春の妄想

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

暖かくなってきた街に出て行くと、いろいろ思うことがありませんか?

わたしの場合、最近道路に落ちているゴミが気になって仕方がない。

幹線道路なんかで、上りと下りの間の植え込みにゴミが捨てられているけど、あれ、どういうこと?
捨てたヒトに、「そこはお前の家の町内会のゴミ収集所か!自分の車の中はキレイになったかも知れないが、お前の心はゴミだらけだっ。」と言ってやりたい。

空き缶やペットボトルはもちろんのこと、ゴミ袋まで捨てるとは、いったいどんな顔をしているのか見てみたい。
こういうところでGPS機能を使えないものか。(使えるわけないが)

そうそう、わたしはよくマナーの悪い車があると、運転しているヒトがどんな顔か見たくて信号待ちを使って見に行くの。
たいがい「あ、なるほどね。」という感じ。
今度試してみて下さい。

世間ではよく皆のマナーが悪くなった、という言い方をしますが、わたしはそうは思わない。

例えば犬の糞。
町内の99人が立派な飼い主さんで、マナーを守れないヒトが1人だけいたとしても、そのバカタレが毎日糞を片付けないと、その町内は糞だらけの街と化してしまう。

落書きもそう。
あの下らない自己顕示欲、何とかなりませんか?

そんなにやりたきゃ自分の家の壁に好きなだけ書けばいいのに、と思う。
どうしても書きたい情熱が抑えられなかったら、精進して書道家の武田双雲や金澤翔子くらいになってみろ、といいたい。
それならどこに書いても誰も文句は言わないよ。
いや、言わないどころか、こちらからお願いして書いてもらいたい。

街のあちこちに素敵な書がある国。
かっこいいじゃないか!

できることなら、ゴミをポイ捨てする輩の家とか、犬の糞をそのままにする飼い主の家とか、公共施設に落書きするヤツの家を突き止めて10倍にして返すとか、とんでもなく高い罰金を徴収してもらいたい。
あれは軽犯罪というくくりでは甘すぎると思う。
不特定多数の人にすっごく不愉快な気持ちを与え続けるんだから。


学生の頃、江戸時代の刑罰は非人間的だ、と習った気がする。
でも、本当にそうだろうか。
被害者にとっては現代の方が非人間的な扱いなのでは?
被害者の報復心、犯罪抑止力という観点から見ても、江戸時代の方が優れていた気がする。

江戸時代の刑罰の中には「入れ墨刑」というものもあり、地域によって入れられてしまう入れ墨の印が違うらしい。
筑前や芸州では罪を重ねると「犬」という入れ墨を入れられてしまったという話は有名。
江戸は寛文の頃「は額に「悪」と入れられた、というのは知らなかった。
「悪」って・・。
いまいちひねりというか、意外性に欠けるな。
「犬」を考えたヒトのセンスの凄さが光る。

入れ墨刑は主に盗犯に対して施行されていたそうで、この入れ墨刑は成人男性のみならず、子供や女性に対しても行われていたとのこと。

うん、いいね。
やっぱ、そういうことは皆に分かってもらわないと。

まぁ、ゴミや落書きで入れ墨だとなんだから、罰として、一か月は取れない塗料かなんかで「ゴミ」とか「フン」とか「ラクガキ」なんておでこに書いて欲しい。

そんなヒトが街を歩いていたら、皆でしっかり監視できるし。
いや、そんな刑罰があったらまずやる気にならないね。

いいじゃないか!と思ったけど、もし我が息子が何気なくゴミをポイ捨てしてしまって、おでこに塗料を塗られて帰宅したことを想像すると、ちょっとイヤ。
「そんなこと位で、ここまですることないじゃないかっ。」と思ってしまうかも。

いやいや、普段は帽子をかぶって見えなくしていても、お風呂に入る時におでこを見るたびに「なんであんな軽率なことをやっちゃったんだ、オレ。」と泣くほど後悔した方が、その後の人生をまっとうに歩くためには、親が説教を百万遍垂れるより効果があるに違いない。

実現した時のことを夢想してたら興奮してきた。
春になると、こうした妄想も膨らんで激しくなっていくものらしい。

あ、わたしだけ?

でも、実現してくれる政党があったらわたしは一票入れたいと思います。

つづく

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

おかえりなさい!

おぉ!やっとパソコン修理完了したんですねっっ♪♪
いがったいがった。
ひさびさにまきおかんさん節が読めてうれしいです。

ポイ捨て、、私もでぇっっきらいでっす!!!
自分の子が道ばたにゴミ捨てるような人間になってしまったら
子育て大失敗ですよねっ。
道ばたに平気でゴミ捨てて、自分の人生をゴミだらけにしちゃってさ、ほんとおばかさんってかんじ。

P.S.
おひなさま、飾っております。
結局また机の上に〜(しばらくお勉強はちゃぶ台で。)
せっくだしたけど、おひな祭りおわったらさっさとかたずけねばぁーー

ただいま!

幸さん、やっと修理完了しましたっ♪♪
「まきおかんさん節」?
単なる「おこりんぼおばさんのつぶやき」のような気が・・。(笑)
ポイ捨てに関しても親の担う責任は大きいですよね。
親としてお互い頑張りましょう。
(うちは既に成人してますが、まだしつけ終わってない感じ・・トホホ)

素敵なお雛様、きっと幸さんのご家族をにこにこ顔で眺めているんでしょうね。
あ、今日わたしも雪洞に灯をともそう。
プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR