古事記古古道 体感ツアーに行ってきた(14)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

謎に満ちた八鉾神社を後にしたわたし達。
15分程車を走らせると、民家に囲まれた小さな公園のような雰囲気の神社に着いた。

                              IMG_3183_convert_20141021133956.jpg

そこは「ゑびす誕生有しと也。故に生夷と書きて‘いくいな’と唱へ来る。」(阿波郡庄記)と言われた生夷神社(いくいじんじゃ)だった。

「生夷神社」
『祭神・事代主命
延喜式内社で事代主命が祭ってあるのは、この生夷神社と阿波郡の事代主神社のみ。
生夷は「いくい」と読むが、意味は「えびすが生まれたところ」ということである。
祭神・事代主命の俗称は夷(エビス)。
通称はエベッサンという。』

徳島藩の礎を築いた戦国武将蜂須賀氏が、初めて阿波に来たとき「阿波には夷(えびす)が生まれたところがある。」と日誌に書き、参拝したと言われているらしい。

「えびす」って言うと、酒飲みのわたしが真っ先に浮かべるのは「エビスビール」。
あのラベルの「えびす顔」の神様がここでお生まれになった?

「えびす」
『「えびす」という神は複数あり、イザナギ、イザナミの子である蛭子命(ひるこのみこと)か、もしくは大国主命(大黒さん)の子である事代主神(ことしろぬしかみ)とされることが多い。
少数であるが、えびすを少彦名神や彦火火出見尊とすることもある。
また、外来の神とされることもある。
このように多種多様の側面があるため、えびすを祀る神社でも祭神が異なることがある。』

ふーむ、いろいろな説があるんですな。

とにかく海の幸をもたらす神様として漁業関係者の信仰を集めているばかりでなく、商売繁盛の神様としても知られている。

で、「えびす」と「事代主神」の関係は?

『事代主神は託宣の神といわれ、記紀神話においても直接に水との関連はない。
しかし、記紀神話の中の国譲りの項で、天津神からの国譲りの要請を受諾するかどうかを大国主神の使者が事代主に聞きに行ったとき、事代主は釣りをしていたとされ、その海で釣りをする姿と「えびす」の海の神であることが結びつき、同一の神とされるようになったといわれる。』

だから「えびすが生まれたところ」(生夷)の祭神が「事代主神」というワケなんですね。

IMG_3184_convert_20141021134024.jpg


Mさんは「託宣神がいらっしゃるこの地の名称が‘勝浦町’というのにも意味があるのでは。」と仰る。
勝つ占!
なるほど。

うん、分かった・・ような氣がする。

が、一昨日食べたおかずも覚えていない昨今。
今は分かったような氣がしてるけど、一か月後に覚えている氣がしない。
たくさんいらっしゃる神様に、さらに複数のお名前があるなんて、わたしのような能力のものにはちとツライ。

自慢じゃないが、お酒を飲んだ後にラーメンを食べたことも忘れてしまう人間ですよ、わたしは。

とにかくお参りさせていただく。

                                   IMG_3185_convert_20141021134101.jpg

境内の前には集会所がある。
戦前、この集会所は神社の舞台であったらしい。

昔は皆、こういう場所で寄り合いしていたのだろう。
村の話し合いや、決め事も全て神前で行い、常に神とともにあったであろうかつての日本人。

先日ある方がFBで「そういうこと(神前で寄り合いをすること)ひとつとっても、占領国には怖過ぎたようで、日本人が神社で寄り合いをしないように民主主義のもと、公民館ができた。」と書いていたが。

今の日本人は、神様の元、きっちりと絞められ強固につながっていたしめ縄がほどかれ、それぞれが一本の藁になってしまったようでとても心もとない。

横浜の実家のお祭りでは、去年まで八幡神社でご祈祷を受けて出発し神社に戻ることになっていたお神輿が、なぜか町内会の役員の多数決により、公園を起点としで回るだけになった。
もはや神事ではなく、ただの「お祭り騒ぎ」に成り果ててしまった。

こうやって阿波の村々を歩いていると、ついこの間まで日本人にとって当たり前だったことがそこここに生きているような氣がする。
やがてここにも日本を浸食するうねりがやってくるのだろうか。

今や神社でさえ土地の買収が働きかけられる時代。
一木一草に神が宿っているとする古代からの神道の考えは、ご都合主義の政治の前に風前の灯のよう。

故林春彦宮司『人間・自然破壊の原発に神の地は売らず』

なんか難しいことはわかんないけど、ダメ、絶対!!

明治維新、大東話戦争敗戦で打ちのめされてしまったこの日本。
今また最後の総仕上げをされているような氣がしちゃうのは、わたしだけなのでしょうか。

ああ、また陰謀論好きのおばさんってワルグチ言われちゃうんでしょうね・・。


つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR