“40分合掌行 ぴよぴよ♪” に行ってきた

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

昨日ふんどし息子と一緒に☆ 森美智代院長の“40分合掌行 ぴよぴよ♪”☆というワークショップ に参加してきました。

森美智代さんについては3月22日のブログ「断食をやっている」の中で詳しく書かせて頂きましたが、西式甲田療法を実践し、1日に約50kcalの食事(青汁150ccと少量のサプリメント)だけの生活を18年以上続けて、難病の小脳脊髄変性症を5年かけてみごとに克服した方です。

たまたまFBを見ていたら、このワークショップ があることを発見。


♪森美智代院長による西式甲田健康法の実践会♪

【40分合掌行】と【背腹運動】の癒し系ワークショップ

☆ 40分合掌行は掌から出る氣・パワーを強化し 癒しの手をつくると言われています。

掌を40分間一定の高さに挙げた状態で行います。
今回は更なるプラス効果が期待される方法を加えます。

みんなで、仲間と一緒に行えば、 きっと楽しく嬉しく温かく達成できます。
自分を癒し、大切な周りの人をも癒せる、 そんな新しい自分の誕生♪ ぴよぴよです♪


おおー、いいじゃないか。

ふんどし息子は鍼灸師で、今、大金を払って氣の勉強もやっている。
「掌から出る氣・パワーを強化し 癒しの手をつくる」なんて願ってもないこと。

・・でも「ぴよぴよ」って?

早速二人分申し込みをしました。

え?お前は関係ないだろって?
わたしは皆さんのお役に立って疲れた息子を癒してあげたいという母心から参加を決めました。

なんちゃって。
「面白そう。」って、いつもの好奇心が疼いたってだけなんですが。

なんでもこのワークショップ、告知して11時間で満席になってしまったようです。
あの時氣がついたのはすっごくラッキーだったんですね。

これぞ神のお導き、とばかりに喜び勇む氣持ちと、「40分も手を上げっぱなしなんてできるんだろうか?わたし、根性なしだし。」と不安も交錯し、心は千々に乱れる。

一時半に東神奈川の神奈川区民センターに行くと、三々五々参加者が集まっている。

わたしとふんどし息子は「こういうのって空腹でやった方がよさそう。」という判断から、朝食も昼食も抜いているので機嫌が悪く、直前まで喧嘩をしていたのでなんだか氣持ちがギスギスしている。

こんな状態で大丈夫なのか?
(後から聞くと、やっぱり空腹時にやった方がいいらしい。喧嘩しても食事抜いたのは正解だった。)

森さんはピンクの作務衣を着て、あまり体調がよくないのか大きなマスクを付けていらした。

般若心経の紙が配られる。
一列目は般若心経の紙が前に置かれているのだが、2列目以降は前の人の背中に般若心経の紙を洗濯ばさみで挟ませてもらう。

両手を密着させ合掌したまま肩と肘をの位置が水平になるようにする。
足は裸足になって、左右の足を密着させる。
この合掌姿勢を40分連続して行う。

なんでも手指の爪廓(そうかく)と手掌の毛細血管の捻転を整え、血液循環を完全にすると同時に、体内新陳代謝作用と生体機能全般の平衡を招いて「治せる手」にするらしい。

これを一度やれば触手療法の力が宿ると言われていて、一生治せる力を維持できるんだとか。

早速「40分合掌行」が始まる。

背中に洗濯ばさみに挟んだ般若心経の紙を付け、腕を高く上げ、裸足で内股を作り般若心経を唱える30数人の集団。
何も知らない人が見たらさぞかし不氣味に違いない。

最初の10分過ぎたあたりから早くも腕がプルプルしてくる。
初めの内こそ恥ずかしげに唱えていた般若心経が、辛さに比例して声が大きくなってくる。

あまり辛い時は、手を頭の上に載せてもいいらしい。

うぅ・・つらい、つらいよう。

こっそり周りを見回すと、しっかり腕を上げている人、頭の上に手を載せ何とかやり過ごそうとしている人、背筋をぴんと伸ばしている人、椅子にもたれかかって辛そうにしている人・・さまざまな苦行の過ごし方をしている。

はっ、いかんいかん。
人のことに氣を取られている場合ではない。
一生に一度のチャンス、わたしだけが脱落するわけにはいかん。
頑張らねばっ。

頭に載せた手を再び持ち上げ、声高に般若心経を唱える。

やっと森さんが「20分経ちました。」と告げる。

あと半分か。
腕があまりの辛さに耐えかねて段々下に下がってくる。

うおー、ここまで来て失敗したら今までの苦労が水の泡。
そうはさせじと何とか体勢を立て直す。

「あと10分です。」と森さん。

おお、光明は見えたぞ。
なんとかやり過ごすんだっ。

頑張るんだ、わたし!!

「あと般若心経、3回分かな?」という森さんの声のなんと有難いこと。

勢い込んで般若心経を唱える。
もう少しで3回。
うぅ、やっと終わる。
痛みに震える腕は「もう限界。」と悲鳴を上げている。

「あれ?まだ終わらないや。あと2回。」

え?ぬか喜び?
そ、そんな殺生な・・。いや、あと少しだ。頑張るんだ!!

もう駄目かと思った時、タイマーが「ピヨピヨ」と間の抜けた音を出した。

・・あ、ピヨピヨって、これのことなのね。
なんていい響き、ぴよぴよ。

「はい、40分経ちましたぁ。ご苦労様でした。」

安堵のため息がこぼれる。

すぐには手を下げないで、上でブラブラさせてからゆっくり下ろす。

うぎゃあ、う、腕があぁぁ!

筋肉痛の酷いやつを5倍くらいにした感じ。
苦痛にのた打ち回りたいけど、人の目があるので皆歯を食いしばり耐える。

森さんが皆の所に回り、掌を向かい合わせ、本当に氣が出るようになったかチェックしてくれる。

「うん、出てるよ。」「あ、出てる、出てる。」

いよいよ森さんが息子の所に回ってきた。

「おっ、凄いね。若いと違うのかな。」

おお、ふんどし息子、やったじゃないか。
息子は喜びを隠そうとするが、隠しきれずに口元がほころび、とっても嬉しそう。
わたしも嬉しい。

次は隣のわたしの番。
手を合わせ「はい。」

え?それだけですか?

い、いいんだもんね。
息子だけでも強い氣が出てくれれば今日来た甲斐があったというもの。

・・でも、ちょっと淋しい。
あんなに頑張ったのに。
くすん。

こうして全員の氣をチェックして回った森さんは「はい、これで皆さん全員ヒーラーです。」と仰った。
湧き上がる拍手。
なんというか一緒に戦った戦友のような一体感。

こうして今日30数名のヒーラーが誕生しました。
もちろんわたしもヒーラーです。

あ、ぴよぴよってヒヨコが生まれた時の鳴き声なのね。


                  40分合掌行



つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR