頼んだぞ、染めQ

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

もうすぐ連休。
わたしは今日からマキオカに行ってきます。

マキオカにはティピィがあり、中に薪ストーブを設置してあります。
夜、肌寒い時にこのストーブに火を入れて、皆でおしゃべりをしながらお酒なんか飲んでいるととっても楽しい。

パチパチ爆ぜる木の音と煙のにおい。
布に映る影。
煙突から夜空に向かってたなびく煙。

我ながらなんていい空間を作ったんだ、と自画自賛。
しかも雨の時にもバーベキューを楽しんで頂ける。

マキオカにとってはシンボル的な存在です。

このティピィの素材は帆布でかなり丈夫なはずなんだけど、かなり傷んでしまってます。
補修に補修を重ねて今やちょっと可哀想な状態に。

マキオカは標高が1000メートル近く。
だから紫外線が強い。

最初は布を重ねて縫い合わせたりしていたんだけど、元の布が弱くなっているので接着剤で貼るようにしました。
だから昼見ると、一見ボロボロな感じ。

「こんなになるまで使ってないで買ったらどうなの?」なんて思うお客様がいらっしゃるかもしれませんが、もうこのティピィは販売中止しているの。

しかも私はこのティピィのデザインがとっても気に入っている。
さらに言えば、(わたしにとっては)ティピィはかなりお高い。

だからなんとしてでもティピィには現役で頑張ってもらわなければならないの。

で、今回はティピィにペンキを塗ってみる予定。

調べてみると布に塗れるペンキってあまりない。
専門店に電話で聞いてみると、「染めQ」という染料があるとのこと。

「染めQ」?
検索してみると、独自のナノテク&密着技術で、素材の奥まで粒子が浸透し、引っ張っても、ねじっても、割れたり剥がれたりせず、素材の質感も変えずに、まるで染めたような仕上がりになるらしい。
しかも染めQはホルムアルデヒド放射量が少ないので、制限無く使用できるという。

ふむふむ。確かに畳んだりする訳だから剥がれたりしたら困るもんね。
品質も安全なものらしいし。
世の中って確実に進化しているな。

そして今年の2月17日の「ほこたて」で、染めQが「絶対に落ちない塗料」としてナノグラスコートSV9000という絶対に落とす薬品という対決をしたらしい。

おお、見たかったな、その番組。
(結局その勝負には負けてしまったらしいが)
でも品質は結構いいのかも。

昨日我が家に届いた「染めQ」。 

                    染めQ


どうかマキオカのティピィを生き返らせてくれ!
頼んだぞ、「染めQ」。

あー、ドキドキするな。
もし失敗しちゃったらどうしよう。

だってこの「染めQ」、一本1500円もするんだよ。
それなのに1平方メートルしか塗れないので、とりあえず10本買ってみたの。
たぶんこれでティピィ一張り分。

もう一張りは仕上げを見てから買おうと思ってるんだけど。
もし失敗したら・・。
15000円が無駄になるばかりかお宝のティピィが変な感じになっちゃうかも。

ケチなわたしが15000円も出して、その上みっともなくなったティピィと呆然と佇み目に涙を浮かべている姿が頭の中でぐるぐる回る・・。

はっ!いかん、いかん。
悪いことは考えないようにしなければっ。
言霊や引き寄せの法則を信じるわたし。

・・いいの。わたしは信じるよ。「染めQ」を。
ちょっとオバQみたいな変な名前だけど、色眼鏡で見ないで信じることにするっ!

わたしは5月6日には帰ってくるので皆さんにご報告ができると思います。

どうなる?!我が家のティピィ。
あー、心配。

つづく




スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

染めQ

今頃 染めQがんばってるのでしょうか?!

結果報告おまちしてます!!

私はどんな汚れもおとすやつがほしいです。
子供の服きたなすぎ。。
プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR