妙見山に行ってきた(2)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

「妙見山」について調べるうち、七面山と強いつながりがあると分かり、何か見えない縁によってマキオカに呼んで頂いたのでは?と、思い始めたわたし。
いつものように好奇心と思い込みの強さから、早速「妙見山」に登ることにしました。

ネットでルートを調べると、「鼓川温泉」と「オーチャードヴィレッジフフ」に登山口がある。

こういう時いつも一緒に行動するふんどし息子は仕事の為、残念ながら行けない。
単独登山は、あまりメジャーじゃない山では危ないと、数ある経験からちょっぴり学習したわたし。

誰か一緒に行ってくれないかな、と思っていたら。

そうそう、いるじゃないか。
最近マキオカの準備を手伝ってくれているわたしの異母兄弟、犬キヨ(仮名)が。

犬キヨは67歳のナイスガイ。
明るくてお人好し、お酒の席が楽しくなる人気者。
仕事をリタイアした後は、夫を立てるのが上手なしっかり者の奥さんと悠々自適に暮らしています。

犬キヨに電話で「マキオカの準備が終わったら山に登らない?」と誘ってみると「おう。」との軽い返事。

犬キヨが行ってくれるんだったら車が二台使えるので「オーチャードヴィレッジフフ」から「鼓川温泉」まで縦走できるな。
一台は鼓川温泉に置き、もう一台に二人で乗り「オーチャードヴィレッジフフ」に行って、車を置いて登る。
「鼓川温泉」に下山した後、車で再び「オーチャードヴィレッジフフ」に戻ればいい、というプランを立てました。

翌日、犬キヨと一緒にティピィを設営した後、予定通りわたしの車を鼓川温泉に置き、一緒に「オーチャードヴィレッジフフ」に向かいました。

で、突然話は反れますが。

今「オーチャードヴィレッジフフ」について調べていたら、ちょっとビックリ。
世の中どうなっちゃってるんだ。

「オーチャードヴィレッジフフ」
『旧牧丘町が総事業費約21億円をかけて建設し、92年に開業した。約7万4500平方メートルの敷地にホテルやレストランを備えた複合施設。
町直営で1億5千万円以上に膨らんだ累積赤字を民間ノウハウで解消しようと、04年4月に県内自治体では「先駆け」として指定管理者制度を導入。運営団体に選ばれた同法人が同年6月、芸術展示施設としてリニューアルオープンさせた。
しかし指定管理者だったNPO法人が撤退し、施設の管理業務が市に返還された。』

何これ?
なんだかスゴイことになっている。

小高い丘に町営のやけに個性的な宿泊施設があったのは知っている。
以前見に行ったら、建物はやたらにお洒落なのに廊下の隅に雑巾があったりして「ハードはいいけどソフトがダメ。」と思ったものだった。(何故か上から目線)

暫くして、経営が上手くいかず閉鎖した、という話は聞いていたが、まさかこんなことになっていようとは。

要は累積赤字に困って殆ど個人でやってるNPOに指定管理を任せ、さらに一千数百万円の累積赤字を出しNPOは解散、っていうことなのね。
 
ゆ、許せんっ。

熊男のうちは専業農家で一把100円のホウレンソウの為に夜遅くまで作業しているというのに。

21億円って何?
累積赤字が1億5千万円、さらに一千数百万円の累積赤字って?
そして今はもっと膨らんでいるに違いない。

そんなに税収もなさそうな地方都市が、とてつもない借金をこさえていたとは。

責任者、出てこいっ!
指定管理者制度って何だぁ!

「累積赤字を民間ノウハウで解消」とかいって
『入場料は無料で年会費1万円の個人会員を募る手法をとり、当初は売り上げを年間1億2千万円、来場者数を10万人と見込んだ。
だが、会員はわずか17人にとどまり、来場者数は04年度約4300人、05年度(4~11月)約1600人と年々減少していたという。』
ってどういうこったぁ!!

こんな言ったもん勝ちの、スカポンチンなプランをノウハウっていうのかっ!
ゴーサインを出し、甘い汁を吸ったのは誰だぁ!!

・・って。
わたしには全く関係ないんだけど。

でも、わたしは人が無駄なことをするのも嫌う、まっとうなケチ。
他人が損をするのも不愉快なの。
あー、怒りがふつふつと沸いてくる。

はっ、しまった。
「妙見山に行ってきた」という題なのに、妙見山のことは全く書いていない。

気を取り直して。

「オーチャードヴィレッジフフ」はごく最近、朝ヨガや森林セラピー、 農業体験などができる「保健農園ホテル フフ山梨」として再スタートした。

妙見山の登山口は「フフ山梨」を通り過ぎてすぐ。
お客の入り具合を気にして「フフ山梨」の駐車場をじろじろ観察するわたし。

連休の中日っていうのに5~6台しか入っていない。
大丈夫なの?

いかん、いかん。
ヒトの心配してる場合じゃないっつうの、と呟きながら「熊注意」の標識のあるゲートをくぐったわたしなのでした。

             妙見山 フフ ゲート


つづく





スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR