伊勢、京都、出雲に行ってきた!(10)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

鞍馬寺で驚きのトンデモ話を知ったわたし。

サナトクマラだったんですね。
サナトクラマかと思ってたよ。

一字入れ違えただけでも意味は大違い。
「猫」と「コネ」、「旦那」と「何だ」、「アポ」と「ポア」。

全然違うのに、いつの間にか間違ったまま刷り込まれてしまっていた。
恐るべし、勘違い。

まあ、わたしのような毒にも薬にもならないような人間が勘違いしても別に実害はないけど、権力を持った人間が勘違いしちゃうといろいろ大変。
そういうヒトが政治力もあったりすると、周りの人間はおろか、後世の人にも多大な迷惑がかかる。

信楽香雲の顔が見てみたいと思って検索したけど、百歳になる弟子のおばあさんの顔しか出ていなかった。
ネットって、本当に見たいものは出ていなかったりする。

でも政治家にも勘違い人間はいっぱいいるな。
実害多数。

それはともかく。
妙に元気な息子の後をついていくと、しばらくして本殿に出た。

寺全体がパワースポットと言われる鞍馬寺で、最もパワーが強いと言われ評判になっているのが、本殿正面の石畳にある『六芒星』。
休日は行列ができ、六芒星前10分待ち、なんていうこともあるらしい。
(その辺にいたおばちゃん情報)

もちろんわたしも立ってみる。
ここでも「国家安泰」「国民の守護」を祈念する。

息子は磐笛も奏上。

              鞍馬寺 本堂

立ち去るとき振り向くと、トンデモの匂いをぷんぷんさせた若いお姉ちゃんが裸足で額ずいていた。
半笑いを浮かべかけたが、自分たちも傍から見ると確実に同じ人種に見えることに気が付き、ちょっと凍りつく。

本殿を後にしたわたし達。
息子はペースが益々ヒートアップ。
飛ぶような速さで階段を上って行く。

途中「源義経公背比石」と彫られた石碑のある場所に着く。
この石は牛若丸が16歳の時、藤原氏を頼って奥州に旅立つに際し背比べをしたと伝えられている石で、牛若丸の背はこの石と同じ高さだったという。

この石、結構低い。
130センチくらいか?
16歳でこの石と背比べしたってことは、牛若丸は想像以上に小柄で無邪気なヒトだったと思われる。

ここからあとは下り道。
息子のペースはとどまることを知らない。

5分ほど行くと「僧正ガ谷不動堂」がある。
鞍馬天狗が牛若丸と出会ったと言われる場所。
牛若丸が鞍馬天狗より兵法を学んだのもこの辺りであるという。

ここにも「六芒星」があり、パワースポットとなっているらしい。

           鞍馬寺 不動尊


・・パワースポット、パワースポットって、たくさんあり過ぎてもうお腹いっぱい。
もういいです。勘弁してください。

この先の道は、杉の根が地表に露出した状態になっている。
ここで牛若丸が跳躍の練習をしたという言い伝えがあるらしいが、息子も飛び跳ねながら駆け下りていく。

「ちっ、お前は薹が立った牛若丸か。いや、牛馬鹿丸だな。」と息子の背中に向かって下らない憎まれ口をつぶやくわたし。
だってもう体力が限界なんだもん。くすん。

暫く歩くと「奥の院魔王殿」に着く。
「奥の院魔王殿」の「拝殿」でから奥の「本殿」を礼拝する。
奇岩の上にある小堂の本殿は、650万年前に人類救済の使命に帯び、金星から降臨した魔王尊が祀られている。

ここで再び「国家安泰」「国民の守護」を祈念し親子で磐笛奏上。

                      鞍馬山 魔王尊


その時一陣の突風が。
何、このタイミング。
何だかちょっと不思議な気持ちになり、思わず周囲を見回してしまった。

気が巡っているというか、もし今魔王が登場しても不思議はないような。
いや、腰を抜かしますが。

魔王殿をあとにして、貴船側の西門を目指す。
かなり急な下り坂の山道を下って行くと。
あれ?息子の様子に異変が。

さっきまでの元気はどこへやら。
突然足が痛いだの、疲れただの言い出した。

おっ、さっきの「奥の院魔王殿」で息子についていた魔王さまが離れてしまったか?
もしくは気を吸い取られたとか。

なんちゃって。
ま、普通に考えると、はしゃいで張り切っていた息子が下り坂で膝をやられたってことなんですが。

でも魔王につかれてたって考えた方が面白いから、そう思うことにしよう。

魔王殿から15分ほどで、鞍馬寺の西門に到着。
貴船川にかかる小橋を渡れば、川床の出る避暑地として、そして紅葉の名所としても有名な、観光地・貴船。

でもそこには思いもかけない光景が広がっていたのでした。

つづく
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR