのか、そして朝鮮出兵をするに至った背景には何があったのか。

世界の8割はスペインの植民地となっていたこの時代、必死に抗い、知恵を絞り、勇氣を持って国と民族を守り抜いた秀吉始め当時の武士たち。

朝鮮出兵は秀吉の死去にともなって中止となり、日本は朝鮮半島から撤収したのではなかった。
日本が撤収したのは、スペイン自体が英国やオランダに押されて国力を低下させ、もはや東亜に構っていられなくなったという世界情勢を受けてのことだったんですね。

だけど、何故ここまで明白な事実の積み重ねがありながら、秀吉の朝鮮出兵は正当な評価をされてこなかったのか。
歴史は見る角度によって全く違う側面を持つというのは知ってはいたが、このような見方があまりされていないのは何故か。
この事実は一部の歴史好きや研究者には常識なのかもしれないが、一般の人々にはほとんど知られていないのではなかろうか。

何故もっと声を大にして伝えない!
秀吉を単なるボケ老人扱いしてからに。

自国の為に頑張ってくれた人を貶めてどうする!!

もし秀吉が朝鮮出兵を行なわず、日本の国力をスペインに見せつけなければどうなっていたか。
想像するだにオソロシイ。

『わたしたちは、いま、スペインという世界最強の大帝国に対し、一歩も退かず、むしろ臣従せよと迫った秀吉の壮大な気宇と誇りを、いまこそ見習うべきときにきているのではないでしょうか。』という一文が胸を打つ。

ありがとう!秀吉!!
ありがとう!名もなき武士たち!!
ありがとう!ご先祖たち!!!

わたし達も頑張らにゃいかん。
じゃなきゃご先祖、子孫に顔向けできん。

「ささやかでも、わたしはわたしの為すべきことを粛々とやらねば。」と、改めて心に誓うわたしなのでした。

つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR