マキオカに自然農の畑を作ってみた(1)。

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

今年の一月にマキオカで自然農に取り組みたいという話を書いた。

今年は自然農に取り組む所存。

2月に入り、ふんどし息子と共に自然農の勉強会に参加させて頂き、「こ、これはなんとしてもやってみなければっ!」と決意を新たにしたわたし。

取りあえず行くまでに用意するものは、以下の3つ。
  ●酢 (市販の穀物酢)
  ●もみ殻くん炭 
  ●米ぬか

くん炭とはもみ殻をいぶし焼きして炭化させたもの。
用土に混ぜることで通気性や保水性が増すことができ、根ぐされ防止や、アルカリ性である特性を生かし酸性の土を中和させることができる優れもの。
微生物の棲家として、とても有効なものらしい。

ホームセンターにもあるというので、何件か廻ってみたが少量で高いものしかなかった。
ネットで電話番号を調べつつ探してみると、山梨のくろがねや一宮店で100リットルで1580円のくん炭を発見。
注文をして、行きがけに買っていくことにする。

次は米ぬか。
近所の米屋を探すも大量の米ぬかを扱っているところはない。
それならばこれもマキオカの近くならどうだろう?
山梨市のJAに電話すると1キロ60円との返事。
ネットで調べた相場よりずいぶんお高い・・。

結局横浜の米屋さんに30キロの米袋いっぱい入った米ぬかを250円で売って頂きました。
米ぬかは都会の方が需要が少ないのでお安いのかもしれません。

ぬう、それにしても山梨のJAめ。高過ぎるぞ。
足元見てからに。

やっぱ、こういうのって骨惜しみせず探さなきゃダメだね。
マメはケチの極意なり。

そして先週の土、日に、鼻息も荒くマキオカに向かいました。

早朝、鎌倉を出て予約しておいた燻炭を受け取り、まず熊男の家に寄る。

今回畑を作る土地は、熊男からお借りする予定なの。
去年のうちから「畑を作りたいから、どっか空いている土地を貸してください。」とお願いしておいた。
わたしの知る限り、「ヒトのいい人ランキング」1、2を争う熊男は「じゃ、キャンプ場の下にある60坪くらいのわしの土地でやってみろし。」と、快諾してくれた。
・・いや、快諾というより「どうせ無理だろうけど、遊ばせてやってもいいじゃろ。」という感じ。

熊男に同行してもらい、畑の予定地を教えてもらう。

マキオカネイチャークラブの下の原っぱになっている一角がその場所だった。
おー、ここなら近いし、いいじゃないか。
ずっと何も植えてなかったから、農薬や除草剤の影響もないし。
ここに沢山野菜植えちゃるもんね。

手伝いに来てくれた近所のKちゃん(38歳、男子)とふんどし息子が、畝を作る予定の場所にナイロンテープで印を付けていく。

                            畑作り1_convert_20150325205143


その間に、わたしとやはり手伝いに来てくれた犬キヨ夫妻とで、現地で用意する材料を運ぶ。

洋子草焼き_convert_20150326102051


現地で用意するのは以下のもの。
  ●枯れたススキ もしくはアシ、ヨシ
  ●枯れ葉

畝幅は120センチとり、幅50センチ×深さ50センチの溝を堀る。
今回は20メートルの畝を二畝作る予定。

テープと紐で印を付け終え、早速掘り始める。

                               畑作り5_convert_20150325205458


スコップと鍬でどんどん掘り進める。
どんどん、どんどん・・・どんどん・・ひっひっふー。

畑作り6_convert_20150325205312


・・ぬう。
なんだかこの土、やけに重くないかい?
そして思っていたよりやけに時間がかかるんでないかい?

時計を見るとすでに2時近く。
作業は遅々として進まない。

ま、まずい。
これは二畝は無理かもしれぬ。

急遽予定を変更し、一畝に総力を結集することにする。
初めのうちこそ軽口をたたいていたが、次第に無口になる。

うぅ・・腕が痛いよう。
やっぱわたしのようなか弱いオンナには畑作りは向いていないのかしらん。

皆そろそろ限界が近づいていたが、ここで止めては今までの苦労が水の泡と思い、何とか歯を食いしばって作業を進める。
そうこうしているうちに、なんとか一畝を掘り終えた。

畑作り9_convert_20150325205609

この溝にスコップを縦に刺して細かな刻みを付け、もみ殻くん炭を投入。 

                           畑作り10_convert_20150325205703

そこに100倍の穀物酢をふりかけて、ススキを敷き詰める。

畑作り12+_convert_20150325205759

                            畑作り13_convert_20150325205901

その上に落葉を敷き詰め、米ぬかを撒き、歩いて踏む。

畑作り14_convert_20150325205959

                                畑作り17_convert_20150325210105

さらに再びもみ殻くん炭を振りまき、もう一度100倍の穀物酢を撒く。

あー、疲れた。
この時点ですでに4時を回っている。

すいません。
畑、なめてました。
二畝なんて、絶対無理でした。

これから更に通路を掘り、その土をかぶせていかねばならぬ。
もう、やだよぉ。(涙目)

けれども言いだしっぺのわたしは、そんなことは口が裂けても言えません。
Kちゃんにしても犬キヨにしても、ただ単にお手伝いに来てくれただけなのに、黙々とやってくれているんだから。
四捨五入すれば70歳の犬キヨなんて「オレ、具合悪くなりそう。」と言いながらも作業の手を休めることはしない。

うっうっう、みんな、ありがとう!!

體の節々の痛みと闘いながら、ラストスパートをかけるべく、狂ったように鍬を振り回す初老のわたしなのでした。


つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR