やってみろし、流しそうめん!

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

今日ちょっとした用事があったので、5日ぶりにマキオカから鎌倉に帰って来ました。
明後日には戻らなきゃならないから、何かと忙しい。

それはそうと。
先日いらしたお客様から「近くに竹がありませんか。」と聞かれました。
聞けば流しそうめんをやりたいとのこと。

流しそうめん!
何と遊び心をくすぐる響き!!

そういえば去年いらしたお客様が、「流しそうめんセット」をリース会社から借りてやってたけど、皆さんとても楽しそうだった。

わたしも「お、流しそうめんセット、備品であったら楽しいかも。」と思ってネットで探したけど、作りがチャチなくせに一万円もしたからアホらしくなってやめたんだっけ。

あれからすっかり忘れてた。(ボケ?)

何とかならないかな。
あったら絶対楽しいよね。
流しそうめんセット。

非日常的で、ちょっと馬鹿馬鹿しいけど、何だか憧れる。
そうそう、ドラム缶風呂と立ち位置が一緒。

これは何とかせねば!

とはいってもケチなわたしは通販で買う気はさらさらないの。
あんなチャチなものに大枚を払いたくなければ、考えろ。
考えるんだっ、わたし。

いつものように、念ずれば通ず。

ひらめいたのは、ホームセンターとかで売っている雨どい。
あれって、流しそうめんにぴったりなのでは?
竹よりメンテナンスも簡単だし、衛生面でも安心。

早速ホームセンターに行ってみる。
おお、いいじゃないか。
長さもぴったりだし、何といってもお安い!
1200円弱。
うん、納得のお値段。

すぐ購入し、わたしの愛車、赤いパッソに何とかはみ出しながらも積み込むことができました。

そういえば一昨年大きな竹の笊があんまり安かったから「何かに使えるかも。」と思って、買っておいたのがあったっけ。
あれをそうめんの受け皿にしたらいいのでは?
そしてその下に水を受けるプラスチック容器置けばばっちりじゃん。

あー、ケチの神様が寿いで下さっているような気がする。
自分の安いモノを有効に使う才能に溺れるわあ。

そうこうしている内にお客様がいらっしゃいました。
早速お客様に流しそうめんを試していただきました。

流しそうめん(1)

                流しそうめん(2)

わぁ、楽しそう。
特に小さいお子さんたちは大喜び。

皆さんに喜んで頂き、わたしも嬉しい。

そうめんを冷たい井戸水で流して食す。
時には薬味、ミニトマトなんかを流してもいい。
子供だけでなく大人だってすっごく楽しい。

わたしの考えたやっすい流しそうめんセット。
是非お試し下さい。

つづく









スポンサーサイト

正しい大人の夏の楽しみ方

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

先日息子と『鎌倉美学』というお店の4周年パーティに行ってきたわたし。
そこでお洒落なご夫婦と知り合いになりました。
後から奥様からご連絡を戴き、鎌倉の花火大会の日に行われるという、長谷のご自宅でのバーベキューパーティにご招待して頂きました。

う、うれしい。
けど、一回だけしかお会いしていないわたしなんかが伺っていいのでしょうか?
ちょっと図々しいんじゃないか、と思ったけどあまりに楽しそうだったので大喜びで伺わせて頂くことにしました。

息子にも声をかけて頂いたのですが、仕事で残念ながら行けないとのこと。

それでいいのだ、息子よ。

けっけっけ。
まだ人生を楽しむには30年早いんじゃ。

わたしなんぞこの歳になってやっと「花火を見ながら楽しむバーベキューパーティ」なんていう小洒落たイベントにお誘いを受けることができたんだからね。

そして昨日江ノ電に乗ってお洒落ご夫婦のお宅にお邪魔してきました。
長谷の海のそばの素敵なお家。
ベランダからは鎌倉の海が一望できます。

いらっしゃっている方たちは、やっぱり皆お洒落。
奥様がやってらっしゃるフラのお仲間や、ご主人のバンド仲間、実業家の方など多種多彩。

ぬう、ただのおばさんのわたしが溶け込めるだろうか?

そんな懸念をよそに、いよいよバーベキューパーティが始まります。

              青木宅 バーベキュー食材

青木宅 バーベキュー

うわぁ、やっぱ、違うわ。
高級なハマグリやサザエ、キレイに飾られた野菜たち。
いろいろな種類のディップがとってもお洒落。
山梨でわたしがいつもやる、焼きそばとか野菜炒めとかやっすいお肉を炭火でごまかして食べる手抜きのバーベキューとは全く似て非なるもの。

そうか、これが本当のバーベキューなんですね。
勉強になりました。
今までわたしがやってたあれは単なる焼きそば大会。

そうこうしている内に花火が上がり出しました。

                  青木宅 花火

屋上に上がって花火を眺める大人たち。

おお、こりゃサザンの世界じゃないですかあ!

更にご主人の音楽に合わせてフラを踊る奥様にうっとり。
なんだか自分までお洒落な人間になったかのような錯覚に陥る。

それもそのはず、最初の心配はどこへやら、ワインを戴いてかなり酔っぱらってたんですね。
最近歳のせいか、楽しくお酒を戴くと調子に乗っちゃう傾向があるの。
そして調子に乗るとどうなるかというと、説教っぽくなったり、妙にはしゃいだり、面倒臭くなったりするんですね。

あー、思い出すと嫌な汗が出てくるからこの辺にしておこう。

お洒落ご夫婦のお家を出てから、若い皆さんにお世話をしてもらいながらふらふら帰宅したわたし。
息子に「何故連絡をしてこないっ!」としこたま叱られたのでした。

怒られるから言いたくなかったんだけど、実は携帯、忘れてきちゃったんだもん。
しくしく。

仕方なく、ご迷惑も顧みず今朝再び携帯をとりに伺ったわたしに、優しく親切に対応して下さったお洒落奥様。
ありがとうございましたっ!

つづく

古民家で瞑想やヨガはいかがですか?

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

いよいよ夏本番。
今年は我がマキオカネイチャークラブも早くからご予約を戴き、特に貸切パーティプランが絶好調です。

貸切パーティプランには二種類あり、2区画のサイトのみ貸切で朝食付きのAプラン、朝食は付かないけれどセンターハウスも含め、すべてご自由に使って頂く(スタッフルームは除く)Bプランがあります。

15名様までの人数であればAプランがおススメです。
何といっても朝ゆっくりできるし、後片づけの心配も要らないので、食後のコーヒーを召し上がるお客様の表情にも、キャンプらしからぬ優雅な落ち着き(?)が見られます。

Bプランは人数が多い場合に最適なプランです。
センターハウスの二階和室(8畳)とロフト(4.5畳)もご利用いただけるので、雨天対策もし易く、いろいろなイベントがお楽しみ頂けます。

わたしも昨日息子とマキオカにメンテナンスに行ってきました。

今の時期、蜂が巣を作りやすいので気が抜けないの。
お客様に快適に過ごしていただくためには陰のこういう努力が大事よね。

・・何といってもわたし、スズメバチに3回も刺されているから、蜂に関してはプロ。(うそ)
あと一回刺されたら、マジでちょっとヤバい気がするの。
だから蜂の巣のチェックも人一倍気を遣う。(そりゃそうだ)

他にも大きくなり過ぎた木を剪定したり、井戸の管理をしたり、やることはたくさんあります。
またしても汚い恰好をして、農家の嫁がよくしている襟が長い帽子を被って働いてきました。

こんな所を見られたら再婚話も遠のくに違いない。
そんな話、全くないけど。

それはともかく。

今回の収穫は、希望者に熊雄(仮名)の家を貸してもらえる許可を戴けたこと。

熊男の家は、築300年くらい経っている正に古民家の中の古民家。

     三枝家 外観

大きな大黒柱があり、養蚕業を営んでいた生粋の農家です。
しかもついこの間まで熊雄が拘って茅葺屋根を維持していたという、この辺りでも珍しい家。
テレビや映画の撮影にも何度も使われています。

天井が高く広々としているため、真夏でも涼しい風が通り、ここにいるだけで心身がのびやかになってくる気がする、わたしの大好きな場所。
                       三枝家 和室

お客様と熊男のお家の話をしていたところ、ヨガのセミナーをする時借りられないか、と相談され「言われてみれば、あそこに行くと鈍感なわたしでさえ気持ちがいいんだから、ヨガや瞑想なんかやった日には最高に違いないっ。」と思い、早速熊男夫妻に相談させて頂きました。

熊男夫妻も快く了解してくれ、今夏からご希望者にはご利用頂けることになりました。

※ご利用方法

*場所はマキオカネイチャークラブから徒歩5分の古民家「三枝家」の三間続きの和室です。
 土間、廊下と10畳、8畳が二間続いているので、かなり広々しています。

*マキオカネイチャークラブにパーティプランでご宿泊の方のみご利用が可能です。

*ご利用には事前申し込みが必要です。

*ご利用料;一時間1000円

*尚、諸事情によりご予約をお受けできない場合がございます。


わたしはあの家自体が、穏やかでゆったりとした呼吸をしている気がします。
正に生きている感じ。
そしてあそこにいるだけで、人も家に同調し、心や表情が伸びやかになるように思う。

機会があれば、是非体感していただきたいと思います。

つづく

わたしはコレでクスリを止めました

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

ここのところ薬害についての情報を聞くことが多い。
知れば知るほど薬って、コワい。
安易に飛びついちゃいけないんですね。

物事は表裏一体。
何かを得る代わりに当然リスクもある・・。

特に精神科。

以前書きましたが主人が亡くなった後、血圧が上がり精神的に不安定になったわたしは心療内科にかかって薬を貰い、一錠飲んで「こりゃアカン奴だ」と本能的に思い、捨ててしまった。
そしてもっともらしいことを言う医者に「お前のような若造に何が分かるっ。」と叫び(もちろん心の中で)一回こっきりで行くのを止めてしまったけど、あれは大正解だった。

だってわたしの周囲でも何人か心療内科に通っている人がいるけれど、良くなった人は滅多にいない。
周りを見回しても、最初悩みがあって「最近寝れないから心療内科でココロを軽くして貰おう。」とすがりつくように病院に足を運んでみて、気が付いたら薬が増えていて、どんどん症状が悪化している人ばかり。

何なの?
良くなるどころか悪化しかしてないじゃん。
そして一見良くなった人だって、そもそも心療内科に行かなければ悪くなっていなかったのでは?

そもそも心療内科っていう優しげな名称、止めてくれる?
昔のように精神病院、って言ってくれれば、心理的にストッパーがかかるのに。

わたしが子供の頃、精神病院は〇〇〇〇病院といわれ何だか恐ろしげな存在だった。
周りには精神病院に行っている人なんて一人もいなかった。
薬でココロを楽にするなんて、できるわけがないと皆当然のように思っていた。

そりゃそうだ。
彼の浮気で寝れないんなら、彼と向き合って話をしなきゃ解決はしない。
仕事が過酷で寝れないんなら、自分で環境を変える努力をしなきゃ解決はしない。
人間関係に問題があるならその人に正面から向き合っていかなければ解決はしない。

薬で解決できるものなんて何にもないという当たり前のこと、忘れてた。

あー、危なかった。

あの時、いつものケチ精神が出て「せっかく診察代と薬代払ったから飲もうっと。」なんて飲んでいたら今頃は・・と思うとコワくなる。
だからとても他人事とは思えないの。

それはともかく。

あの頃から降圧剤を勧められて飲み始めたんだけど、後から「降圧剤って一生飲まなきゃいけないんだよ。」と聞かされビックリ。
あの頃は生きていくだけで一生懸命で、調べるとかっていう発想すらなかった。
まあ、お医者様からしたら血圧が急に上がったり下がったりする、と相談されれば薬、出すよね。

さらに「ためしてガッテン」で利尿剤を併用すれば血圧が下がると聞けば、「そりゃいいこと聞いた」とばかりに追加で薬を出してもらった。
ああ、愚かなり・・。

そんなオロカなわたしも周囲から薬害を聞くにつれ「できたら止めた方がいいのでは?」と思うようになりました。

一回試しに少しずつ減らしてみたけど、一か月くらい経つとやっぱり血圧がかなり高くなってしまったりして不安になる。不安になるとさらに血圧が上がる。
「もしやポックリ逝っちゃうのでは?」と不安になり、薬を飲むと安心する。
依存性、かなり高いですよね。降圧剤。

薬剤師さんに聞くとやはりそういう方が多いんだとか。

仕方ない。飲み続けるしかないか、と思っていた矢先、知人に春ウコンを勧められました。
一か月飲んだけど、あまり効果は実感できない・・。

その後、お巡りさんに違反切符を切られそうになり血圧が急上昇したことをブログに書いたら、玉ねぎのスライスがいい、ということを教えて下さる方がいました。
早速やってみると、これは効く!
驚くほど即効性があるということがわかりました。
よし、急に血圧が上がった時は玉ねぎスライスだっ!

いろいろ試しつつ、降圧剤は飲んでいました。
だってお薬って自己判断で勝手に止めちゃいけないんだよ。
お蔭で最近血圧が安定してとってもいいの。

が。

先日薬がなくなったので補充しようと思って、気が付きました。
わたしが降圧剤と思って飲んでいたのは、利尿剤だったということを。

知らなかったけど、わたし、ここ一か月ほど降圧剤は飲んでいなかったのね。
さらに言えば降圧剤を飲んでも上がるときは上がるし、下がるときは下がるのね。
じゃ、血圧が安定していたのは何のお蔭なのかな?

・・・
取りあえず春ウコン、続けることに決定。

せっかくだからこのまま降圧剤止めてみます。
ネットなんかで見るとコワいことばっかり書いてあるけれど、ちょっと試してみるね。
自己責任で。

ま、強い意志の力で止めたわけじゃないからこの先どうなるかわからないけど。
こんな間抜けな薬の止め方ってあったんですね。(ってわたしだけですよね。どう考えても)

そうそう、玉ねぎ臭いおじさんおばさんがいても嫌わないでね。
おじさんおばさんだって一生懸命なんだからさ。


つづく


プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR