母、奇跡の復活!(5)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

親切な皆さんのお蔭で京都の病院からなんとか横浜の脳外科の専門病院に入院できた母。
驚いたことに母は怪我をした時から横浜に入院した最初の頃の記憶がすっぽりと抜け落ちている。

が、全てを忘れているという訳でもなく「言われてみればそんなこともあったかも。」という部分もあるらしい。
だからわたしに「あんなことを言った」とか「こんな状態だった」と言われると、怖くて信じたくないという氣持ちともっと聞いてみたい氣持ちがせめぎ合うようだ。

そんな氣持ち、わたしにも経験あります。
酔っぱらって記憶をなくし、後から「あんなこと言ってたよ」とか「あんなかっこで寝てたよ」と半笑いで言われゾッとした時。
たぶんああいう氣持ちなんでしょうな。

母は京都の病院から退院する際の奇跡的なアゲアゲのテンションが収まると、その反動かグッタリしてしまった。
初めは立ち上がるのもやっとの状態だったのだが、時間の経過と共に氣力体力が回復してきたらしく「ご飯も美味しくないし、たいした治療をする訳でもないのに入院費を払うのはもったいない。この状態をとっとと克服せねばっ。」と思うようになったと見受けられる。

脳の右側頭部に水が多少溜まっており、治療といっても経過を見つつ短時間のリハビリをするだけなので、わたし同様無駄がキライな母は俄然やる氣が出たらしい。

さらに隣のベッドのばあさんが事あるごとに看護士さんを呼びつけて、やれ靴を履かせろだのご飯を食べさせろだのと言うのも氣に入らなかったようだ。
母にいわせると「あのばあさん、看護士さんが見ていないところではいろいろできるくせに甘えた声を出しちゃって。看護師さんもわたしには『〇〇さんはできますね』とか言って手伝ってくれない。わたしには冷たい。」ということらしい。

「わたしには冷たい。」って、あんた・・。
まるで幼稚園児が幼稚園の先生に「〇〇ちゃんに贔屓した!」とか「〇〇ちゃんばっかり可愛がって。」と言うのと同じ口ぶり。
「やはり人間、年寄りも幼稚園児も根っこは同じなんだなぁ。看護師さんも保母さんも忙しいのに大変なことよのう。」と実感した次第。

こんな一見くだらないことも、何事につけても負けず嫌いな母にとってはいい動機付けになり、密かに自主トレに励む決意をしたらしい。

病院の床のラインを真っ直ぐ歩くようにしたり、手すりはできるだけ使わないよう心がけたり、ベッドに寝ながら筋トレしたり。
暇に任せて、独自に編み出したリハビリに精を出し奮闘。
(ここはロッキーの顔をばーさんに変え♪『ロッキー』のテーマソング♪を流して下さい。・・・うげっ。)

涙ぐましい努力の結果、母はお医者様や看護師さんも驚くほどの回復をとげたのでした。

そしてお医者様が「大事をとってもう一回MRIを取ってから退院しましょう。」というのを「看病に来てくれる娘達にも迷惑を掛けますので一日も早く退院したいんです。」(ただ寝てるだけなのに、いつまでもこんなところにいられるかい!by心の声)と言い張り、予定よりだいぶ早く退院することができた。

いや、この世代の年寄り、ガッツあるわぁ。

それはそうと。

母が京都で頭蓋骨骨折をする2日ほど前、娘が「お友達の息子さんが頭に大怪我をする」という変な夢を見たそうです。
娘は夫に注意を促し、自分や子どもも怪我をしないように氣を付けよう、と思ったのだそう。
その直後の今回の事件だったので「一種の予知夢だったのかなあ。」と氣にしていました。

「そんなことぐらいで予知夢とか言っちゃって。」と、鼻で嗤ったあなた。
我が娘を侮るでないっ!

わたしは予知夢ってあると思います。

我が家で今も語り草となっている話がある。
今を去ること15年前のある朝、娘が起きてきて「変な夢を見ちゃった」と言う。
「小渕首相が死んじゃう夢」を見たという娘に「バッカだぁ!今日総理大臣が死んだ夢を見た人なんて日本中にあんただけだよ。」と家族で大笑いをした。

するとその3日ほど後、テレビから「小渕首相が倒れました」という緊急ニュースが流れてきて家族一同騒然となっった、という話。

政治にろくすっぽ興味のない中学生が、突然総理大臣が亡くなる夢なんて見ますか?
あれを予知夢といわず、何を予知夢というのか。

だから今回の夢も「予知夢もどき」だった可能性があると思っているの。

それはともかく。

母は今、以前と変わらない生活にほぼ戻っています。
周囲に住む身内に見守られながら、独り暮らしができるところまで回復しました。
これもご縁のあった方々のお蔭と感謝しています。

また目に見えない大きな存在にお力を頂いたのは間違いないと思っています。

何事のおはしますかは知らねどもかたじけなさに涙こぼるる


母は最近「秋になったら京都にお礼参りに行く。死んでお金を持っていくわけじゃないから行きたいところに行こうと思う。」と宣言して周囲を慌てさせています。

いや、今までも行きたいところに行ってたし。
国交のなかった頃の中国にも行き、スイスを始めヨーロッパ各地を巡り、もちろん日本全国を旅行しまくってるじゃないですかぁ!
しかも「あの世」にも片足突っ込んできたばかりだし。

まだ「行きたいところ」ってどこですか?

どちらにしても、そんな氣持ちが出てきただけでもありがたい話。
周りに迷惑をかけず、無理をしない程度に楽しんでもらいたいと願うわたしなのでした。

つづく

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR