マキオカサポートメンバーズクラブを立ち上げました。

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

12月も半ばを過ぎ、街行く人の歩調も慌ただしさを増したような氣がする今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
これから年末に向け、大掃除等、あっという間に時間が過ぎていく季節ですね。
我が家も今日は、冷蔵庫とキッチンの掃除をしました。

最近、うちのキッチンはとっても使いやすくなった。
行きつけの酒屋でワインの木箱をもらって調味料入れとして取り付けたり、使い道のなかった金属の皿置きをグラスホルダーとして使えるようにしたり、放ってあった酒樽の蓋を鍋敷きとしてカウンターに設置したり。
どれも廃品利用で、もちろんタダ(これ大事)。

そう、わたしは使われなくなったものを使えるようにするのが大好き。
とはいえ、いらないものを何でも使えばいいってもんじゃない。
身の回りに置くものには、わたしなりのこだわりがあるの。

そう思いつつ周りを見回すと、我が家はそういった物達で溢れている。
テレビ台は姪が引っ越しの時に捨てようとしていたテーブルだし、サイドテーブルとガスファンヒーターと電話機は友人がいらなくなったものを引き取ったものだし、桐箪笥や茶釜も近所のおばあちゃまが「捨てる」といったものを戴いた。
もちろん着物は全て母からの譲られた物だし、洋服だって娘がいらなくなったものを着ている(流石にこれはあまり評判がよろしくない)。

一旦捨てられたものを、より便利にお洒落に有用に。
むしろ元の姿より、年季が入った分だけグッと魅力的になるものが多い。

我が家にたくさんあるそういった物達は、人に例えるなら、現役の時より豊かな第二の人生を送ることによって、以前より数段かっこよく颯爽と生きている中高年といったところか。
いらないと思ってもすぐには捨てないで、しばらく経ってから「あれ、こういう風に使えるかも!」と閃き、それがうまくいった時の嬉しさよ。
こういったヨロコビ、お金がたっぷりある人には理解されないかもしれない。

それはともかく。

マキオカネイチャークラブのある牧丘町の近辺は、限界集落が多い。

『限界集落』
「過疎化などで人口の50%以上が65歳以上の中山間地域や離島を中心に、過疎化・高齢化の進行している集落。
このような状態となった集落では集落の自治、生活道路の管理、冠婚葬祭など共同体としての機能が急速に衰えてしまい、やがて消滅に向かうとされている。
共同体として生きてゆくための「限界」として表現されている。」

わたし達がマキオカを作り始めた頃「若い衆」と呼ばれて力仕事を任されていた人は、60歳代になった今でも「若い衆」と呼ばれ、同じ仕事を任されている。
年寄りが生きている限り、きっと70歳代になっても「若い衆」のポジションは揺るがないに違いない。

そうはいっても限界集落に身を置いてみると、昔から住んでいる人間にとってその暮らしは快適そうだ。
「お花見」や「お祭り」や「どんど焼き」など、年に何回も飲み会があるし、それ以外でも仲の良い人たちが「無尽」をしてカラオケだのお食事会だのを毎月楽しんでいる様子。
お互い、何十年もの付き合いで氣心も知れているし、お互いの癖や家の事情も分かっている。
それだけに人間関係がこじれると大変そうだけど、その手前でちゃんと調整できる人脈や知恵や間合いが長年の付き合いの中で蓄積されている模様。

もちろんいいことばかりではなく、消防団や農協や自治の仕事など、一人でいくつも役職を引き受けなければならないし、草刈りや地域の掃除など、皆でする作業も山ほどある。

わたしも含め、協調性に欠ける都会の人間にとってはちょっと難儀かも知れない。
そんな理由もあってか、人口は一向に増える気配は見えない。

牧丘は美しい。
特に新緑の季節は特筆すべきものがある。
でも、この美しい風景も人の手が入ったればこそ。
あと10年後、20年後、ここの景色はどう変わるのだろう。

             IMG_1383_convert_20161218141059.jpg

                                   
でも考えてみれば、マキオカネイチャークラブもある意味、限界集落と同じ問題を抱えている。
老境に差し掛かっているわたしは、あと何年マキオカを今の状態で維持できるだろうか。

IMG_1377_convert_20161218140944.jpg

一度手放してしまったら、この美しさを取り戻すのは難しいだろう。
自然や環境は、我が家の廃品達のようには容易に輝きを戻すことはできない。

主人が大好きで、亡くなる直前まで病院を抜け出してまで来ていたマキオカ。
わたしは神様から一時預かっているこの地を愛している。

そんなこんなで、今年の12月、マキオカサポートメンバーズクラブを立ち上げました。

『鳥のさえずりや川のせせらぎが聞こえ、山々の見渡せる素晴らしい地、山梨県牧丘町にマキオカネイチャークラブができ20年になります。
この度、マキオカネイチャークラブの活動をサポートしてくださるメンバーを募集することになりました。

年数回、マキオカネイチャークラブで一緒に作業していただき、交流を深め、楽しむ大人のクラブ活動です。
世代や職業を超えた新しい出会いを作り、面白く楽しい時間を共有しましょう。
わたし達と一緒に大人のクラブ活動を楽しんでみませんか?』

4月半ば頃、都合のいい人に来てもらって、一緒にマキオカネイチャークラブのオープン前の整備を手伝ってもらった後、一品一酒持ち寄りの打ち上げで、交流を深めてもらう。

他にもアイデア次第でいろいろなことができそう。
炭焼きとか、ツリーハウス作りとか、チェーンソー体験とかリース作りとか。

老若男女、住まいも職業の違うメンバーが風通しのよい関係を作りつつ、面白いことを無理なくやっていく。
そのクラブが成長していったら、地域に根差した活動もできるようになるかもしれない。
この美しい景色を維持することも、活力に満ちた笑い声を響かせることも。

わたしはマキオカからたくさんのものを戴いた。
少しでもそのお返しができたら嬉しい。
そしてわたしがあの地と縁を持てたことに意味があると思いたい。

どちらにしてもやってみなければ始まらない。

雪の坂道に転がした小さな小石が、数年後、どんな形になるか、とっても楽しみなわたしなのでした。


つづく





スポンサーサイト

54年ぶりの雪の日は(2)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

一昨日、今年のマキオカの営業が終わりました。
今年も楽しいことがたくさんあったマキオカネイチャークラブ。
また来期に向け、英気を養います。

それはともかく。

季節外れに降った雪に大はしゃぎして、夜中に4人で雪をかけ合った翌朝。
「大丈夫だと思うけど、まさかね」と、恐る恐る窓の外を見てみると。

うそ・・。

辺り一面銀世界。

           IMG_2033_convert_20161205200250.jpg

夜中5センチほどだった雪は、すでに15センチほどになり、しかもまだ降り続いている。
天気予報では、降ってもみぞれじゃなかったのか?

マキオカの白い世界は幻想的で美しい。

はっ、いかんいかん。
雪景色に見惚れているしている場合じゃなかった。

前日、お客様が泊まられるかもと思い、トレーラーハウスをセッティングし、タープを張っていたんだった。
もしかしたら雪の重みでタープを支えている支柱が壊れてしまうかもしれない。

AさんとBさんに一緒に雪かきをしてくださるよう、お願いする。
サイトに行ってみると、ティピィにもトレーラーハウスにも雪が降り積もり、案の定タープは雪の重さでたわんでしまっている。

 IMG_2029_convert_20161201130609.jpg

11月の雪は、ずっしりと重い。
ベランダに出してあった冷蔵庫をトレーラーに入れてもらい、炊飯テントをたたみ、タープを下げ、熊手や箒で雪を下してもらう。
タープを巻き上げようとするが、着雪でうまくいかない。

ああ、なんで夜中に雪が積り出した時、まず片付けようとしなかったんだろう。
はしゃいで雪のかけっこをしている場合じゃなかった。
バカバカ、わたしのバカ。

しかも「雪など積もるはずはない」と信じ込んでいたわたしは、チェーンを持ってきていない。
(持っていたとしてもつけられないんだけど)

東京からレンタカーでいらしたAさんが「チェーンを買ってきました」とおっしゃった時は「こんな時期にチェーンが必要になるワケないのに。しかもレンタカーに着けるチェーンなんか買って、もったいない」と思い、あまつさえチェーンが7000円近くしたことを聞き及び、「使わなかったら(使わないだろうから)わたしが返品しますっ!」と叫んだほど、雪が積もるなんて想像もしなかった。

わたしが悪うございました。
ぜんっぜん危機管理ができていませんでした。

Aさんがチェーンの取り付けの準備に入った。
流石だな、Aさん。

危機管理のプロのAさんは、日本中で講演活動をしている。
雪の中、Aさんのチェーンの取り付けを手伝っているBさんは、某一流企業でかなり偉い役職についていた方。

雪はしんしんと降り続き、20センチ近くになっている。
わたしは今日は鎌倉へ帰れないだろう。

雪を見ているとむくむくと遊び心が湧いてくる。

チェーンと格闘している男達の横で佇んでいるAさんの奥様に「そり遊びをしませんか?」と、お誘いしてみると「やりましょう!」と二つ返事が返ってきた。
早速、物置から子ども達が小学生の時に使っていたプラスチック製の小さなそりを出してきた。

入口の斜面でお尻の下にプラスチックの板を当て、坂を滑り降りてみる。

              IMG_2051_convert_20161201130741.jpg

おお、結構楽しい!!

次にAさんの奥さまも滑り降りる。

チェーンを付け終えた男たちが坂の方にやってきた。
何事も器用なAさんが、上手に滑り降りていく。
Bさんは坂の途中で止まってしまい、納得がいかなかったようで再挑戦する。

IMG_2045_convert_20161201130906.jpg

そこにふんどし息子も加わり、歓声を上げる。

                 IMG_2044_convert_20161201130841.jpg


まるで雪の日の小学校の校庭のよう。
社会的な地位も年齢も関係ない。
キャッキャと騒ぎまくるいい年した大人5人。

こんな得難い時間を過ごしている時、わたしは思う。

年齢を重ねたわたし達は、冬の天の川だ。
天の川銀河の中心方向を見ている明るくて太い夏の天の川に比べ、天の川銀河の外側方向を見ている暗く細い、冬の天の川。

若い頃には、あって当然と思われている好奇心や稚気が、年を経たわたし達の中にも眠っている。
暗く細くなってはいるが、夜空をじっと眺めていると、確かにそこに存在している。

冬の夜空を横切るように存在する雲状の光の帯は、街中では人工の光源のためにその姿を現すことができないけれど。

その後、Aさんはレンタカーにチェーンをして東京に、スタッドレスタイヤを付けていたBさんは北杜市に、無事お帰りになられた。
わたしとふんどし息子は久しぶりに薪ストーブを楽しみつつ、マキオカで一夜を過ごした。

翌朝は、一転見事な青空。

                 IMG_2058_convert_20161205214653.jpg

眼下に雲がたなびいているのが見える。

        IMG_2059_convert_20161205215228.jpg

ベランダに積もった新雪に顔をうずめてみる。

                  IMG_2064_convert_20161205214755.jpg

おお、親子の見事な顔型が取れた!

               IMG_2063_convert_20161205214815.jpg

アホですな。

神様の恩寵のようなよき時間でした。
今年の初め、何故よりによって「11月23日にしましょう」と言い出したのかと、我とわが身を悔やんでいたけれど。

やっぱり雪は楽しい。
そして人生も、面白い。


つづく






プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR