夏の終わりに

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

9月になってもまだまだ暑いですね。
今日から2学期を迎える子供たちも多いと思います。
横浜辺りだと二学期制の所もあるので「もう8月の後半から学校、普通にあるよ。」というご家庭もあるのでは。

わたしの個人的な感想ですが、あの二学期制、要するに一年を前期と後期に分けてやるというあのやり方、ホント、けじめがつかなくてヤダ。
一学期の通信簿を貰って「あー、明日から夏休み!夏休みの宿題はあるけど、当分学校のこと考えなくていいんだもんね」という晴れ晴れとした解放感はなくなって、「一応夏休みだけど、8月の終わりから普通にこの続きの授業やるからね。忘れないようにね。」なんていわれてテンションは下がる一方。
そしてまだ残暑厳しい8月の後半、始業式をやる訳でもなく、夏の余韻に浸る訳でもなく、何気なく7月の終わりにやった授業の続きが始まる。

これって別れ話をしていたのに離婚届も出さず、いったん別居したもののある日ふらりと帰って来たオトコとまた何事もなかったように、以前と同じ生活を始めてしまったみたいな感じ。
(ちょっと、いや、大分違うか)

秋休みがあるなんて言っても連休に毛の生えたようなものでお茶を濁されてしまう。

年末だってそう。
二学期が終わって「クリスマスの後は大晦日で今年も終わり。一年の計は元旦にあり。二学期の成績はあんまりよくなかったけど、来年は心機一転頑張るぞ!、と思うもの。
ところが二学期制だと「心機一転っていっても後期の半分以上は終わっちゃってるし、今さら頑張っても、ねえ。」となってしまう。

リセットの爽快感、と申しますか、トイレに行って全部を出しきった時の達成感は全くなくなってしまい、何やらまだ便意が残っているような嫌な感じ・・。

二学期制って、いろいろ能書きはあるだろうけど、ひとえに先生方が楽をする為なのではなかろうか。
と思って調べてみたら、やっぱりねえ。

要は1つの学期がなくなる事で、始業式と終業式が減ったり、当日の時数カットがなくなる事や、評価週間が1回減る事で、年間の授業時数を増やす事ができる、ということらしい。

3回通信簿を付けなきゃならないところが2回になる。
これって事務の煩雑さを考えるとかなりのことなんでしょうね。

先生方もいろいろ大変だと思いますが、何とかならないのでしょうか。
子供たちの特権ともいえる、お休み前のあのワクワクした感じが目減りしてしまうのは何とも可哀想。

我が家にはもう学齢期の子供はいません。
いるのは図体のでかい24歳のおっさんじみた息子だけ。
だから関係ないと言われればそうなんだけど。

でもマキオカに来た子供たちが目を輝かせて虫取りをしたり、川にスイカを冷やしに行ったり、星空に歓声を上げたりしているのを見ていると、「今、心にいっぱいの思い出を詰め込んで、大人になった時の生きるエネルギーを蓄えておいてね。」と願ってしまうわたしなのでした。





つづく

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR