今年は靈氣(レイキ)をやってみた(4)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

まるで「わらしべ長者」のような展開でパワーストーンを売る石屋になったNさん。
オープンと同時に「何だか此処に入りたくなった。」という人たちがどんどん来店し、不思議なことが続いたという。

翌年にはレイキのティーチャーとして本格的なヒーリングをスタートしたが、そんな頃のこと。
施術中のNさんのところに臼井甕男(うすいみかお)氏の霊体が現れ「今、靈氣は治療だけが注目されるようになってしまった。だが、わたしは靈氣によって日本の『人』を作りたかったのだ。『日本靈氣会』という会を作り、わたしの志を継いで欲しい。」と言われる。

Nさんは「荷が重すぎる」と3回断ったが、ある時とても真剣な切羽詰まった顔で言われたので「それではお受けさせて頂きます。ただ『日本靈氣会』という名前は大きすぎるので『日本靈氣研究会』と言う名前にさせてください。」と答える。
臼井さんはしばらく考え込んだが、渋々了解されたという。

が、知り合いの霊能者のところに赴き「レイキの会をすることにしました。」と言うと、経緯を何も話さなかったにもかかわらず「『日本靈氣会』ですね。」と言われ、Nさんもついに観念して腹をくくり『日本靈氣会』を立ち上げることにした、とのこと。

その後Nさんは臼井甕男氏と同じ境地を求め、命を懸けた修行をするため九州の久住山で21日間の断食行を行い、朝昼晩コップ一杯の水だけで過ごす。
夜は火で暖をとり水で命をつなぐという、文字通り火と水(カ・ミ)神によって生かされた事を体得したNさん。
断食15日目の朝、両手を大きく広げると、体の中に靈氣がみなぎってくるのを感じ、身体が氣のレベルで変化するのを体感したという。

オモシロ好きのわたしはたまたま一人で初伝のセミナーを受けることになったので、休憩時間になるとついNさんに根掘り葉掘り話を聞いてしまいました。
怖いもの知らずのおばさん、恐るべし。

さて、靈氣の初伝の伝授が終わり、わたしに何か変化があったかというと。
なーんにもありませんでした。

ふーむ、わたしの周囲のレイキの伝授を受けたという方達も「なんだかよく分からない。」とか「実感がない。」という人が多いけど、やっぱりそうなのね。
「ちぇっ、もっとこう、劇的な何かがあるとオモシロイんだが。」なんて虫のいいことを思っていたわたし。

考えてみたら図々しい話ですな。
Nさんのように般若心経を7万巻唱えたわけでもなく、断食行を行ったわけでもないわたしに「劇的な何か」なんて起きる訳がない。

が、大枚(我が家にとっては)をはたいて受けた初伝伝授。
「お金をかけずふんどし息子に靈氣を施術する」という当初の目的を実行しなければもったいない。
素人の靈氣療法ながらも見よう見まねで施術してみると、それなりに温かくなるらしく結構評判がいい。
好評に氣をよくして家族や友人に施術しまくるわたし。
なんといってもタダだし。

そう、わたしは自分以外の人間であっても、得をするとうれしい。
これぞケチの王道なり。

ある時ふんどし息子に靈氣の施術中、手にビリッと感電したような痛みが走った。
なんだ、これは?
いや、氣のせいだよね。

親戚を施術中、肝臓の辺りに靈氣を送っているとビリッと来た。
聞くと数日前から肝臓の調子が悪いという。

おおー、そんなことまで分かるようになっちゃうものなの?
鼻の穴がふくらむわたし。

が、パソコンをいじっている時、マウスを持つ手にもしばしば電流が走るような強い痛みを感じるようになる。

あれ?これって靈氣治療の感度が上がったとかじゃなくて、もしや電磁波過敏症?

「電磁波過敏症」
『アメリカの医学者ウィリアム・レイ博士が、世界で初めて電磁波が原因と考えられる様々な症状に注目し、それらを総称して「電磁波過敏症」と名付けました。
電化製品や携帯電話などから出る電磁波に反応し、一度症状が現れると他の人が感じないほどの微弱な電磁波でも過敏に反応するようになります。』

ぬう、鼻の穴をふくらませている場合じゃなかった。
携帯を持った時もたまにビリッとくる。

日常生活が不自由になっちゃったじゃないですかぁ!

電磁波とは、電気と磁気の両方の性質をもつ「波」のことで、電気が流れたり、電波が飛び交うところには必ず電磁波が発生するという。

『通話時に携帯電話を頭部に近づけて使用すると、脳の血流が著しく低下することが分かっています。
とくに成長期の子どもや赤ちゃんは、大人よりも電磁波の影響を受けやすいので注意が必要です。
欧米では子どもの携帯電話使用を制限するなど、電磁波に対する取り組みが着々と進められているのに対し、日本ではまだまだ具体的な対策が遅れています。』

何をやっとるんだ、日本は。
幼児の子守りに携帯を使っているママさんも多い。
子ども達は携帯をかけまくりじゃないか!

テレビでは携帯のCMばかりだし。
大きなスポンサーだからマスコミは黙っているのか?
もしや政治家にもお金が渡っているのか?
え?そうなのか?

はっ、いかんいかん。
それどころじゃなかった。

「日本靈氣会」は勉強会があり、Nさんが考案した靈氣体操などをやっている。
身体をほぐしバランスを整え続けていくことにより、自己内面の認知、自己意識の向上、現実生活の安定など様々な改善が見られるようになるという。

これ、やってみようかな。
二時間千円と格安だし。

「すぐお金のことを言うんだから。お下品。」と仰る方もいるかもしれないが、さにあらず。
物事に付いている金額というのは、金額を付ける人の考え方が如実に出る。

都心の一等地で「二時間千円」なんて良心的過ぎ。
お習字教室じゃないんだから。
でもわたしのようなケチなおばさんにとっては、とってもありがたい。

そんなこんなで日本靈氣会の勉強会に通うようになったわたしなのでした。


つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR