古事記古古道 体感ツアーに行ってきた(1)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

先週、ふんどし息子と共に徳島に行ってきました。

何故徳島かというと、きっかけは去年北鎌倉で参加した「古事記サミットin鎌倉」。
「古事記サミットin鎌倉」に行ってきた

この時「いいなあ、阿波。行ってみたいなあ。でも徳島って遠いからそうそう行けないよね。」とため息とともに諦めていたわたし。

でも人間願えばかなうの言葉通り、行くことができました。
これを引き寄せと言わずして何が引き寄せか!

・・ま、行きたいところに行っただけなんですが。

それはともかく。

久し振りの旅。
ウキウキしながら飛行機やホテルを調べる。
もちろんケチ、もとい賢い消費者のわたしは格安のチケットを探しまくりましたとも。

でもいったいこのチケットの仕組みってどうなってるんでしょうね。
正規料金片道33,390円のチケットが、格安チケットを探したら18000円くらいになり、さらに探すとホテル一泊付き往復チケット込みで26800円。

おばさんには全く分かりません。
でも、分からなくていいんです。安きゃ。

次は羽田に行くまでの計画を立てる。

なんといっても安い飛行機を使う上、時間を有効活用したい貧乏性のわたしは羽田7時20分発のチケットを取った。
ということは5時37分発の東海道線に乗ればいいのね。

もちろんそんな早い時間にバスはない。
こういう時普通の大人ならタクシーを呼ぶところなんだけど、わたしは普通の大人ではない。
ケチな大人です。(キッパリ)

ふんどし息子はいつも駅まで電動自転車で通勤している。
あれに二人乗りすればタダじゃないですかあっ。

ここだけの話、お酒を飲んで最終バスに乗り遅れた時、何回か自転車に二人乗りして帰宅している。
ところが何故かそういう時に限ってパトカーに遭遇して叱られるんだよね。

確率は35パーセント。
高っ!
何故だ?普段はパトカーになんて会わないのに。
・・・見張られているのか?

でも早朝であればパトカーもいないだろうし、近所のヒトに見とがめられることもないだろうし。(これ大事)

荷物は前日に駅のロッカーに入れに行きました。
ふんどし息子の荷物はインドにも持っていった巨大なリュック。
ちっ、大きいので500円もかかってしまった。
しかもこのロッカー、百円玉しか対応していないらしい。

ま、いいもんね。タクシー代を考えると安いもの。

こんな風にバタバタとしているうちにあっという間に当日になってしまったのでした。
興奮しているわたしは目覚ましが鳴る前に4時40分くらいに起き、てきぱきと支度をする。
ゴミを片づけ余裕をもって自転車に乗る・・はずだったんだけど。

あれ?すでに時間は5時17分。
だ、大丈夫。いつも駅まで15分くらいで行ってるんだから。

が、ふんどし息子が「いつもと違うんだよっ。二人乗りだし。しかも駐輪場に自転車を入れる時間も必要だし、ロッカーから荷物を出す時間も必要だろ?!」と自転車を漕ぎながら絶叫する。

え?そういえばロッカーがあるのは駐輪場とは離れた場所。
脇の下にうっすらと汗がにじむ。

「だ、大丈夫だよ。二手に分かれれば。駅のホームで落ち合おう。」と冷静を装うわたし。

駐輪場の入り口で自転車から飛び降り、ロッカーの鍵を握りしめ、ロッカーのある場所に走る。
ぜーぜー言いながら「なんだ。まだ5時32分じゃん。余裕じゃん。」と呟き、ロッカーの鍵を回す。

が。
開かない。

なんで?!
何度も試すが開かない。

?!※*??

心臓がバクバクする。
青ざめながらやたらと鍵を回しまくるわたし。

落ち着くんだ、わたしっ。

老眼の目でよくよく見てみると、どうやら一日経ってしまったので追加料金が発生しているらしい。
はっ!そういやここは百円玉にしか対応していないんだった!!

焦ってバッグから財布を引っ張り出す。
が、財布の中には百円玉は皆無。

血走った目で辺りを見回すと、マクドナルドが営業中だった。
千円札を握りしめ駆け込むわたし。

「あ、あのっ、お金をくずしてほしいんですがっ!あの、ロッカーが※*・・!!」
「当店では両替は行っておりません。ソーセージマフィンなら百円で承っております。」
「んじゃ、コーヒー、コーヒーを下さいっっ!!」

いつも悪口を言っているが、マクドナルドよ。ありがとう。

コーヒーと百円玉を握りしめロッカーに突進する。
お金を入れ鍵を回すと、ガチャっと開いた。
ぐぬぅ、現金なロッカーめ。(逆切れ)

震えそうな手で荷物を引き摺り出すと、リュックを肩に担ぎバッグを握りしめ改札に向けて猛ダッシュ。
時間は既に36分。
髪を振り乱し、大きなリュックとボストンバッグを担いで走るおばさん。

ホームに駆け降りると向こうからふんどし息子がやって来たのと同時に電車が滑り込んできたのでした。

教訓
時間には余裕を持たなければいけない。
おばさんはケチってはいけない。
我が家は自転車の二人乗りをしてはいけない。


つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR