今年は自然農に取り組む所存。

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

年が明け、氣が付いたらはや月末に突入。
光陰矢の如しとはよく言ったもの。
「このままじゃあっという間に老婆になってしまう。」と危惧する今日この頃・・。

マキオカは春になるまで活動休止なので、その間「なんかオモシロイごとはねえがぁ!」とナマハゲのごとく興味の赴くままウロウロしています。

で、近頃そのナマハゲセンサーが「自然農法」に照準が合い、いくつかのイベントに申し込みをさせて頂いた。

「自然農法(しぜんのうほう)」
『自然農法(しぜんのうほう)とは、不耕起(耕さない)、不除草(除草しない)、不施肥(肥料を与えない)、無農薬(農薬を使用しない)を特徴とする農法。』

20年以上前、当時やっていた学習塾の子ども達を連れてこようとマキオカを作り始めた頃、畑に取り組んだことがある。
が、素人の悲しさ。
無農薬野菜を作ることに憧れ、見よう見まねでやってみた結果、大量の虫にまみれた痩せ細ったホウレンソウがチョロチョロとできただけだった。

その時初めて「都会の人間が、やれ無農薬がいいとか安全な野菜がいいとかって簡単に言うけど、そんな甘いもんじゃないのね。」と実感したわたし。
ネットも普及していなかった時代、すっかり「素人には無農薬の野菜を作るのなんて無理。」と諦めていた。

専業農家の熊男の畑を見ても、しょっちゅう手入れをしなければならず、草むしりも大変そう。
いろいろなテクニックも必要みたいだし。
しかも肥料や農薬って意外にお高いらしい。

さらに言えば、農家って「大変だけど体にはよさそう」というイメージだけど、実際は農薬・化学肥料を使った農業で心身を損ねる方も多いと聞く。

むう、なんとかならないものか。

自宅の近所のスーパーでは、いまや平氣で福島産の野菜を売っている。
そんな陳列棚を見ていると、「食べたい。」とか「料理したい。」とかいう氣持ちがシオシオとしぼんでいくわたし。

いや、決して怠ける口実を作っているワケじゃないですよ?
ホントですってば。

でも最近ご縁を戴いた方から自然農のお話を伺い「そのやり方は横着なわたしにぴったり!」と興奮した。

考えてみればほんの50年前の日本人は、農薬だの化学肥料だの除草剤だのは一切使っていなかった。
それなのに立派な作物を作って、丈夫でカシコイ人々を輩出してきたワケで。

「日本人の体力」
『明治期までの日本人が、今と比べればとてつもない体力を持っていたということは、当時日本を訪れた外国人の残した多くの文献に記されている。今回はその中の幾つかを紹介してみたい。
まずは、ドイツ帝国の医師・「お雇い外国人」の一人だったベルツの手による「ベルツの日記」から。
 
ベルツが、ある日東京から110km離れた日光に旅行をした。
当時のこととて道中馬を6回乗り替え、14時間かけやっと辿り着いたという。
しかし二度目に行った際は人力車を使ったのだが、なんと前回よりたった30分余分にかかった(14時間半)だけで着いてしまった。
しかもその間は一人の車夫が交替なしに車を引き続けたのだった。
普通に考えれば、人間より馬の方が体力があるし格段に速いはずなのだが、これではまるで逆である。
この体力はいったいどこから来るのだろう。
ベルツは驚いて車夫にその食事を確認したところ、「玄米のおにぎりと梅干し、味噌大根の千切りと沢庵」という答えだった。
聞けば平素の食事も、米・麦・粟・ジャガイモなどの典型的な低タンパク・低脂肪食。もちろん肉など食べない。
彼からみれば相当の粗食だった。
そこでベルツは、この車夫にドイツの進んだ栄養学を適用すればきっとより一層の力が出るだろう、ついでながらその成果を比較検証してみたいと、次のような実験を試みた。
「ベルツの実験」である。

22歳と25歳の車夫を2人雇い、1人に従来どおりのおにぎりの食事、他の1人に肉の食事を摂らせて、毎日80kgの荷物を積み、40kmの道のりを走らせた。
然るところ肉料理を与えた車夫は疲労が次第に募って走れなくなり、3日で「どうか普段の食事に戻してほしい」と懇願してきた。
そこで仕方なく元の食事に戻したところ、また走れるようになった。一方、おにぎりの方はそのまま3週間も走り続けることができた。
当時の人力車夫は、一日に50km走るのは普通だったという。』

あ、あんた、50キロって・・。
東京から茅ヶ崎まで毎日走るってことですよね?
スゴイじゃないですかぁ!

昔できて、今できないはずはないっ!

『人間が余計なことをしないで自然の営みに任せれば、自ずから豊かになっていくのだ。
機械を使えば自分の作業は楽だが、その機械を生産したり燃料を調達したりする労力を考えると、実は手作業がいちばん効率がいい。
鎌が一本あればだれでもでき、命の営みに寄り添う自然農は、永続可能な農のあり方として注目されている。』

自家採取を繰り返して、大型の機械類は全く使用せず、使用する道具はのこぎり鎌やくわなどで。
草は生えていても作物の背丈以下であればそのままにしておく。
虫の食物連鎖を利用する害虫、益虫を住まわせることにより、害虫の極端な発生を回避する。

こんな経済的な農法、まさにケチで機械オンチなわたしにぴったり!
さっそく熊男に使っていない土地を借りることにした。

自分の作った安心、安全なものを食す。
そして大事な家族、友人にも食べてもらう。
できたらマキオカにいらして下さった皆さんの朝食にも出せたらいいな。

さあ、春から始動するぞ。
それまでにオモシロで英氣を養おう。

あー、夢は広がる。

やるよ、あたしゃ!
頑張るよ!!

つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして

これからは自給自足!がんばってください。


ぴよぴよ合掌行(どんなことするのか事前に心構えをと思い)から辿り着き、面白くてハマりました。
特に前世療法は姉妹揃って同様の経験があるので大笑い!!


暇にあかして過去記事を楽しみ、
昨夜は出雲の件で一人クスクス笑いが止まらず、不審げな夫の視線を避けるようにトイレに立ち、中で爆笑して一層の疑惑を呼んでしまいました。

 面白い事大好きオバさんシスターズより

Re: はじめまして

yokotyanさん、コメントありがとうございます。

一人クスクス笑いとは!
わたしもyokotyanさんのコメントを拝見し爆笑してしまいました。
すっごく嬉しいです。

「面白い事大好きオバさんシスターズ」、よろしければお仲間に入れてください!

No title


 こちらこそ、ウレシイですっ!!

 アンテナに引っかかると、お財布の許す範囲内で(ココ大事^^!)
 「臭いだけでも嗅ぎに行こうか」的な私と同じ臭いがするっっ!!
 と、妹は喜び
  
 ネーミングに代表される思考センスに喰いついた姉(ワタクシッ!)
  
 まきオカンさんと同年代のおバカ姉妹ですが今後とも御贔屓に(笑)

Re: No title

「臭いだけでも嗅ぎに行こうか」的な私と同じ臭い」(笑)。
確かに確かに!

いつも子供たちに「謎の使命感でブログを書いてるけど、なんで?」と、白眼視されているわたしですが、まさにこういう出会いがあるからなんですよ!

分かったか!子ども達!!
(と、何故か勝ち誇った顔をするわたし)

これからもよろしくお願いします。
プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR