マキオカの備品にピザオーブンが加わりました、けど。

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

一昨日、塩山のホームセンターでコンパクトピザオーブンを発見しました。
バーベキューコンロの上に置いて、炭火でピザを焼くタイプ。
一般の家庭では使いづらいせいか、売れ残り価格になっていました。

尾上製作所のこのピザオーブンは、温度計付きのステンレス鋼板でできていて、セラミックのピザストーンもピザピールもついている。

おお、これってホームセンターがうちのために仕入れてくれたんじゃないの?

神様、ありがとうございます!
喜びを周囲に氣取られぬよう無表情で、心の中はホクホクとエビス顔で、ピザオーブンをカートに入れる。

実は以前からピザ釜に憧れていた。
でも自分で作るにはハードルが高い。

耐熱レンガ等のお値段もそれなりにするし、設置場所も難しい。
さらに使用頻度を考えると、ちょっと二の足を踏んでしまっていた。

だけどこのコンパクトピザオーブンなら、貸し出し備品としても最適。

お客様、喜んでくださるといいなあ。
うきうきとお金を支払い、センターハウスで説明書を読む。

ふむふむ。
調べてみると評判もよさそう。

尾上製作所「コンパクトピザオーブン」で絶品ピザを焼く!!

これ、うちのキャンプ場にぴったりだねっ!
11月に友達が来た時、ピザを焼いて試してみよう。

そうそう、写真を撮ってFBに載せて、お客様に知ってもらわねば。
屋外で撮った方が雰囲氣が伝わるかな?
大事にピザオーブンセットを抱きかかえて外に出る。

うん、この辺で撮ったらいい感じ。
いそいそとバーベキューコンロの上にピザオーブンを置いてみる。

おお、かっこええ!!

パチリと写真を撮る。

                            IMG_3231_convert_20171010195739.jpg

「よし。」とひとり呟きにんまりと笑う。

さて、セラミックのピザストーンとピザピールは、取りあえず備品小屋に置いておくとするか。

と。
どうしたことか、ピザストーンがビニール袋からするりと抜け出て、ブロックの上に落ちた。

足元に落ちたピザストーンをしばし凝視する。
・・・・え?
うそでしょ?

買ったばかりのセラミック製のピザストーンは・・・見事に割れていた。

うっそーーーーー!!
何で???
ビニールが・・あうあう・・何で?

もはやゲシュタルト崩壊・・。

慌てて拾い上げ、ピザストーンとピザピールと説明書の入ったビニール袋を見てみると、袋の下が開いている。

うっうっうっ。
ちゃんと上向きに持ったのに、下の方が開いてるなんて反則だよう。

どこにもぶつけようのない怒りと悲しみに襲われ、脱力する。

ストーンだけにストーンと落ちて粉々になりました・・・なんちって。
(あまりのショックに、ワケがわからなくなっている)

んもう、ばかばか、わたしのばか!!
とっても悲しい。

い、いいんだもんね。
きっとこれも天の采配なんだもんねっ!

「転んでもただで起きない」が座右の銘のわたし。
この悲しみを乗り越え「ああ、あの怒りや悲しみがあったればこそ!」と言ってみせるわ!
はーはっはっは!!(泣き笑い)

それはともかく。

鎌倉に粉々になったピザストーンを持ち帰り、早速ネットで調べてみる。

                              IMG_3234_convert_20171010195814.jpg

尾上製作所のピザオーブンについているセラミックのピザストーンは、2000円で売ってはいるが。
どうせだったらいいものを選びたい。

ピザストーンで検索すると、イタリアのDeLonghi(デロンギ)製がよさそう。
1300℃の高温で粘土を焼き上げたピザストーンは、天然素材で温度変化に強く、丈夫で、食材から出る水分や油を程よく吸収し、パリッと焼き上がるとのこと。

うーむ。
尾上製作所のピザストーンより小ぶりだが、天然素材で丈夫だというところも氣に入った。

早速注文する。

が。
みみっちいわたしの場合、これで「めでたしめでたし」というわけにはいかない。

だって割れちゃったピザストーンちゃんが、あまりにも可哀そうじゃないですかあ!
・・というより、わたしの「もったいない精神」が猛烈にうずくんじゃあ!!

ごめんね、わたしの不注意で一度も使ってあげられなくて。
まるで童貞のまま散ってしまった宮沢賢治のよう・・・。

ピザストーンとして使うのであれば、接着剤を使うわけにはいかないけれど、別の使い道なら、いける!

そうだ。
ピザストーンは水分を取るそうだから、湿氣の多いトレーラーハウスのクロゼットに敷いたらどうだろう。

早速、接着剤でくっつけてみる。

IMG_3236_convert_20171010195832.jpg

これからマキオカネイチャークラブにいらっしゃる皆さま、是非コンパクトピザオーブンをご利用してみてくださいね。
その際、お取り扱いには十分ご注意下さい。

そして近い将来、マキオカネイチャークラブのどこかに設置されているはずの補修されたピザストーンちゃん、ホントにごめんね!


つづく

スポンサーサイト

台風の中でもキャンプができた!(2)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

翌朝17日も小雨。
九州に上陸した台風は、その後速度を速めながら西日本を縦断する見通しらしい。

お客様のご予定を伺うと、今日はフルーツ公園と温泉に行くとのこと。

おお、ナイスチョイス!

正式名称「山梨県笛吹川フルーツ公園」は入園無料で、全天候型の「わんぱくドーム」は大型ネット遊具や小さい子用のすべり台があり、雨の日でも遊具や花や果物が楽しめる。
また、ご当地のくだものをたっぷり使った季節限定の「オリジナルソフトクリーム」や「フルーツジェラート」も絶品らしい。
そして周辺だけでも「ほったらかし温泉」「ぷくぷくの湯」「正徳寺温泉 初花」「隼温泉」等、個性的で泉質のよい温泉がたくさんある。

塩山市内へ行くため、お客様より先にマキオカを後にする。
ホームセンターで買い物をしていると、空が明るくなり雨が止んだ。
この3日間はずっと雨だと思っていたので嬉しくなる。

「もしかしたらこのまま台風の影響があまりないままやり過ごせるのではないか?」という虫のいい考えが浮かぶ。

所用を済ませ夕方マキオカに戻ると、すでにお客様も帰られていた。
辺りはガスが立ち込め、雨足が強くなってきた。

               IMG_3187_convert_20170919182742.jpg

IMG_3188_convert_20170919182814.jpg


天氣予報は台風が近畿地方に上陸したと告げている。

・・やはりこのままで済むワケないよね。

風に弱いデッキの上のシートを急いで畳み、ランタンを持って行きながらお客様にも注意を促し、センターハウスに戻り早目に床に就いた。

                               IMG_3186_convert_20170919182715.jpg


夜半、屋根に激しく打ち付ける雨音で目が覚める。
お客様、大丈夫だろうか。

2階の窓からサイトを見ると、ティピィに明かりがついている。

IMG_3190_convert_20170920141923.jpg

円錐形のティピィは強い風の中でも安定感がある。
きっとあの中で大人たちはお酒を召し上がりながら薪ストーブを楽しんでいるのだろう。

ん?
あれは・・・焚火?

なんと豪雨の中、タープテントの下の焚火台が赤々と燃えている。

いやはや何ともはや。
恐るべし、キャンパー魂。

すでに日付が変わり、時間が経つにつれ風雨は暴力的なほど吹き荒れ始めた。

タープテントは大丈夫だろうか。
あの下にはテーブルセットや調理器具、焚火台がある。
もし吹き飛んだら大惨事だ。

それでなくても心配性のおばさんのわたし。
眠れない・・。

激しく屋根を打ち付ける雨がひと段落したかと思うと、次は巨人が呼吸するかのような大風。
シートを畳んでおいてホントによかった。

巨人の呼吸は夜中1時半ごろやっと静かな寝息に変わり、わたしも眠りについた。

翌日は待ちに待った抜けるような青空。
大人達はびしょ濡れのテントやタープを乾かし、お子さん達は虫取り網で蝶を追いかけ、やまびこを体験している。

  IMG_3197_convert_20170920142106.jpg

                                    IMG_3196_convert_20170920142043.jpg


許可を戴いて撮らせて頂いたお客様のお写真。
皆さんのはじけるような眩しい笑顔が、今回のキャンプの成果を物語っている。

                            IMG_3200_convert_20170920142128.jpg


それにしても、今回の台風はわたしにいろいろなことを教えてくれた。
そしてマキオカネイチャークラブが思っていた以上に優れたキャンプ場だということも。


つづく

※おまけ
今回の被害はタープテント一張。
雨の重みでスチールの骨組みが曲がってしまいました・・・。
やっぱり雨の量がハンパなかったんですね。

                                IMG_3195_convert_20170920142021.jpg

台風の中でもキャンプができた!(1)

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

台風一過。
今日は昨日に続き、気持ちのよい青空でしたね。
皆様は台風の間、どのように過ごされたでしょうか。

9月16日の土曜日から18日の月曜日にかけて、2泊3日で貸切パーティキャンプのご予約を戴いた。
が、いつの間にか台風が発生。
そして台風の進路が不確定なまま日が経ち、金曜日には台風の列島縦断が避けられない状況になり、不安を覚えたお客様からもお問い合わせを頂いた。

2区画でできているマキオカネイチャークラブは、それぞれの区画に、トレーラーハウス、ティピィ、炊飯テントが設置されている。
雨天時にはさらにタープテントをお出しし、安心してキャンプをお楽しみ頂くようにしている。

ただ、今まで台風が来た時、お客様をお迎えしたことはない。
いざとなればテント等はすべて撤収し、センターハウスでお過ごし頂くしかないだろう。
お問い合わせには「もしもの時はセンターハウスで対応させて頂く」旨、お返事した。

たくさんあるキャンプ場の中からマキオカネイチャークラブを選んで下さった方達にわざわざ来て頂くのだから、何としてでも楽しんで頂きたい。
そのために全力を尽くすのがわたしの仕事だと思っている。

が、一抹の不安が残る。
そんな不安な氣持ちを残したまま土曜日を迎え、早朝、鎌倉を出発した。

ラジオの天氣予報にずっと耳を傾ける。
台風はもう少しで九州に上陸するようだ。

小雨の中、お客様をお迎えする準備をする。

お客様がチェックインされた時も、雨。
お子さんの保育園で仲良くなられたという、国際色豊かでお洒落な4家族の皆さんだ。

お車をサイト内に誘導する。
晴れている時はサイトを広く使えるようセンターハウスの前の駐車スペースに車を停めるようお願いしているが、雨天時はサイトの中に乗り入れて頂いている。
特に荒天の場合、すぐそばに自分の車があるのは安心だ。

お客様をご案内した際、西と東のサイトのどちらで中心に過ごすのか、選んで頂く。

西のサイトは見晴らしがよく、山々が見渡せる。
東のサイトは前面にヒノキの林があり、風雨や音を遮断してくれる。

                  IMG_3193_convert_20170919184116.jpg

だから音楽を楽しまれる方や、静かな森の雰囲氣を味わいたい方達は、東のサイトを選ばれる場合が多い。

今回のお客様は風雨を避けるために、東のサイトで過ごすことにしたようだ。
雨用のタープテントの設営をご提案し、万が一に備えセンターハウスの中も見て頂く。

お客様が2張の自前のテントを設営し始めた。

IMG_3185_convert_20170919182644.jpg

お話を伺うと、驚いたことに2家族がテントで泊まられるとのこと。

だ、大丈夫なんですか?
無理をしてもトレーラーハウスに全員泊まられた方がよくないですか?
だって、台風が来るんですよ?

雨の中、皆さんせっせと居心地のよいサイト作りをされている。
「おお、スゴイ!」と思ったのは、デッキの上のシートから流れる雨水が流れ落ちるように、蔓で誘導する工夫をしていたこと。

IMG_3184_convert_20170919182620.jpg

むう、やりおる・・。

雲が不穏な動きを見せている。

                          IMG_3183_convert_20170919182601.jpg

「本格的な雨が来る前に」と働き回る大人達を尻目に、子ども達の楽しそうな声がトレーラーハウスから聞こえてくる。

夕方になり、傘をさしながらランタンをサイトにお持ちすると、テーブルにはきれいにカナッペやワインが並べられ、バーベキューコンロからは美味しそうな匂いが漂ってくる。

よかった。
取りあえず、今夜は愉しんで頂けているようだ。

雨音の向こうから、子どもの嬉しそうな歓声、大人の笑い声が聞こえて来る。
台風が九州に上陸したとアナウンサーが伝えていた。

つづく

マキオカの連休

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

ご無沙汰しております。
皆様、連休はどのように過ごされたでしょうか?

わたしは素敵な殿方とデート、なんてことはあるワケもなく、ずっとマキオカでメンテナンスと草むしりに時間を費やしておりました。
とほほ。

とはいえ、お天氣に恵まれ、いらしてくださったお客様の笑い声と歓声に包まれる日々。
まったくもってありがたいお仕事を戴いたと感謝しております。

                      IMG_2663_convert_20170510114705.jpg


それはそうと。

このブログでも時々取り上げている、わたしの崇敬する大嶽山那賀都神社のHPが新しくなりました。
とっても分かりやすく、素敵なHPです。

実はネットで大嶽山那賀都神社のことを検索していたら「HPから想像すると、あまり大したことない神社」と書いてあるサイトがあり、むっとしたわたしが宮司の日原先生に新しいHPを作るよう進言した、という経緯があります。
今、検索して出てくる大嶽山那賀都神社のHPは、信者さんの会社の方がご好意で作って下さったもので、アドレスもその会社のものとのこと。

そんなワケで「せっかく新しくなったこのHPをなんとしても検索の上位にせねばっ。」という謎の使命感に突き動かされているわたし。
是非ぽちっと一回、いや、何度でもご協力をお願いしますっ!!

大嶽山那賀都神社

それはともかく。

この連休でうれしかったことの一つに、去年新しくした入口の看板の下に植えた芝桜が見事に咲いていたことがある。

                         IMG_2664_convert_20170510114403.jpg

IMG_2658_convert_20170510115200.jpg

おお、鮮やかなピンクの芝桜が、青空に映えますな。

これは親戚の家にあった芝桜をもらってきて植えたもの。
(我ながら「もらってきた」というところがいじましい)
来年に向け、せっせと大量の芝桜をいろいろなところに植えまくりました。(タダだし)

来年のマキオカ、期待できますぞ。

そしてさらにもう一つ。
もう設置して20年近くなり、ボロボロになったバスケットゴール。
バスケットボードもひびが入りネットも朽ち果てていたので、処分を考えながらも、時々中高校生が遊んでいるのを見て「うーむ、どうしたものか。」と思っていた。

先日のマキオカサポートメンバーズクラブに参加してくれた兄夫婦が、見かねて今回ネットを持ってきて取り付けてくれました!
(とはいえボードのひび割れは直っていませんが。)

IMG_2673_convert_20170510114547.jpg

                     IMG_2674_convert_20170510114603.jpg



まあ、こんな感じで周囲の方の愛とアワレミのおかげで年年歳歳進歩しているマキオカネイチャークラブ。

これからも何卒よろしくお願いいたします!

・・あ、おまけにもう一回ぽちっとお願いします。

大嶽山那賀都神社

つづく

マキオカサポートメンバーズクラブの初イベントが無事終わりました。

こんにちは。今日も楽しいマキオカです。

緑が美しく青空に映える季節になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
以前お伝えした「マキオカサポートメンバーズクラブ」の初イベントが、4月15日、にぎにぎしくも開催されました。

去年の12月、「マキオカサポートメンバーズクラブ」を立ち上げた際の文言は以下のもの。

『鳥のさえずりや川のせせらぎが聞こえ、山々の見渡せる素晴らしい地、山梨県牧丘町にマキオカネイチャークラブができ25年になります。
この度、マキオカネイチャークラブの活動をサポートしてくださるメンバーを募集することになりました。

年数回、マキオカネイチャークラブで一緒に作業していただき、交流を深め、楽しむ大人のクラブ活動です。
世代や職業を超えた新しい出会いを作り、面白く楽しい時間を共有しましょう。
わたし達と一緒に大人のクラブ活動を楽しんでみませんか?』

その呼びかけに応じて8名の皆さんがクラブメンバーになってくださった。
本当にありがたい。

どの面々を見ても、酒好き、もとい自然が好きでいい方ばかり。
さらに前日鑑定していただいたFukuchaさんのスピリチュアルカウンセリングによると、皆きれいなオーラの持ち主でネイティブアメリカンの系列の人達なんだそう。

Fukucha(福茶)のスピリチュアルカウンセリングに行ってきた(2)

これは是非クラブメンバーにお伝えせねばっ!

こういった時、全く躊躇しないのが、わたしの特徴。
「こんなこと言ったらアヤシイ人と思われないだろうか」とか「変な宗教の人と思われて警戒されないだろうか」とか、一切思わない。
「わたしが面白いと思うことは、皆さんも面白いと思ってくれるに違いない」と、無邪氣に信じ込んでいる。

4月15日は氣持ちのよい晴天。
日頃の行いのよさが、こんなところにも垣間見られる。

早朝鎌倉を出て、マキオカに着くと同時に、メンバーのMさんが愛用のベンツで到着。
Mさんは昼頃用事があるとのことで、ほかの方より早く作業に加わって下さるとのこと。
早速、ドラム缶を4本出してもらい、周囲の大量の落ち葉を燃やしてもらう。

箒を持つMさんの頭に、こっそりネイティブアメリカンの鷲の羽のヘッドドレスを被った姿をイメージしてみる。

うむ、似合う!

わたしがそんな妄想を抱いているとも知らずに一生懸命作業をしてくれるMさん。

それはともかく。

とにかく参加者の皆さんが来てくださる前に、サイトのセッティングをしなければならない。
まず、水の供給から。

井戸のポンプの電源を入れると、センターハウスのあちこちから水が勢いよく流れ出す。
マキオカは寒冷地のため、水道管内に水があると凍結で膨張して水道管が破壊してしまうため、水道管の排水用の水抜き栓を作ってあるので、これを一つ一つ閉めていく。

次にサイト側に水を通すためのバルブを開ける。
と、サイトの方からジャージャーという水音が。
トレーラーに水を供給しているジョイントが外れてしまい、水がすごい勢いで流れ出しているのだ。
どんよりと暗くなるわたし。

シーズン初めのこの一連の作業が、一番憂鬱。
いろいろな故障や不具合が出る度、機械オンチのわたしは泣きたくなる。

こんな時頼りになるのが、塩山市の矢崎住宅設備。
わたしがマキオカの設備の不調で途方に暮れていた時、救世主のように助けてくれる。
すぐさま電話をすると「わかりました。伺います。」との頼もしい返事。
ああ、なんてありがたいんだ。

Mさんが作業を終え、出かけて程なく、矢崎住宅設備の社長が来てくれた。
テキパキと手早くジョイントを繋げてくれる社長。

社長の矢崎さんは学生時代ラグビーをやっていらしたという熱い胸板の好男子。
とても親切で男氣のある頼もしいお方。

やはり作業をする社長に、ネイティブアメリカンの鷲の羽のヘッドドレスを被せてみる。

おお、似合う!
似合いすぎるっ!!

作業後、お茶を飲みながらFukuchaさんのスピリチュアルカウンセリングの話をしてみた。
すると驚きの返事が。
「僕はアウトドアの趣味はないんですが、ネイティブアメリカンにはとても興味があってグッズを集めていたんですよ。」

!!
こりゃ、間違いない。
矢崎社長、あなたは間違いなくオーラがきれいで、前世ネイティブアメリカンです。
そしてわたしのソウルメイトです。

「そっかー。だからわたしがピンチの時、精霊のように現れ、助けてくれるんだ。」と、ひとり密かに納得するわたし。

その後、兄夫婦、Yさんご夫妻、Sさん、Hさん御家族、Kちゃん、Iさんご夫妻が続々といらして作業に参加してくださった。

IMG_2590_convert_20170427121638.jpg

                               IMG_2588_convert_20170427121715.jpg

                        IMG_2583_convert_20170427121857.jpg

                         
みるみるきれいになるマキオカネイチャークラブ。
ああ、なんてありがたいんだ。

夕方から一品一酒持ち寄りの宴が始まる。
皆さんの心づくしの料理やお酒が振舞われ、焚火台からパチパチと薪のはぜる音が聞こえる。
乾杯の際、Fukuchaさんのスピリチュアルカウンセリングの話を披露すると、皆さんの目が輝きを増した。

流石、わたしのソウルメイト達。
訝し氣な人は一人もいない。(たぶん)

お酒を飲みながら、男性には鷲の羽のヘッドドレスを、女性には三つ編みにヘアバンドを付けた姿をイメージをしてみる。
おー、まさに皆ネイティブアメリカン!!

そんなわたしの妄想など知る由もなく、お酒やお料理を楽しむ面々。

寒くなってきたので、早々にティピィに移動。
途中、Mさんとお友達も合流する。

世代や職業を超え新しく出会ったメンバー同士、ティピィで火を囲み、お酒を飲みつつ話も弾み、夜の更けるのも忘れ楽しい時間が過ぎていく。

                             IMG_2591_convert_20170427121741.jpg


温かく濃密な時間を大好きな仲間と過ごす。
人生、これ以上の喜びがあろうか。

ティピィから出ると、空一面に美しい星が輝いている。

そうだ、Fukuchaさんは言っていた。
「テントの形なんか見てると昔の過去世の名残が見えるので、だから皆さん、月見たり星とか見てね。土地の精霊とかと繋がる場所だと思うので、聖地に近いと思います。」

土地の精霊と繋がる場所。

わたしにとって今日集まってくれた仲間は、ある意味、精霊のような存在かもしれない。
目に見えない糸で、何故か繋がり、助けてもらっている。

きっとこれからも綾なるご縁で、たくさんの仲間と繋がることができるに違いない。

やはり、ここはわたしにとって聖地なのだ。

つづく






プロフィール

マキおかん

Author:マキおかん
気が付いたらキャンプ場をやっていたマキおかんです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR