「家のそばには大きくなる木を植えてはいけない」はホント。

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

5月というのにすっかり夏の氣配漂う今日この頃、皆様どのようにお過ごしでしょうか。
マキオカもいつもより雑草の生え方が速いような氣がします。
またもや草むしりの季節がやってきた。
あー、ヤダヤダ。

とはいえ除草剤を使わないと決めた以上、マキオカに行けばひたすら草むしりをするしかないの。
この間なんて氣が付くと3時間も草むしりをやってたもんね。
草むしりという単純作業ををし続けているうちに、半眼になり無我の境地になるわたし。
「草むしり瞑想」なんて実用的でいいのではなかろうか。

お蔭でわたしの手は、シミ、シワはもちろんのこと腱鞘炎にまでなる始末。
糠味噌臭いだけでなく、草むしりのし過ぎで腱鞘炎になっている初老のオンナって、なんか、悲しい・・。

それはそうと。

わたしはマキオカに来て学んだことがある。
それは「家のそばには大きくなる木を植えてはいけない」という家相は本当だということ。

実はマキオカにある木は一本一本亡き主人と一緒に植えたもの。
20数年前、緑に囲まれたカッコいいキャンプ場になった未来のマキオカネイチャークラブを思い浮かべながら、白樺や樅ノ木を二人で植えていった。
先日アップした「マキオカネイチャークラブの顔が変わりました。」で写っていた看板の後ろの樅ノ木もその一つ。
まだクリスマスのライティングが一般的でなかった20数年前、小さな樅ノ木を植えてライティングをした後、どのように見えるか向かいの山の林道まで車を走らせたっけ。

あの可愛らしかった樅ノ木が今や天に届かんばかりの勢いでそそり立っている。

うーむ、デカい。
樅ノ木って、こんなに大きくなるものなのね。
知らなかった・・。

ということは、もしや・・。

ふと不安になり、センターハウスの横に植えた樅ノ木に目をやる。
これは13年ほど前に、物置の目隠しのためにふんどし息子と一緒に植えたもの。
センターハウスから3メートルほど離して植えたが、今や枝はセンターハウスに届き、梢は屋根より高くなっている。

そういえば最近センターハウスの建て付けがやけに悪くなっているんだけど・・もしやこれのせい?
よく見ると太い根がセンターハウスに向かって伸びている。
こ、こいつかっ!!

看板のそばの巨大な樅ノ木と同じ大きさになった様子を思い浮かべ、ちょっとゾッとする。

もしかしたらこれ、今のうちになんとかしなきゃいけないんじゃないの?
これ以上大きくなったら素人の手に負えなくなっちゃうんじゃないの?

一瞬自分で伐ってみようと思ったけど、ど素人で腱鞘炎のおばさんが一人で木を伐って、万が一のことがあったら、子どもを始め周りの人間にどんだけ罵詈雑言を浴びせられるかと思ったら、ちょっとコワくなって止めた。

ちょうどふんどし息子が来ることになっているので、ヤツに頼もう。

とはいえここまで大きい木は、無闇やたらに伐ることはできない。
どちらに倒すか考えなければならないし、倒したい方向に行くよう誘導しなければならない。
普通ロープを使ってやるようだけれど、そんなに上の方に届く脚立はないし、みっちり枝が生えているのでよじ登ることもできない。

ある方にご相談したら、倒したくない方の枝を伐って軽くしておき、倒したい方向を重くして誘導するという方法があるという。

なるほど!
ふんどし息子に頼む前に、片側の枝を伐っておく。

IMG_1393_convert_20160524120450.jpg

連休中に遊びに来たふんどし息子に状況を説明して、電動チェーンソーで木を伐ってくれるよう頼む。
思い出をこよなく大事にし、動植物を愛するふんどし息子は最初渋っていたが、なんとかやってくれることになった。

雨天時にベランダでタープを張る時に使いたいので、幹の上の方で伐ってもらう。

                        IMG_1397_convert_20160524120548.jpg
                  

IMG_1395_convert_20160524120517.jpg

倒れる側を楔形に伐っておいてから、反対側から伐らないとチェーンソーの歯を噛んでしまう。
今回は上の方で伐っているので、倒れる際、幹がずれてしまったらかなり危険なのではないか、とドキドキする。

離れたところで見守っていると、幹がミシミシと音を立て始めた。

                           IMG_1398_convert_20160524120633.jpg

ドウッと倒れ込む樅ノ木。

                     IMG_1400_convert_20160524120705.jpg

倒れてから見た方が大きさが実感できる。
物言わぬ巨人が倒れたようで胸が痛む。

見事、樅ノ木を目標の倒す位置に倒してくれた息子よ、ありがとう。
あんたはもう一人前だ。

伐採は幹を伐っただけでは終わらない。
枝を払い、運び、幹をさらに半分に伐って乾燥させる。

切り口にお酒を振り掛け、感謝とお詫びの言葉をいうふんどし息子。
なかなかいいオトコに育ったものよのう。

時は知らず知らずのうちに、あらゆるものを変えていく。
樅ノ木の梢が知らぬ間に屋根を追い越したように、息子もいろいろな場面で母を追い越しているのだろう。

樅ノ木よ、今までありがとう。
そしてごめんね。

君のお蔭で時の流れや息子の成長が実感できたよ。
そう、息子の成長・・ん?
                                IMG_1402_convert_20160524120830.jpg


・・・巨大猿、もとい、ふんどし息子は体は大きくなったし力も付いたけど、精神面では小学生からあんまり変わってないことが実感できた母なのでした。

つづく
スポンサーサイト

キャンプイズムでご紹介いただきました。

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

いよいよキャンプシーズン。
我がマキオカネイチャークラブも皆さんにお楽しみ頂けるよう、鋭意準備を進めております。

なんといっても去年との一番の相違点は、連休、夏休み以外でも大人4名様からご利用頂けるようになったこと。
今まではお客様がいらっしゃる度に鎌倉からマキオカに行き、独りでティピィを設営、水の管理等をしていたので、体力的に非常に厳しかった。
だから8名様以上のパーティキャンプのお客様のみに限定させて頂き、せっかく少人数のお客様からお申込みいただいても泣く泣くお断りすることが多々あった。

やっといろいろなことが解決し、平日であろうと通常の週末であろうと、お受けすることができるようになりました!
やれ、めでたや。(何がだ)

それはそうと。

以前わたしのいない時にマキオカにキャンプイズムのSさんという方が来られて、マキオカの写真を撮って帰られHPに掲載して下さったことがあった。
4月に入り、Sさんから「伺いたい」とのお電話を戴き、わたしも一度お会いしたかったし、留守をしてしまった非礼をお詫びしなければ、と思っていたので、マキオカでメンテナンスをする日をその日に合わせ、お約束の日を楽しみにしていた。

草むしりをしながらお待ちしていると、Sさんがもう一人の方を伴われやって来た。
お二人とも快活そうで、笑顔が素敵で、魅力的な方達だった。

お話を伺うと、会社を辞め本格的にこのお仕事を始められたのだそう。
マキオカのコンセプトなどをお話させて頂き、キャンプサイトをご案内する。

わたしはご挨拶程度と簡単に考えていたのだが、写真を何枚も撮って下さり、どうやら取材のために来て下さったようだった。

ちょ、ちょっと待って。
わたし、ただのご挨拶だと思っていたからすっごくキタナイ格好なんですけど。
(お客様がいらっしゃるのが分かっていてそれもどうかと思うが)
草むしりをする時しゃがんでも苦しくないようにぶかぶかの娘のお下がりのGパンを履いてるし、お化粧も日焼け止めくらいしかしてないんですけど。

顔を引きつらせながら写真を撮られる。
あー、それでなくても加齢が氣になるお年頃。
顔の造作、シワやシミはともかくとして、服装だけでもなんとかしないといけないのではなかろうか。

がっ!
「写真を撮られるのであれば、着替えてきますっ!」などというカッコ悪いことはわたしにはどうしても言えなかった・・。

おばさんにはおばさんの見栄っちゅうもんがあるの。
「みっともなくは写りたくないけど、そんな風に考えているというのを人様(それもカッコいい男性に)知るられるのはとってもイヤ!」という。

そんなおばさんの悶々とした氣持ちなど知る由もなく、Sさん達は初夏の風のようにサワヤカにお帰りになったのでした。

その時の様子が、コレ。
                        ↓

Campism| for all camp lovers! マキオカネイチャークラブ|インタビュー取材

なんとマキオカネイチャークラブの空撮動画もご覧頂けます。
強風の中のドローンでの撮影は大変だったとようですが、鳥になって空中を浮遊しているような気分を味わえます。

Sさんの志や矜持の感じられる素晴らしいサイトになっている。
わたしなんて、感動のあまり涙が出そうになっちゃった。

是非ご覧ください!

それにしてもトレーラーとティピィをバックに写っているわたしの格好ったら。
冒頭のわたしの写真、ふんどし息子に「ネズミ顔」って言われました。
とほほ・・。

つづく

マキオカネイチャークラブの顔が変わりました。(2)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

新しくなったマキオカネイチャークラブの顔を想像しつつ、にやけ顔でマキオカを後にしたわたし。
3日後の4月29日早朝に再びマキオカに戻ってきました。

どうなっているのかなぁ、
センスのいいHさんにお任せでお願いしているから、予想がつかない。
ホント、とっても楽しみっ!!

ワクワクしながらマキオカに行く坂を上る。

おお、遠目からも分かるぞ。
何やら入り口が新しくなっている氣配!
                        IMG_1381_convert_20160512101719.jpg

うわー!かっこいい!!

IMG_1373_convert_20160512100424.jpg

サイトに入る入り口は広くなり、パーキングの看板はこちらに移動。

                                     IMG_1376_convert_20160512100455.jpg

後ろから見てもかっこいい!!

IMG_1377_convert_20160512100515.jpg

よく見ると細かいところもお洒落。
これは馬蹄で作った飾りに、我が家が20年以上前にバリで買い、センターハウスの軒下でカラコロ地味に音を立てていた竹の鳴り物を掛けてある。

                                  IMG_1392_convert_20160512100744.jpg

いいですねえ!!

実はHさんに無理を承知でお願いしていることがあった。

サイトにはブロックでできたカマドがあり焚火ができるようになっているが、年月が立ち木々が育ってしまったために、そこで焚火をすると樹が痛んでしまうのではないかと以前から氣になっていた。
前回Hさんにご相談したら、ドラム缶を利用したバーベキューコンロを下さるとおっしゃっていたが、そのままになっていた。

自分で作った不細工なカマドを見る度に「これ、何とかならないかなあ。」とため息をついていたわたし。
今回久し振りにお会いした際、ここぞとばかりにその時のことを持ち出し「何とかお願いしますっ!!」と迷惑顔のHさんにゴリゴリとお願いし、裏庭に転がっていたドラム缶で2台の大きなバーベキューコンロを作って頂けることになった。

まったくおばさんってヤツは。
厚かましいというか、図々しいというか。

Hさん、どうもありがとうございます!
そしてスミマセン・・。

それがこれ!

IMG_1378_convert_20160512100532.jpg

うっしっし。
かっこいいでしょ。

車輪が付いていて移動可能。
しかもここにも馬蹄の飾りがお洒落に付いている。
パーティキャンプの大人数でもばっちり!
なんて器用なんだ、Hさん。

あまりのカッコよさに、ゴリ押ししたのも忘れてつい鼻の穴を広げて自慢したくなるわたし。

しかも後から氣が付いたんだけど、以前作って頂いたベランダに防腐剤まで塗って下さっていた。
なんて親切なんだ。

Hさん、Kさん、本当にありがとうございましたっ!

                     IMG_1370_convert_20160512100349.jpg


せっかく一生懸命作って頂いたマキオカの顔。
無駄にするワケにはいかん!
本氣でかっこよくするぞ。

早速、花壇に芝桜を植えてみる。

IMG_1389_convert_20160512100722.jpg

さらに白樺の枝に、昔バリ島で作ってもらったプレートを飾ってみる。

                       IMG_1379_convert_20160512100606.jpg

ふむ、なんだかとってもいい感じ。(自画自賛)
誰も褒めてくれないから自分で言うけど。

皆様、是非マキオカに遊びに来て下さいね。

つづく

マキオカネイチャークラブの顔が変わりました。(1)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

無事連休も終わり、やっと日常が戻って参りましたね。
皆様、楽しい時間をお過ごしだったことと思います。
マキオカにいらして下さった皆さんにもご満足いただけていたら嬉しいのですが。

それはそうと。

3月に久し振りにマキオカにメンテナンスに行ったところ。

がーーーーん。
マキオカネイチャークラブの顔ともいえる入口が、ボロボロになっている・・。

IMG_1355_convert_20160508140911.jpg

風雨にさらされ、ついに壊れてしまったのね・・。

これは20年ほど前に主人と二人で間伐材で土止めをして、そこに器用だった主人が手作りのゲートを作ったもの。
それが主人が亡くなってから手を入れられずボロボロになり、見かねた甥の友人が10年くらい前に直してくれた。
可愛いロゴやパーキングの看板も作ってくれ、感激の涙を流したものだった。

うぅ、不器用なわたしにはいかんともしがたい。

連休前にリニューアルをお願いしたのは、以前もティピィ、ベランダを施工してくださり、わたしがそのセンスに絶大な信頼を置いているHさん。
なんとか4月26日に来て下さることになった。

早朝、以前もお手伝いしてくださったお友達のKさんも、一緒に来て下さった。
早速看板を外し、解体を始めるお二人。

                        IMG_1358_convert_20160508140944.jpg

おおー、あっという間に解体が終わり、今度は昔、葡萄棚に使われたまま放置されていたコンクリートの柱を土台に再利用していく。

IMG_1360_convert_20160508141023.jpg

それだけでなく、段の部分を花壇に利用しようっていう素晴らしいアイデア!

                                   IMG_1362_convert_20160508141053.jpg

むう、やりおる。
できるオトコ達は一味違う・・。

次にチェーンソーで後ろにある樅ノ木の枝をバッサバッサと伐る。

この樅ノ木はマキオカネイチャークラブのシンボルツリーとして、昔、家族皆で植えたもの。
子どもが小さかった頃、クリスマスにライティングをして、向かいの峠道に車を走らせ、どんな風に見えるか見に行ったなあ。

わー、すごいぞすごい。
スッキリとして、木も喜んでいるかのよう。

                      IMG_1364_convert_20160508141202.jpg

次に穴を掘って、根元を焼いた丸太を埋めていく。

              IMG_1367_convert_20160508141254.jpg

わたしは変身物が大好き。
「劇的ビフォーアフター」とか「完成!ドリームハウス」とか。
「ビューティー・コロシアム」なんかも興味本位でつい観てしまう。(あれ?違うか)

「うー、いったいどんな風になるの?」と、ワクワクするわたし。
が、残念ながらこの日わたしはここで帰らなければならなかった。

こんなに身近なビフォーアフターを最後まで見られないのは極めて残念だが。
楽しみは後に取っておくことにしよう。

新しくなったマキオカネイチャークラブの顔を想像しつつ、にやけ顔でマキオカを後にしたわたしなのでした。


つづく
プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR