蛇之倉山プチ修行ツアーに行ってきた(1)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

先日ひょんなことからヒーリングを受けました。
きっかけは突然始まった心臓の痛み。
医者にはできるだけ行かないと固く心に決めたわたしはしばらく様子を見ていましたが、なかなか治らない。
ちょうどそんな時知り合った方のヒーリングがとても良いと聞き、行くことにしたのでした。

驚いたことに、ヒーリングをして頂いた翌日あれほどしつこかった心臓の痛みがない。
うーむ、これは本物。

ヒーリングをしてもらった際、部屋の壁に「蛇之倉山 プチ修行ツアー」のチラシが張ってありました。
帰宅して蛇之倉山で検索してみると、「女人禁制」だの「写真撮影禁止」だの今時珍しい文言が書いてある。
さらに貰ってきたチラシを見ると「水行」の文字が。

おお、水行って一回やってみたかったの。
面白そう・・。

面白いことにはとっても貪欲なわたし。
「これは参加させて頂くしかないっ。」とすぐに申し込みをしたのでした。

ヒーリングのとき「肝臓が疲れてますね。」と言われたからお酒は控えなきゃ。
どうやら蛇之倉山は修験のお山らしいのでお肉も食べないようにしよう。
「初めての水行に向け、自分の体調管理と厳しい修行への覚悟をしっかりしなければっ。」と固く心に誓うわたし。

集合は中目黒に6時20分。
鎌倉の自宅からだと大変なので、前日は東横線沿いの実家に泊まることにしました。
久し振りに年増の娘が泊まることになり喜ばせようとしてくれた84歳の母は「ポークソテーを作ってね。」と嬉しそうに冷蔵庫から厚い豚肉を取り出しました。
・・・
親孝行を優先させるのは人としての道。
わたしが食べたいから作るんじゃないもんね。親孝行するだけだもんね。

豚肉に塩コショウを振り、ジュージューと焼く。
仕上げにケチャップとソースを肉汁に絡める。

母はいそいそとわたしの前に濃い目のウィスキーを作って置いてくれました。
・・・
親孝行を優先させるのは人としての道。
わたしが飲みたいんじゃないもんね。親孝行するだけだもんね。

母はなかなかの注ぎ上手。
わたしのグラスが少し空くとすかさず濃い目のウィスキーを作ってくれます。
老婆二人の晩餐は思いの外楽しく、明朝5時起きというのにあっという間にへべれけになったわたし。

案の定二日酔いになりながらも、5時に起きることができました。
スゴイぞ、わたし。
これも修行に向けての固い決意のお蔭と申しましょうか。(なら肉や酒を飲み食いするな、の声あり)

何とか集合場所に時間までに辿り着く。
ヒーリングの会社の女の子達が爽やかにご挨拶をしてくれる。

若い子多し。
美人率高し。
ベリーショート率高し。

・・あれ?おばさんはわたしだけ?
平均年齢がとっても低い。

ま、いっか。

おばさんは若い頃と違って、はなっから友達を作ろうとか仲間に入らなきゃ、なんて思わない。
あるがままを受け止め、淡々と、でも面白く生きていく。

若いお嬢さん方、年を取るって案外楽しいものですよ。

つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR