母の人生

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

今日はもうすっかり春本番。
うちの梅の花もやっと咲き始めました。

近所のお庭の桃の花も水仙も、この暖かさで一斉に満開になっていました。
つい4~5日前あんなに寒かったのが嘘のよう。

季節は確実に廻る。
毎年この時期になると実感します。

3月はいろいろなセレモニーの多い時期ですが、我が家も先日のお宮参りを始めとして行事が目白押しです。

それにつけてもお宮参りの時のわたしの母の張り切りぶりは凄かった。

元気すぎるお年寄りの特徴。
声がでかい。
話の中心は自分。
足腰が弱っていても人前では決して弱みは見せない。
料理自慢で世話好き。

うん、母は全てに当てはまるな。

この間は我が母ながら「ちょっ、ちょっと、いくらなんでもダイジョブですか?」と目を塞ぎたくなるほどだった。
年寄りの冷や水なんて一瞬の内に蒸発する勢い。

よほどモモのお宮参りが嬉しかったのか、いつもはそんなにお酒は弱くないのに酔っ払い、はしゃぐわ喋るわ泣くわ。

ちなみにお宮参りの時のかっとんだ母の姿は「天空の城ラピュタ」のドーラに着物を着せた感じ。

あまりの母の独壇場に「助けてぇ!」とモモを抱いた娘の目が訴えていたけど、ごめん、娘よ。
ああなったら誰も止めれないんだよ。
途中まで何とかしようと頑張ったけど無理だった。
暴走列車は下手に止めると大惨事になっちゃうから、と心の中で手を合わせるわたし。

母は今年84歳になるんですが、本当に波乱万丈な人生を送ってきました。
この年代の方たちって多感な時期が戦争真っただ中だったんですよね。
母もご多分に漏れずかなり苦労したようです。

幼いころは、技術職だった祖父の住み込みのお弟子さんたちに蝶よ花よ、とかしずかれ、何不自由なく暮らしていたのが、戦争によって許婚は亡くなってしまうわ、祖父は職を失いお酒に溺れるわ、祖母は生活力がないわで「ここはわたしが長女として家族全員を支えねば!」と一念発起。
闇市から食料を調達したり、東北まで買い出しに行ったり、自分で行商をしたりと獅子奮迅の働きをしたらしい。

そんな中、妻2人に先立たれ(!)子供8人を抱え(!!)困っていた、20歳も年上の(!!!)、会社を興してブイブイいわせていた父と知り合い、騙されて(本人談)結婚した、というわけです。

だからわたしには腹違いの兄姉が8人います。

子供の頃はこの環境が理解できず「一番上のお兄ちゃん、普通おじさんって呼ぶくらいの歳だなあ。」なんてのんきに思っていました。

小学3年生の時、姉からうちの家族事情を説明されてびっくり。
「そうだったんだぁ。なるほど。」と今までのあれやこれやがやっと理解できた、という感じ。

童話や漫画に出てくる意地悪な継母が、なんとこんなにも身近にいたとは。
シンデレラや白雪姫、その他もろもろの継母を思い出し、自分の母の顔を見比べて「ママハハが我が母とは。イメージと違う・・。」と思ったりしていた時期もあった。
この頃からすでにわたしは物事をちょっと斜め横に見る癖があったのかも。

実は母が結婚を決めた一番の理由は、父の連れ子だった兄たちが母に懐いて不憫で結婚せざるを得なかった、とか。(本人談)

ところが暫くして父の事業が失敗して母はまた辛酸を舐めることになります。
どこまでもついていない母。

なんども死にかけ、自殺を考えたこともあったというほど過酷な日々を送ったこともあったらしい。
連れ子だった兄たちと共に苦労を乗り切り、今も戦友ともいえる良好な関係を保っています。
いまだに亡くなった父の悪口を言ってますけど。

複雑な人間関係も、持ち前のバイタリティと親切心、ど根性で乗り切ってきた母。
今若かった母を想像すると、なんかドラマチックですね。

わたしは母の前向きな生き方を尊敬しています。
母の周りの人間関係は、今までの母の生き方の証明だと思います。
皆とても母を大事にしてくれている。

母は「今が一番幸せ。」「ありがたい。」が口癖です。

そんな人がわたしの母でよかった、と心から思います。
いつでもわたしの味方でいてくれる人がいる、と無条件でと信じられる人生は今のわたしの土台になっています。

いまだにパワフルで愛情深く、皆に料理を振る舞う母。
でも元気な母ももう84歳。いつボケてもおかしくない。
お宮参りの時のかっとんだ母の姿もそう考えればありがたい、と思える。

ねえ、モモ。
あと10年もしたら、モモにお宮参りの様子を聞かせてあげよう。
おばあちゃんのかっとび振りも。
きっと楽しい笑い話になるね。
そしてみんながどんなに君のことを大事に思っていたかということも。

つづく

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR