猛母がマキオカにやってきた

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

先日新しくなったティピィとベランダを見たいというので、間もなく85歳になる母とマキオカに行ってきました。
この夏ヘルニアの手術をした母にとっては久しぶりの遠出です。

IMG_3386_convert_20141119224503.jpg

                             
以前にも母について書いたことがあります。

母の人生

あれから一年半経ち、老いた者の上にも若き者の上にも時間が同じように流れている。

 IMG_3385_convert_20141119224433.jpg

お宮参りをしたばかりだった孫は、自在に駆けずり回りしっかり意思表示をするようになった。
母は一見変わらないように見えるけれど、確実に老いている。

自分自身を振り返ってみると、シワも知り合いも増え、以前より日々が楽しくなっている氣がする。
そして年を取るにつれ母の影響力の大きさに氣が付くようになってきた。

わたしの母は、かなり個性的な人生を歩んできた人。
妻2人に先立たれ(!)子供8人を抱え(!!)困っていた20歳も年上の(!!!)、会社を興してブイブイいわせていた父と知り合い、騙されて(本人談)結婚した、と事あるごとに子どもの頃から聞かされてきた。

父と20歳も離れていたとはいえ、完全に尻に敷いていたと思われ、父は頭が上がらないでいた。
まあ、母に頭の上がる人はわたしの知る限りいないんですが。

一代で事業を起こして、世界を股にかけ商売をし怖いもの知らずだった虎男ですら、唯一母には頭が上がらなかった。
いや、頭が上がらないどころか、若いころ勉強を教えてやったとか頭を物差しで叩いたとか、散々皆に吹聴され、ことあるごとに叱られて小さくなっていた。
虎男の息子の結婚式の際、新郎の父としての挨拶が酔っぱらい過ぎてできず、親族はもちろん式場のスタッフも困り切り会場が凍りついた時も、つかつかと前に出て虎男の頭をぴしゃんと叩き首根っこをつかんで引き摺り下ろしたのも母だった。

母の凄いところは、父の連れ子のみならず、前妻の親族とも親しくお付き合いをし、とても信頼されているところ。
姑にもかなり虐められた(本人談)ようだが、最期はしっかり看取り信頼を勝ち取っている。

そして今、親族中のゴッドマザーとして君臨している母。
先日も態度の悪かったひ孫を躾けるために、お尻を思いっきり叩き、泣き叫ぶ7歳児を部屋から引き摺り出していた。
まさに猛母と呼ぶにふさわしい。

ここまでの道のりは大変厳しかったと思われるが、母の苦労話はとても面白い。

母は40年以上前、九死に一生を得ている。
知人の結婚式に出席するために東名自動車道を走行中に後部座席で事故に遭い、頭でリアガラスを割って投げ出され、テレビに死亡と出た。
お医者様に「生きても後遺症が残る」と言われながら無事生還。
それ以外にも硬膜下血腫、胆嚢摘出、大腸がん等、満身創痍。

母は持病の喘息もあり、若いころは周りの元氣なお友達を見て羨ましく思ったようだが、あにはからんや、一番元氣に長生きしている。
そして父の事業が失敗して辛酸を舐めまくり経済的にも相当苦労したようだが、今は孫や娘に囲まれた悠々自適の生活を送っている。

いや、人生って最後まで分からないものですね。

子どもの頃から勘が強く、近所の人が亡くなってしまうのがわかってしまい親に注意されたとか、不思議な夢を見たとか若い頃滝行をしたとか、わたしのトンデモ好きは明らかに母の影響と思われる。
幼いころ聞かされた地獄極楽の話や、不思議な因縁話はわたしの中で今も息づいている。

親子として生を受けるというのは、どれほどの深い縁で結ばれているということなのだろう。

義理人情に厚く、人の為に労を厭わない母はわたしの一番の理解者であり、人生の先達ともいえる人。
いつも普通の親なら止めるであろうわたしのぶっとんだプラン(突然会社を辞めて独立するとか、山を開拓してキャンプ場を作るとか)を応援してくれた。
本当に感謝に絶えない。

感謝の意味も込め、マキオカの帰り塩山のお気に入りのフレンチレストラン「竜」に連れて行きランチをご馳走した。

IMG_3387_convert_20141119224529.jpg

テーブルを挟み、久しぶりに母の顔をまじまじと見る。

ふと氣が付いたんですが、母は若い頃より10キロ以上痩せてシワは深くなったものの、枯れたような美しさが出てきたように思われる。

                                IMG_3390_convert_20141119224545.jpg



これは・・。
もしや同じ遺伝子を持つ者として、わたしも年を取ったら労せずして痩せていくのでは?
人間年を取れば食欲にそれほど振り回されることもなくなり、シワが増える代わりに体重も減り、それなりの枯れた美しさを手に入れることができるのだとしたら。

ふっふっふ、中年の肥満、恐るるに足らず!

太陽の下に咲く向日葵も美しいが、雪原に佇む松の枯れ枝も美しい。
ルノワールも素敵だけれど、墨絵も素敵。

もういちいち体重やら血圧やらの数字を氣にするのは止めよう。
食べたいものを食べたい時に食べ、医者には極力行かず、薬もできるだけ飲まないで怖がらず年を取って行こう。

素敵な笑い皺がたくさんできるような人生を送って行こうと、固く心に決めたわたしなのでした。




つづく



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

あ、こちら夏に、祖母の法事でお邪魔しました!元市長さんの私邸だったようです。お庭が素敵ですよね。
お母様、たくましい!見習いたいです。

Re: No title

AAA さんもすでに行かれていたんですね。
会食にはとてもいいところですね。
先日ふんどし息子とも行ってきました。
もう我が家では、結婚式は大嶽山(先生にはすでに言ってある)、会食は「竜」と決まっています。
後は結婚相手を見つけるのみ!?

No title

お返事有難うございます。
実は先程、牧丘の友人宅に所用があり、思い切ってマキオカネイチャークラブを探してみようと行って見たのですが

坂を登ったところで工事をしていて断念しました(^_^;)

またいつか覗きに行ってみます(笑)

Re: No title

AAA さん、えー!そうだったんですね。
たぶんそこからティピィの頭が見えたと思います。
残念!!
今度いらっしゃる際は是非ご一報ください。
プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR