塩素の入っていない美味しいお水を飲めるキャンプ場。

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

シーズン真っ盛りのマキオカは、今一年中で一番忙しい季節。
が、実は今年はそうでもないの。

いや、お客様のご予約は順調に入ってますよ。
いつも以上に。
6月の段階で10月のご予約を戴くくらい「ん?どした?」というほど、順調です。

ではなぜいつもより忙しくないかというと。
わたしは今年の4月にマキオカネイチャークラブのFBにこんな文章を載せた。

「日に日に暖かくなり、いよいよキャンプシーズンが近づいてきました。
マキオカネイチャークラブもよりよいキャンプ場を目指し始動いたします。
価値観の大きく異なる現代、食へのこだわりや好み、スタイルも人によって全く変わってきています。
皆様に、より楽しくお過ごし頂けるよう、朝食サービスを以下に変更いたします。

変更内容
・従来のスタイルの朝食のご用意はいたしません。
・センターハウスを朝7時より9時までお使い頂けます。
・センターハウス内のトースターやカップやグラス、お皿、ガス台等もご利用頂けます。
・ご利用頂いた食器、ゴミ等の片付けは各自でお願いいたします。
コーヒーなどのお飲物もご用意させていただきますので、慌ただしいお出かけ前の時間をゆっくりとお過ごしください。」

そう、去年までうちは無料朝食サービスをしていた。
キャンプをすると食事の支度と片付けで終わってしまうので、朝食だけでもあったら朝の慌ただしい時間にゆっくりして頂けるのではないか、という考えの基づいたサービスで、大変ご好評を頂いていた。

ところが今年に入って保健所から「食事を出すのであれば、井戸水に塩素を入れてください。」というご指導があった。
熟慮した結果「大枚はたいて65メートルも井戸を掘って、せっかくこんな冷たくていい水が出たのに、これに塩素を入れるくらいなら朝食サービスを止めよう!」という決断に至ったのだった。

で、なぜそれほどまでに塩素を入れるのを避けたかったかと言えば、以下のようなことを漏れ聞いていたから。

世界でNo.1塩素濃度,アトピーと塩素

水道水の危険性・塩素量は世界一

『水道水がもっとも問題視されるのは、腸に共生する細菌類の減少を招くことです。
腸は人体最大の免疫器官です。腸を健康に保つことは、健康長寿をまっとうするためには重要なポイントです。
私達の腸には2万種、1000兆個もの腸内細菌が棲みつき、免疫機能の働きを助けています。
私達の免疫機能は、この細菌叢(腸内フローラ)によって活性化されています。多種多様な菌群による腸内フローラが腸管全体に広がっている状態ほど、免疫力は高まるのです。
ところが、水道水に含有される塩素は、強力な殺菌力を発揮し、この腸内フローラを荒らしてしまいます。
日本人は水道水に混入する大腸菌におびえるあまり、世界で類のないほどの大量の塩素を水道水に注入しています。』

なんでも、日本の水道水は世界水準と比べると、塩素量が極端に多いらしい。

『WHOは「水道水中の大腸菌群の混入は100回検査して5回以内なら合格」しているのに対して、日本では「検出されないこと」とされています。(これは大腸菌がゼロでなくてはならないこということ)
そのため日本の水道水には大量の塩素が注入されているのです。』

ふーむ、やたら「キレイ好き」といわれる日本人らしい・・。

近くの集落の簡易水道も「塩素を入れるように」と、保健所が時々見に来るというし、温泉だって塩素を入れないと営業許可が下りないという。

ちょっとお。
どんだけ日本人もれなく塩素入りの水を飲ませたいんだ。

確かに「水道の原水は様々な雑菌を含んでいて、塩素で殺菌されて安全になる」という考え方がある。
「殺菌されない水道水は、危険極まりない」とか「大人は腹をこわす程度で済むが、体力のない乳児にとっては命の問題になる」とか。

でも日本は「塩素大量投入」には50年の歴史しかないという。

それまで我々のご先祖はちゃんと生活を営んできたし、乳幼児には沸かし直しの水を与えたりして問題なく生きてきた。
(あ、マキオカネイチャークラブにいらして下さった方には「当キャンプ場のお水は生水ですので、ご心配な方は沸かしてご利用ください。」とご説明させて頂いております)
そして「水が豊富な国」「水道水がおいしい国」といわれてきた。

塩素は、強い細胞破壊力があり様々な「発がん性」をもつ有機塩素化合物を生成し、アトピーやアレルギーの原因となっているといわれている。

そんな塩素を何が悲しくてうちのキャンプ場の井戸水にいれなければならんのかっ!!
ぐぬう。保健所のヤツめ・・。

皆さんに喜んで頂いていた朝食サービスを断腸の思いで止めた裏にはこんなワケがあったのですが。

蓋を開けてみれば、あーら不思議。

朝食用のお買い物も行かなくていいし、朝食を作る手間も片づけの手間もなくなり、その時間を草むしりやメンテナンスに回すことができてとっても楽ちん。

お客様も夕食のバーベキューの残りを召し上がったりしながら、氣が向けばセンターハウスでコーヒーをゆっくり飲んだりして、楽しそう。

きっと神様が、老骨に鞭打ち髪振り乱して働いているわたしをご覧になって、アワレを催してこのようにして下さったに違いない。

いやー、わたしの座右の銘の「転んでもただじゃ起きない」というか「災い転じて福となす」そのまんまですな。

終わりよければすべてよし。
保健所のYさん、陰でワルグチ言ってゴメンね。


つづく

スポンサーサイト

除草剤を使わないキャンプ場

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

ここのところ草木の成長が著しい。
ちょっと放っておくと、恐ろしい程の勢いで辺りを覆い尽くそうとする。
植物のチカラは本当に凄まじい。

マキオカネイチャークラブは除草剤を一切使っていない。
きっかけは井戸を掘ったこと。

せっかく井戸水を土地の神様からお分けして頂いているんだから、除草剤なんかを使っては申し訳ない。
キャンプ場はお子さんもたくさん来るし、テントで寝たりして土との距離が大変近い場所。
除草剤を使うぐらいなら、お客様には多少草が生えていても目をつぶって頂こう。
そう考えて除草剤を使わないことにしたのだった。

たぶん都会の皆さんは「それがどうした」と仰るに違いない。
が、実はこれ、ものすごく大変なことだった。

わたしはマキオカで腱鞘炎になるほど草むしりをしている。
毎回6時間ぐらい。

マキオカに住んでいるんなら毎日分散してできるんだろうけど、わたしはお客様がいらした時だけ鎌倉からマキオカに向かう。
ほぼ毎週行っているのだが、大急ぎで草むしりを含めたメンテナンスをするのは、本当に大変。
わたしもやってみて「こ、これほど大変だったとは。」と、泣きべそをかきつつ天を仰ぐこともしばしば。

うちのような2区画しかない小さいキャンプ場でさえこんなに大変なんだから、普通のキャンプ場はほとんど除草剤を使っているんだろうなぁ、と実感する。
だっていくら頑張っても小さな草が後から後から生えてきて、まったく草のない状態になんかできないのだから。

そんな話を近隣の農家の方にすると、皆さん不思議そうな顔で「そんなの無理に決まってるずら。馬鹿なことよせし。除草剤を使えし。」と、こともなげに仰り、半ばあきれ顔をされる。

そう、もはや除草剤は農家の人たちにとっては生活の一部であり、それなしではあの手入れの行き届いた庭や駐車場は成り立たなくなっている。

「除草剤はよくない」と言うのは簡単だけど、超高齢化の進んだ過疎の村では、頭でっかちの都会の人間のようなキレイ事を言っている場合ではないのだ。
周りの方々を見ていて心の底からそう思う。

鼻息荒く「除草剤は使わない!」と言っているわたしだって「除草剤を使えば細かい雑草も全く生えなくなるから草むしりもそんなにする必要がないし、砂利のところもすっかりキレイになるよ。」と言われると、グラッとくる。

ましてや若い働き手のいない家で、畑を守るために普段から極限まで頑張っているお年寄り達には、除草剤を使う以外選択肢はないのではなかろうか。

除草剤の安全性について、肯定派と否定派では言っていることが全く違う。

肯定派は『枯葉剤というのは除草剤のうちの一つではありますが、一般的にホームセンターなどで購入して庭の雑草駆除などに使用するものというのは、ベトナム戦争で使われたようなものとは含まれている成分なども全く異なっています。
一般的に販売されている除草剤というのは非常に毒性が低く、子供やペットがいる家庭で使用しても全く問題ないとされています。』なんて言ってる。

それに対し否定派
『生命ある植物を枯らし、しかも人体にまで影響が出るほどの薬剤であることは、濃度の濃さなどは違うのかもしれませんが、枯葉剤も農薬も除草剤もほぼ同じです。
(中略)
除草剤ほど怖いものはありません。
根強い雑草を根こそぎ枯らしてしまうという除草剤の正体は、忌まわしいベトナムの枯葉剤やオームのサリン事件で用いられた化学物質の仲間が除草剤にも含まれているといわれています。』
『ベトナム戦争での枯葉剤の製造メーカーでもあったモンサント社が開発し、最も安全な除草剤として数十年に亘り世界の市場で販売されてきたグリフォサートアンモニウム塩を主成分とする除草剤「ラウンドアップ」
(中略)
グリフォサート除草剤、「ラウンドアップ」は散布後、直ちに生物分解されて無害物質に変化するとメーカーは宣伝してきました。
実は、それは真っ赤な嘘であり、アメリカでもヨーロッパでも、提訴された法廷で、虚偽宣伝として有罪判決を受けました。』

わたし達は今、魔法の世界に住んでいる。
空も飛べるし、遠くにいる人の様子を知ることもできる。
あっという間に温かい食べ物を作ることもできるし、難しい病気を治すこともできる。
そして直接手を下さずして、たくさんの生き物を瞬時に殺すことも。

その魔法の一つが除草剤だ。
「ここに草が生えなくなったらいいな。」と思うところに魔法をかけると、あーら不思議、草一本生えなくなる。

だけど、あの生命力あふれる植物たちが全く生えなくなるなんて、いったいどんだけ強力な魔法なんだ。

わたしはそれが恐ろしい。
植物は根こそぎ殺してしまうけど、動物や子どもには一切害がないなんて、わたしは信じない。

どんなに偉い学者先生が口を酸っぱくして「大丈夫だ」と言っても、わたしの生き物としての本能が「コイツは危険!」と叫ぶ。

わたし達がキャンプ場を始めたのは「自分が来たいと思えるキャンプ場を作ろう」と考えたのがきっかけだった。
わたしは自分が行くキャンプ場には除草剤を撒いて欲しくない。

だからわたしは今日も老体に鞭打ち、草むしりをする。

つづく

「祈り」は届く。

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

ここのところマキオカのご予約が絶好調だ。
すでに10月のご予約を戴いている。

喜びつつも「急にどうしたんだ?」と訝しむわたし。
おばさんはとっても疑い深いの。

一つだけ思い当たる節がある。
それは「祈り」のチカラ。

ご存じの方もいらっしゃるかもしれないが、我がふんどし息子は去年9月にみち鍼灸治療院を開業した。
親子そろって自営業のわたし達。
いらして下さるお客様だけが命の綱。

そこで6月に入り、ふんどし息子に提案した。
「マキオカネイチャークラブとみち鍼灸治療院にお客様が来て下さるよう、千客万来、商売繁盛を神様にお祈りしてみよう。」と。

我が家にはものすごく立派な特大の茅葺の神棚が、六畳間に鎮座している。
3年前の遷宮の年に、伊勢神宮にふんどし息子とお詣りした際、あまりに素晴らしかったので衝動的に一番大きな神棚を選んでしまった。

が、届けられた箱を広げてみると、思いの外、巨大な神棚が出てきてびっくりした。
六畳間の真ん中で、茫然としているわたしと「ど、どうすんだよ、これ。」と、咎めるような眼差しを送るふんどし息子。
今やその部屋は治療室になり、神棚は患者さんを見守っている。

それはそうと。

その日以来、わたしは朝晩のお詣りの際、「千客万来、商売繁盛。いらして下さった皆様に喜んで頂ける仕事ができますよう。たくさんの方に来て頂けますよう。」と、祈り始めた。

そうしたら、あーら不思議。
なんとしたことか、突然マキオカネイチャークラブのご予約が、立て続けに入り出した。

ホントですってば。
突然、怒涛のごとく。
まるで、何かがコトリと音を立てて動き出したように。

いや、もちろんシーズンになったというのもありますよ。
だけどね、6月半ばで9月、10月までご予約をいくつも戴くなんてことは、今までに経験がない。

わたしは本氣で「あのお祈りが効いた!」と信じている。

ここ数年、アメリカを中心とした先進国の中では『祈り』というものが、新しい視点で大変注目を浴びているらしい。

10年以上にわたり『祈り』の効果を客観的に研究している「スピンドリフト」という組織があり、祈り方や祈りの時間の長さ等々、効果のある「祈りの方法」について調査をして、以下の7つの特徴がわかったんだという。

1.『祈り』は実現する

2.苦しい時ほど『祈り』の効果がある

3.『祈り』の量は『祈り』の効果と比例する

4.対象を明確にした祈りが効果的

5.祈りの対象の数が増えても効果は減らない

6.祈りの経験の長い人ほど祈りの効果が大きい

7.「無指示的な祈り」は、「指示的な祈り」より効果が大きい

ふむふむ、納得。
今回は驚くほどはっきり実感ができたが、ここまでではなくても今までの人生で「祈りが通じた!」と感じたことはたくさんある。
去年、母が脳挫傷になった時も「祈り」の力を実感したもんね。

「祈り」に関して最新の量子力学では
『微視的な量子の世界では、人が観測するまで物体はあらゆる状態で存在するとしています。
物質の状態は観測されることでひとつに収束して確定すると言われています。
つまり、最新の科学が導きだした答えは、「人の意識が現実を創造している」ということです。』と、考えられているらしい。

わたし達が無意識に感じたり思ったりすることが現実世界に影響を与えていると思うと、ちょっと空恐ろしい。
だって「祈り」が効果があるのであれば、「呪い」にも同じように効果があるのだろうから。

今の狂ったような日本を見ていると、ふと「この国は、どこかで誰かに呪いをかけられたのではないか」などと思ってしまう。

この国の未来ために、子ども達のために祈らずにはいられない。
どうか、どこかでかけられた「呪い」を跳ね返せますように、と。

もうすぐ、これからのこの国の流れを決める参院選がある。

日本人とは、もともとは『祈り』の民であり、『祈り』は人々の生活の一部でもあったという。
それは、古代より天皇が「祭司(さいし)王」と呼ばれ、国を代表して専門に「祈る人」であった影響もあるのかもしれない。

わたしは祈り、そして選挙に行く。

七代先の子ども達に誇れるように。
この国の未来が輝くように。

つづく
プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR