今日は旧正月

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

今日は旧正月らしい。

日本の洗脳教育真っただ中で育ったわたしは「旧正月」というと「あ、中国で爆竹でお祝いするアレね。」ぐらいの認識しかなかった。

日本では、古来から太陽太陰暦を大切にされてきたらしい、と知ったのはかなり歳を取ってから。
本来旧正月(春節)にあたる今日が新しい年の正しいスタートなんですね。

ここの所わたしの世界を広げてくれているFB。
いい面だけではないのは百も承知だけれど、いろいろな事を教えてくれる。

ある方のウォールから。
『日本で1月1日が正月とされてしまったのは、明治5年からです。
それまでの暦(太陽太陰暦)は、長い歳月、日本の歴史と文化を育んできた大切なもので、自然と共生してきた日本人にとっては尚更深い意味があります。

いずれにしても、現在の誤った暦の運用は、142年の歴史しかありません。
暦は「時代とともに変化するものでは決してない」のです。』

たったの142年。
長い歴史の上ではほんのちょっと前。
あまり考えたことなかったけど、学校の歴史の授業で明治維新で行われたことの中に「太陽暦」も入っていた。
その取り上げられ方ってあたかも「これでやっと文明国の仲間入りができたんですよ。」みたいな感じだったけど、文化の破壊のされ方としては生活に直結しているだけに凄まじかったに違いない。

『日本にとって重要な意味を持つ暦は、日本の歴史と伝統文化を壊し、白人達の支配下に置くために仕掛けられた「罠(欧米の日本分断・内紛・クーデター)」に掛かった方々により、いとも簡単に改変(グレゴリオ暦:太陽暦に)させられてしまいました。

日本の西洋諸国化(売国政策)は、それ以前にも散見されていましたが、総合的に開始されたのはここ(明治維新)に端を発します。暦の改悪は、その手段のひとつに過ぎません。』

『日本の歴史ひとつをとっても、例えば、「縄文時代は狩猟採集民族をしていて、毛皮を着て、ウホウホやっていた」などというのは真っ赤なウソです。
欧米が旧石器時代後期だった時代に、日本では高度な文明と、平和な社会という世界が未(いま)だに成し得ていない国を完成させていました。

つまり定住社会が確立され、農耕社会を築き、織物や漆塗りなど、現在にいたる日本文化の礎は、考えている以上に早い段階で完成をみているのです。
しかも、世界のどの遺跡で発掘されることはあっても、日本の縄文時代の遺跡から発掘されることのない「対人用武器・兵器」の事実からも想像できることは多いはずです。

誤った歴史をいくら学習しても、そこから得られるのは「誤った判断」に過ぎません。先住民族食や米を含む糖質制限食が話題になっている昨今ですが、それを語り、判断し、導入する前に、「本当の歴史」に辿り着いてみてください。』

偏った見方だ、と反発を覚える方もいらっしゃるでしょうが、わたしはいろいろな角度からの物の見方を教えて頂いているようで、時には目からウロコが落ちる音まで聞こえる時がある。

特に歴史については見る角度によって全く様相が違うものになってしまう。
教科書では英雄扱いの明治維新の立役者たちは、見方を変えると皆売国奴。

うぅ・・何だか受け入れがたい。

そうしてみると教育ってコワい。
むしろ歴史の表舞台に立っていない人の中に、本当に有能で日本を想い、無念の思いを抱えながら死んでいった人たちがたくさんいたはず。

洗脳と言えばその最たるものはテレビ。
子供の頃「ローンレンジャー」とか「ローハイド」「ララミー牧場」とか喜んで観ていたけど、随分インディアンを酷く扱っていたような気がする。
あれもインディアンからしたら、ホント、迷惑な話。
全く知らない東洋の子供たちが「インディアンは頭の皮をむく」とか「コワい野蛮な人たち」って刷り込まれていたわけだから。

何をもって「本当の歴史」というのか。

「時代とともに変化するものでは決してない」はずの暦ですら変わり、意味するものも形骸化してしまう位なのだから、時代と立場によって全く様相を異にする歴史の認識は本当に難しい。

それはともかく。

旧暦の正月は必ず新月とのこと。
新月の月齢はゼロ、つまり新しいスタートを意味し、新月は心も身体もリセットし新しいことを始めるのに最も適した日らしい。
新月に願いをかけると叶うと言われているのも、そういうことだったのね。

「生のある限り楽しいことを見つけていこう。そしてわたしにできることを精いっぱいやっていこう。」と心に誓うわたしなのでした。

最後になりましたが、謹んで新春の御祝いを申し上げます。


つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR