大嶽山那賀都神社の元宮(奥宮)に行ってきた(1)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

いや、暑い。
「いくらなんでもおかしいだろ」と突っ込みを入れたくなるほど暑い。

「裸の王様」に出てくる村人のように、こんなにも異様に暑いのにマスコミは「暑い」とはいっても「おかしい」とはあまり言わない(ような氣がする。最近ほとんどテレビを観ていないから分からないけど。)

わたしが小学生だった頃、30度を超える日なんかほとんどなかったと記憶している。
たまに30度を超える日があると皆「今日は體がおかしくなるほど暑いですね。」などと挨拶したものだった。

今でも覚えているが「体温より暑くなったら人は生きていけるんだろうか。」と思っていた時、ラジオの「子ども電話相談室」で同じような質問が出た。
その時の回答者の答えは「そんなことになったら、大変なことになります。」というものだった。

そう、今って「大変なことに」なっているんですね、きっと。

それはともかく。

以前「大嶽山那賀都神社」についてブログに書かせて頂いた。

大嶽山那賀都神社ってすごい(1)

あれ以来、何かにつけて大嶽山那賀都神社に伺わせて頂いている。

宮司をされている日原先生がいつもふんどし息子のことを氣にかけて下さるので、先日息子に電話を掛けてお礼を申し上げるように言った。
聞くともなしにそばで聞いていると、電話口に出られた先生と会話をしていたふんどし息子の声が、急に一オクターブ上がった。
「え?そうなんですか?それでは是非ご一緒させてください!」と直立不動になっている。

電話をし終わったふんどし息子に聞いてみると、日原先生は来週の月曜日に元宮に数人で登ることになっており、以前から元宮に登りたいと切望していた息子はその一行にご一緒させて欲しいとお願いしたらしい。

大嶽山の元宮といえば、大弛峠(標高2450m)から 「国師ヶ岳」 (2592m) に登り、そこから道なき道をピンクのリボンを目印に、「もしここで遭難したら命はないな」とか「熊か蜂に遭遇したらどうしよう」という恐怖と闘いながら深い原生林をかいくぐり、巨大な花崗岩群をよじ登って進まなければ辿り着かないすっごいところ。

わたしが初めて行った時は、詳しいことを何も知らずにうかうかと登ってしまい、一切人を寄せ付けない神域の凄まじい様子に同行した親戚の女の子が気持ち悪くなってしまい、とてもビビった。

大嶽山那賀都神社ってすごい(4)


その後、話を聞いたふんどし息子がどうしても行ってみたいというので、怖かったけど渋々連れて行った。
が、ヤツめ、「今度は元宮の祠で一夜を明かしてみたい」などと言い出した。
「絶対ヤダ」というと「じゃ、一人で行く」と言い出す始末。

アホか、と言いたい。
方向オンチで粗忽者の我がふんどし息子。
この間なんていつも行っている美容院に自転車で向かい迷子になっていた。
安全安心な町中を歩いていても迷ったり怪我をするタイプのヤツが、一人であんなところに行ったら遭難することは必定。
捜索費用がどれだけかかるか、想像するだけでも身の毛がよだつ。

そんなやり取りをしょっちゅうしていたものだから、今回の電話でのお話には一も二もなく飛びついたようだ。

27日の朝8時「まきおか」の道の駅に集合。
メンバーは日原先生ご夫婦と6歳のお孫さん、先生の奥様の妹さんご夫婦、今回の山行のきっかけを作って下さった埼玉の大嶽山の講の方二名とわたし達の9名。

先生のワゴン車に全員乗り込み、大弛峠に向かったが、車中で先生の奥様から不思議なお話を伺う。

10数年前に元宮に行く前夜、奥様は「卵を持ってくるように」という夢を見たんだそう。
不思議なことに一緒に元宮に行く女性も「白い丸い物を持ってくるように」という夢を見たんだとか。
そして奥様はゆで卵を、女性はお団子を元宮にお供えしたらしい。

ふーむ、白い丸いものね。
ん?そういえば・・。

昨夜のこと。
マキオカの飲み仲間のK君が恵林寺で売っている草団子と白い餡子入りのお団子を3個ずつ持って来てくれた。
なんでもそのお団子は人氣があり、なかなか手に入らないモノらしい。
一緒にお酒を飲みつつ「美味しいうちに食べちゃわないとね。」と、ふんどし息子と草団子を一つずつ美味しく戴いたのだった。

だからわたしのリュックの中には残りの草団子1個と白くて丸いお団子が3個入っている・・。

これ、もしやお供えをしろってことですかね?
やっぱ、神様はご覧になっているってことですかね?

嬉しいような怖いような氣持ちのわたしを乗せたワゴン車は、大弛峠に到着。

青空に響き渡るふんどし息子の法螺貝の音を後に、大嶽山那賀都神社の元宮に向け出発したのでした。

                                     IMG_0398_convert_20150731174157.jpg



つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR