キャンプ場の作り方(16)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。


以前も書きましたが、わたし達は夫婦で学習塾をやっていました。

塾と言っても、学校で楽しく勉強できるようになるお手伝いをさせていただく補習塾です。

まぁ、わたしの場合、いかに子供たちが学校で、楽できるかってことに主眼を置きます。

県名は形を見せ「カンガルー新潟!」「こっちへおいでよ石川県。」などとくだらない覚え方をさせ、「大造じいさんとガン」は、癌を患ったじいさんの闘病記なんだよ、と煙にまき(あ、導入の時ですよ。もちろん)、たまにお化けの話をして、子供たちが怖がっているのを見て楽しむ、なんてことをする、いわゆる町に一軒はある個人塾です。

こういう時、自分が勉強で苦労した過去が生きるってもんです。

あー、勉強できなくてよかった。

こんな風に思える日が来るなんて子供の時には思わなかったもんね。
良い子の皆さん、人生なんて、そんなもんです。
古傷がお宝になってしまったりするんですね。長く生きていると。

マキオカを作りながら、ここに子供たちを連れてきて遊ばせたい、と思うようになりました。いや、たいした理念などある訳ではなく、ただ一緒に遊んだら楽しいだろうなぁ、と思っただけです。

小、中学生を教えていたのですが、小学5年生を対象に秋口に連れて行くことにしました。

金曜の夜出発し、翌日朝から遊びます。

農薬も使わず放置しておいた畑の野菜を茹でたら、小っちゃい虫がいっぱい浮いてきて、「無農薬で野菜作ると、こうなるんだよね。」「ま、食べても蛋白質になっから。だいじょぶだから。」といって一緒に食べたり。(ちょ、ちょっとだけですよ、もちろん。)

               畑作り

みんなで木にロープを取り付け、滑車で滑り降りたり。
(16)滑車作り
(16)滑車

ルートもない山の中を駆けずり回らせたり。

缶けりしたり、しいたけ採りをしたり。
(16)シイタケ狩り


沢の水飲ませたり。(こ、これもちょっとだけですよ。もう17年も前のことだしぃ。い、いまさらクレームは受け付けないんだからねっ。)
(16)沢下り

                                 
          楽しかったね。みんな。


          そして無事でよかった!


つづく


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR